お引越しのお知らせ★ 

December 09 [Sat], 2006, 11:47
寒い雨の土曜、お引越しを決意しました。

ヤプログのこの不思議なレイアウトがどうしても直らないので、もういっそ一から出直します。

これからはアメブロで、毎日更新でがんばりますので、
よろしければ以下のサイトまでアクセス、コメントお願いいたします

http://ameblo.jp/gaspacho/

ある秋の日のフォトブログ 

December 02 [Sat], 2006, 20:29

ダリ美術館の売店で出会った微妙なフリーダ・カーロ。


そしてもっと微妙なダリ。


秋の定番、落ち葉で顔作り。上野公園の落ち葉で作成。


ギンナンの匂いも好きになりそう。


夜はドイツ料理居酒屋にて。1Lジョッキに軽く腱鞘炎。

水タバコで淫靡な夜、ふたたび 

November 29 [Wed], 2006, 1:01


行ってきました。吸ってきました。

一度行ったことのあるお店での再吸引ということで、
正直そこまで期待していなかったのです。
代休前のすてきな夜を友達と楽しく過ごせれば程度で。

しかししかし今回私はやっとあの退廃感にありつけたのです!

吸引中の、
脳に膜がはられ、すべてがどうでもよくなるこの開放感。
下界で行われているであろう、夜の歌舞伎町の駆け引きもとてもとても遠くに感じるトランス感。
吸った煙をゆーーっくり吐く動作からくる倦怠感。

30分でインスタント廃人のできあがりです。

どうやらこのぼーっと感は一酸化炭素からきてるらしい。お香部分の不完全燃焼?パロマ?
だからしばらく呼吸しているうちに、あっという間にすっきり頭に戻れるのです。

一歩外に出れば、待ち構えている俗世間。
しかしそんな汚い世界も、空気がおいしく感じられて新鮮だったり。

30分で退廃して、解き放たれて、トランスして、倦怠して、廃人になれる手軽さ。
時間のないサラリーマンにぴったり★ 皆さんもぜひ★

騙すか、騙されるか 

November 27 [Mon], 2006, 22:59
どっちが幸せなんでしょう。

私は信じきって騙されたい。
騙されても信じきった自分を誇れるから。

でもせちがらい社会で生きていくためには、どちらが賢い選択かはいちもくりょうぜん。
でもそこは不器用な自分のままでいたい気も。
不器用な自分のキャラクターを嘆いて浸るカタルシス。

海千山千の大人にはかなわないよ。
私はまだその点ではコムスメでいたいなあ。

ビバ★オネエ言葉 

November 26 [Sun], 2006, 20:34

こんなオトコの子の落としかた、アナタ知らなかったでしょ
高山 真/飛鳥新社刊


活字の集合体が一枚の画像にしか見えない病をやっとの思いで克服しました!
読書復活です!
私に鼻息荒くこの本のすばらしさを説いてくださった彼に感謝です!

超はしょって説明すると、作者はゲイの方で、内容はストレートの男の子(作者は「オトコの子ちゃん」と呼ぶ)をいかに巧みに落とすかというものです。
しかも作者は東京外国語大学パリジェンヌ学科卒とのこと。
やはり母校のイロモノ系を育てる豊かな土壌は伝統なのだ…と妙に納得。
すばらしい先輩は私たちの誇りです!

まず。
圧倒的にすてきな彼のボキャブラリーに惚れます
特に最近ブログの更新はおろか、日本語会話もままならない環境にいた私にとっては、目からウロコのそのセンス!うらやましい…
究極的にはどこまで笑いのために自分を落とせるかなんだろうけど、それ以前に盗みたいフレーズ満載です。

もちろん文体だけじゃなく、内容にも彼の人生観がもりもりと盛り込まれ、惹きつけられます
なんだか突然年をとるのが楽しみになってきちゃいました。どんとこい三十路!

こんなにオネエ言葉の素敵さに気付いてしまっても、日常会話に盛り込むことが社会的に難しいのは残念です

ブログ復活宣言! 

November 25 [Sat], 2006, 16:38
朝5時半に起きなくてもいい幸せ。
ぺたんこぐつでAD並みに走り回らなくてもいい幸せ。
中国人通訳を介せずに自由に買い物ができる幸せ。
怪しいカメラ小僧が近づいてこないか目を光らせる必要のない幸せ。
二時間バスに乗らなくても街へ出られる幸せ。

をかみしめながら、休日を満喫しております。

中国で何度も中国人と間違われた過去を清算すべく、美容院ですてきなへあーにしてきた帰り、
ふと立ち寄ったカフェにてネットを発見
ブログ復活宣言日と相成りました。

約三週間、中国語の蔓延る中、曖昧な英語とスペイン語で生活してきたせいで、
日本語がかなり不自由になっておりました。
これを機に、襟を正して、美しい日本語を丁寧に話すよう努力して参りたいと思っております。
日本語能力の高い皆様、ご指導ご鞭撻よろしくお願いいたします。

疲弊した体に忍び寄る病の影 

November 21 [Tue], 2006, 21:13
一ヶ月ぶりの休みにもかかわらず、おばあちゃんの一周忌で帰省しました。
心は休まりましたが、体は移動疲れ。
移動するということは思いの外疲れるものです。自然の節理に逆らった高速空間移動はきっと体に負荷がかかりすぎているに違いない。 中国では、あさごはん→二時間バス→ひるごはん→二時間飛行機→二時間バス→よるごはん で一日終わったりしていたのでだいぶ慣れましたがそれでも辛い。
最近ふとした瞬間に病魔の気配を感じます。
やつらからいかに逃げ切るかが最近の命題です。

成田14時 

November 13 [Mon], 2006, 14:44

昨日無事に帰国しました。
話のネタ満載の三週間でした。そういう国です、中国は。
2時間睡眠で今成田です。今日も成田ホテル泊です。やっと明日の夜に我が家に帰れます。
また深夜に成田の様子をレポートします。

あしつぼ 

November 02 [Thu], 2006, 1:14
マッサージに来ています。
45分で千円ちょっとです。Viva元!!!
私の岩石のような肩も容赦なくすさまじい力でもみほぐし、今足に入りました。
土踏まずがかなりきてます。胃腸でしょうか。
足指に入りました。こりこりしています。
うおのめ&たこ除去サービスもあるらしいので楽しみです。
明日から歩けなかったりして…

万里の長城にて風船舞う 

October 29 [Sun], 2006, 19:19

登りました。
観光客をかきわけながら。
ブラックテントウムシが異常発生していて怖かった。
他の観光客に押され、もみくちゃになった。
壁が肩の高さまでしかないトイレに遭遇した。
徐々に中国を思い出しています。

-----