妊娠中のベルタ酵素ドリンクの飲み方 1回40ml強が目安

October 14 [Fri], 2016, 14:00
妊娠中は妊娠していないときよりもずっと体重管理に気を配らなければいけません。やせ過ぎはいけないし逆に太りすぎてもいません。

ベルタ酵素ドリンクで置き換えダイエットをすれば、体に負担をかけずに体重コントロールしやすいということで、妊婦さんで愛用している人が意外とたくさんいます。



このブログでは妊娠中にベルタ酵素ドリンクを使う場合に、どんな飲み方をすると良いのか?サプリを飲む場合の注意点などについてまとめています。



■1回に飲む量は?

ベルタ酵素ドリンクを飲む場合、特に「これと混ぜてはいけない!」というものがないので、水で薄めても良いですし炭酸水に割ってもOKです。野菜ジュースに混ぜても良いんですが、コーラみたいな当分たっぷりなものはやっぱり避けたほうが良いです。

1回に飲む量の目安は40〜50ml。減らすのは良くないですが、増やす分には100mlくらいまで多くしてもかまいません。毎日1本飲み続けるくらいのことをしなければ、副作用が起きる心配がないからです。



ただベルタ酵素ドリンクは決して安い飲み物ではありませんから、できるだけ節約して飲むのが良いです。1本を飲みきるには半月が目安で1ヶ月2本ペースが一般的です。

ベルタ酵素ドリンクを飲む量・頻度を増やすことで置き換えダイエットの効果を高めることができますが、妊娠中の痩せすぎは禁物です。標準的な飲み方がベストです。




■1日に飲む回数は?

ベルタ酵素ドリンクを飲む回数、つまり置き換えダイエットをする頻度は1日1回に抑えておきましょう。1日2回もやる必要はありません。

ベルタ酵素ドリンクには、様々な栄養が豊富に含まれているので、栄養バランスが崩れる心配はないものの、ある程度のカロリーは赤ちゃんの発育に不可欠です。



それにタンパク質や脂質に関してはベルタ酵素ドリンクでは補いきれないので、普段の食事で意識してとるようにしないといけません。

次で説明するように、酵素サプリがあれば、余計なカロリーを体にため込むことはないので、妊婦は食べるのも仕事だと思って、置き換えダイエットの回数は1日1回にしましょう。




■サプリの飲むタイミングに注意

ベルタ酵素にはドリンクだけじゃなくてサプリもあります。ドリンクの方は加熱処理される結果、酵素の働きはほぼ期待できないものの、サプリでは酵素が機能できる形で温存されています。

酵素には主に、食べ物を消化する役割と、基礎代謝を高めるという2つの役割があり、口から取り入れた酵素は主に食べ物の消化を助ける効果があります。



「サプリで酵素を取り入れても胃酸で消化されるから意味がない!」という人もいますが、胃酸の分泌が活発になるのは、食事を始めてから1時間くらいしてからなんです。

それまでは酵素による消化のほうが活発に働いているので、ベルタ酵素サプリを飲むのは、食事をする前じゃなきゃだめなんです。



口から取り入れた酵素が、私たちの体にそのまま吸収されることはないんですが、その代わり体内酵素が消化に回る分を減らすことができます。

つまり基礎代謝により多くの酵素を回すことができるので、消費エネルギーを増やし、余分な脂肪をガンガン燃やしてくれるようになりますよ。


お腹に赤ちゃんがいても安心して体重コントロールができるベルタ酵素の効果を割引価格で試してみるにはこちら
↓↓↓









ベルタ酵素には赤ちゃんにとって大切なオリゴ糖も配合!

October 14 [Fri], 2016, 13:58
ベルタ酵素には酵素や酵素に分解された栄養価抜群の植物エキスが含まれているわけですが、他にもオリゴ糖も含まれています。
オリゴ糖と言えば、腸内環境を整える栄養で、赤ちゃんの腸の発育もやはり欠かせないものなんです。

オリゴ糖不足は腸の発達を遅らせる危険があるわけですが、ベルタ酵素を飲んでいればオリゴ糖もしっかり補給でき、赤ちゃんを元気に育ててくれます。