ついに 

2007年07月07日(土) 9時17分
ブログ移動しました。

こちらへおねがいします。

『ベルジャンヌの日記 2冊目』http://belgianne.exblog.jp/







セルフサービス 

2007年06月16日(土) 7時00分
ちょっとめずらしいセルフサービスです。

ここはGBというベルギーのスーパーです。

なんとレジのセルフサービスです。



自分で、ピッとバーコードを読み取らせると画面に何を買ったのか出てきます。
読み取らせた商品は横のベルトに乗せます。するとベルトが商品を奥に運んでくれます。

ここがなかなか賢いもので、ベルトの途中にセンサーがあって、レジを通してない商品が通ると、
ベルトが逆流。『もう一度スキャンしてください』と画面に出てきます。



慣れると簡単なのですが、初めは何度かベルトを逆流させてしまい、挙句の果てには監視のお兄さんを呼ぶ始末。(監視のお兄さんは常にセルフサービスレジ付近で監視&私のようになれないお客のサポートをしています)

すべてスキャンし終わると、精算ボタンを押し、カードでも現金でも支払いができます。

なかなか便利です。

ベルギーのお店では支払い前にお菓子の袋を開けて食べても、ジュースの栓を開けて飲んでもOK。
最後にレジを通せばいいのです。(・・なんだか違反できそうな感じ)

それから自分のバッグにいれようが、ポケットに入れようが、最後にレジを通せばOK。

そして私は見た。
大量の品物をベビーカーにいれて、全部払いますよーと見せかけながら、奥の方に入れてあるジュースをださないマダム・・・。

甘いぞ、ベルギー。

選挙 

2007年06月15日(金) 6時56分
先週末はブラッセルで選挙が行われました。

これがまたうるさい。

おもいっきりマイクでの演説はないけれど、とにかくブーブーいいながら走り去る。



そして車に直にポスターを貼って走る・・・。
車がかわいそうですよ?



ところで、ベルギーで選挙は「義務」です。
特別な理由がない限り、選挙に行かなくてはいけません。
みんなめんどくさいとなんやかんや言っていましたが、
義務もわるいものではないと思います、わたし。

私には関係ないわ〜的な考えから選挙に行かず、そのくせ文句ばかりいう人、多い気がします。
政治離れに嘆く日本、義務にしてみますか?

ラパン 

2007年06月14日(木) 6時37分
ウサギはフランス語で【Lapin】ラパン。

野うさぎを見かけるのはさほどめずらしいことではありません。



しかし、ここは某テレビ局の敷地内。
人のことはまるっきり無視で、まるで石についたコケを食べるフナのように地面にはいつくばって草を食べるウサギたち。



のどかです。

画像アップロードできないのは 

2007年06月10日(日) 20時21分
先週末からなぜかアップロードが遅いと思っていたのだけど、
そしてとうとうまったくアップロードが出来なくなってしまったのだけど、
どうもこれはモデムに問題があるようだ、、、。

受信は比較的普通なのに、送信だけうまくいかないのはモデムに問題があることが多いらしい。
送信時にはモデム自体が信号を発しているので、そこが働いていないとアップロードが出来ないということなのです。

なので画像はしばしお待ちあれ。
来週あたりにはモデムの交換が出来ると思います。

Le Stelle 

2007年06月08日(金) 11時35分
画像やっと更新できました。

ベルギーにおいしいイタリアンは少ないけれど、たしかに存在するのも事実です。
本日は『Le Stelle』というお店に行ってきました。

人生初の「生ハム&メロン」




好き嫌いがくっきり分かれるこの取り合わせ。

きっと果物が料理に混じっている(酢豚のパイナップルとか)のがだめな人はこれも無理なのではないでしょうか?

イタリアでは夏によくだされるメニューらしい。ハムとメロン一緒に食べると、メロンでハムの塩分が抑えられ、またハムの塩分でメロンの甘みが増すんだとか。

こちらの生ハム&メロンは私が想像していたのとずいぶん違いましたが。
『あくまでもハムが主役』といった感じです。

たしかにハムの塩分が気になりません。
メロンもおいしい!
これからの季節の前菜メニューにはぴったりです。

それからメインのパスタは『シェフのおすすめ4種類』。
トリュフとチーズのパスタ(左上)、ラビオリのトマトソース(右上)、サーモンパスタ(左下)、チーズロール(右下)です。






こんなに贅沢な一皿なのに、なんと17ユーロ。ぜったいおすすめ。量もおすすめ。
普通に1種類たのむと、2人分でてきます。

ただ、ほとんどの料理がちょっと塩気が強い気がします。
過剰塩分に敏感な私、食事の後にのどがかわいて大変でした。

そうそう、ここの店員さんはみんな親切。
笑顔も素敵なイタリアーンです。





しかし、なんとこのお店、イタリアのマフィアが経営しているらしい・・・。
もちろん普通のお店で、普通のお客さんがほとんどですが、たまーにみるからに「あちら方面」の方がいらっしゃるとか。


感想:やっぱりいるんだ、マフィアって!




クモの巣の正体 

2007年06月06日(水) 5時08分
『ゲントのフランドル城』にクモの巣が・・・。

ゲントに住む同僚がいたので、ちょっと聞いてみました。

実はこのクモの巣が作られたのは、時代はさほど古くなく、なんと2,3年前だそうです・・・。



学術都市であるゲントには大学が集結し、若者パワーであふれています。
だから現代アートの類も有名らしい。
それで毎年アートフェスタなるものが開催され、その一環としてこのクモの巣が数年前につくられたそうな。そうだったのかぁ。(思い切ったことをしたなぁー)

その同僚いわく、あのクモの巣をみたときはがっかりしたって。
そりゃー、千年以上の歴史を持つお城にクモの巣を張るんだからねぇ。
そういえば、パリのルーブル美術館のピラミッド。
あれもフランス国内外では賛否両論があったようで。
とある人は、「うまく古今を融合した素晴らしい作品だ」といい、またある人は「フランスの恥だ」といった具合に。

みなさんはどっち派でしょうか。

ついでに、このクモの巣の上のクモ。
同僚はその存在を知らないようでした。

きっと誰かがしでかしたいたずらだろうけど、これもまたアートと呼んでおこう。。。

ワッフル2 

2007年06月04日(月) 7時07分
昨日の 『ベルギーといえば』の続きです。

本日はこちらの2品。

これもワッフルなのか?と疑問ですが、おそらく違います。



中にはアップルジャム?のようなものが入っていて、まわりはスポンジケーキチック。
そう、これはカスタードケーキ(6箱入り)に似ている!
柔らかな感じが美味しかったです。




まだまだいきます。
お次はこちら。
形はブラッセル風ワッフル。
ふわふわとして、屋台のベビーカステラの味そのものです。



ただ、決して焼きたてではないので、カリカリっとしか感じはありません。あくまでも時間がたったベビーカステラ。

朝食にはぴったりです。

ベルギーといえば 

2007年06月02日(土) 6時42分
もう6月になってしまいました。
早いものです。

最近は徐々に暖かくなり、もうすこしで夏?と常々期待しています。

さて、ベルギーといえばチョコレート。
でも夏のチョコレートは大変です。
いいチョコレートほど溶けやすい。

なので、もうひとつの定番、ワッフルが最近気になります。

かれこれ1年半、まったくそそられなかったワッフルたち。
どうせいつでも食べられると思っていたのか、はたまたカロリーオーバーを気にしていたのか。

ふとした瞬間に、スーパーであるワッフルを買ってから、おお!ワッフルっておいしいと思ったわけで、それ以来いろんなワッフルを食べ比べているわけです。

美味しいワッフルは画像がないので、今日はデレーズブランドのワッフル君。

デレーズはベルギーを代表するスーパーです。多少ほかより高いものもありますが、普通のスーパーです。

そこで、このワッフルアソートを購入。
手っ取り早くいろんな味が試せます。




中身は5種類。




本日はこちらの一品。
これは・・・ワッフルではない気がするが??



切ってみるとこんなかんじ。外はクッキー生地で、中身はオレンジジャムっぽい層があり、あとはマジパンの風味です。このマジパン、好き嫌いがとってもはっきりする味だと思います。アーモンド粉から作られるマジパンですが、どう努力してもアーモンドの味は感じられません。
そんなマジパンわたしは、、がんばって好きになりました。なので今は美味しく食べていますよ。




チョコレートでも「ガナッシュ」と呼ばれるものは、中身がマジパンを加工したものである場合が多いです。マジパン苦手な方は「プラリネ」のほうが無難です。

アンティークなお店 

2007年05月31日(木) 4時50分
看板につられた入ったお店。