ベル美容外科クリニックの金の糸 

July 21 [Tue], 2015, 14:04
■金の糸が活性化!?

ベル美容外科クリニックの金の糸施術は自然な美肌を追求した
整形ではないため、急激な変化がなく
徐々に美肌になっていくのが特徴だということです。

金の糸美容術とは24金の糸を皮膚の真皮層に埋めることにより
異物を追い出そうとする免疫作用を利用し
肌を根本から活性化する美容術そうです。

何度も施術する必要がなく一度入れたら凡そ15年から20年は
効果がみられているということです。

■金の糸が選ばれるのは!?

なぜ金の糸美容術なのかというと
金の糸美容術は、0.1mmの純金の糸を真皮層に埋入することで、
コラーゲンやエラスチンが生成され、シミやしわ、たるみなど
お肌の様々な悩みが改善する施術なのだそうです。

金糸を挿入すると、お肌は異物が入ってきたことを察知し、
その異物を追い出す過程で、毛細血管が伸びてコラーゲンや
エラスチンが大量に生成されるということです。

しかし、一度挿入した金糸が実際に排出されることはなく、
追い出す過程がずっと続くため、ターンオーバーの活性化や
コラーゲンの生成がされるため、効果が続くということです。

でも、ちょっと不安もっと他にはないのかしらという方は、
「フォトシルクプラス」なら従来のものに比べ、より安全に、痛みもなく、
シミ・くすみへの効果が増したといえます。

また、シワ、しみ、たるみなど様々なお悩みの原因となるのが
ターンオーバーやコラーゲンの減少であることもあり、
総合的な美肌効果が得られるということです。

■まずは無料カウンセリングから!!

「フォトシルクプラス」があるシロノクリニックは、
カウンセリングを随時無料で行っているそうです。

金糸を挿入するのはちょっと不安で
「フォトシルクプラス」が気になる方は、
下記の画像をクリックしてお問い合わせ下さい↓    ↓    ↓


ベル美容外科クリニックのFGF注入 

July 21 [Tue], 2015, 14:04
肌の悩みで最も気になることの一つがシワだと言われており
シワ・くぼみの治療ひとつにFGF注入があります。

シワはお顔の筋肉がいつも同じ動きをすることで、
折り紙の折り目と同じように、皮膚に折り目がつくことで、
シワが形成されます。

若い時のお肌はコラーゲンやヒアルロン酸が多量に含まれているので、
弾力があってなかなか折り目がつかない状態でした。

しかし、年齢の増加とともにコラーゲンやヒアルロン酸が減少し、
弾力性がなくなることで、シワがつきやすくなってしまいます。

FGF注入はこれらシワや窪みのお悩みに有効な治療が可能である
ということです。

なぜFGF注入なのかというと

真皮の70%はコラーゲンでできていて
FGFとは線維芽細胞増殖因子と呼ばれる、
自分自身で作り出せるタンパク質の一種だからです。

コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンなど、
肌を整えるこれらの成分を体内で生産しているのが
この線維芽細胞です。

この線維芽細胞が老化してしまうと、
サプリメントなどでは補うことはできません。

そこでFGFを注入することにより、線維芽細胞を増殖させ、
コラーゲンなどの弾力繊維や表皮細胞を生産させる事により、
お肌に若さを取り戻すアンチエイジング術である
とのことです。

ベル美容外科クリニックのYAGレーザー 

July 21 [Tue], 2015, 14:01

シミにもたくさんの種類がありますが、
たいていの原因は紫外線によってメラニン色素が作られ、
お肌の色が茶色くなり、ターンオーバーによって
やがて元の色に戻ります。

もともとこの機能は肌を守るためのシステムでしたが、
ストレスや生活習慣などの様々な理由により、
肌機能がうまく働かず、メラニン色素がシミとして
そのまま残ってしまうのです。

ベルクリニックが採用したマイキューデュアルYAGレーザーは
これらのシミに対し、正常なお肌を傷つけずに有効な治療が
可能な機械だそうです。

一般的なシミやそばかす、肝斑
炎症性色素沈着(ニキビ跡などの色素沈着)
ほくろ(色素性母斑)の治療やアートメイクの除去に効果がある
そうです。

なぜマイキューデュアルなのかというと
ベル美容外科クリニックのYAGレーザーは
色素異常を起こしている皮膚層(シミ)にのみ作用するから
だということです。

デュアルという名前の通り、
2種類の波長のレーザーを打つことにより、
皮膚の浅い層から深層まで治療が可能だそうです。

老人性色素斑(日光黒子)、雀卵斑(そばかす)、扁平母斑、
ベッカー母斑、太田母斑やADM、刺青など
幅広い疾患に対応しているということです。

更にマイキューデュアルは安全性への配慮が高く、
トップハットレーザー照射方式とスクエアスポットを
採用することにより、正確に均一なエネルギー照射が
可能だということです。