鏡音レン

May 15 [Sun], 2011, 11:11

漫画家さんや友人がよくやるカラーリングを真似してみました。
コピック4色しか使っていません。・・・これは楽だったじゃなくて楽しかった。
多分、色をたくさん使おうとしてああやっちまったってなるのかな(単に大雑把なだけ)

RE-TAKE

May 15 [Sun], 2011, 1:41

夢の続きのように  僕の心も霞んでく

嵐のような涙のあとは  激しく心を求めるんだ

一吹きで消えそうな儚い願い  優しいキスをして


「そんなことないよ、君は素敵だよ」って君の言葉

受け止めた時  無性に愛しくなった

どこか寂しげで  直向きな君が  誰よりも何よりも好きだった


大好きだよ  でも


僕は嘘つきなのさ  君に好く思われたいから

僕は僕を押しつけるだけ

優しくなんかない そうなりたい なり方を知らない 分からない


君に触れようとして  君をキズつけた 

ごめんねと言ったら 君は涙をふきながら笑っていた

君は残酷なくらい  優しいんだね

君に触れて  キズつけらがらも  優しいキスをして


「僕は君のためにこんなことしか出来ないんだ」

君の手は震えていた 目に涙をためて

君が好き  大好き  嘘偽りはない確かな気持ち

 
君を愛してる  でも


口を塞いでしまおう  下品に濡れる君が 

気づいたんだ  君も僕も同じだってこと

君も心を求めていたんだね


優しくて残酷な君と  優しくて嘘つきな君


僕があげる  僕をあげる  キズつけてあげる


互いが互いの存在を確かめ合う  優しいキスをして


狂うほどに  キスをして

RE-TAKE あとがき

May 15 [Sun], 2011, 1:23
ふう・・・終わった・・・。
くそう、ホントは53デーに間に合わせようと頑張っていたのですが、間に合いませんでした。
あの詩は大分前から考え始め、53デー前には完成していましたが・・・嗚呼orz


詩を考えているとき、随分BUMPとミスチルの曲を聴いてました。
もうなにを書けばいいのか分からなくなって、もうどちらかの曲の歌詞を漫画にしてしまおうかと悩んだのですが、ここは譲りたくない!とがんばって書きました。
本当はこの詩はカヲル視点で、カヲル→→→シンジな感じだったのですが、「アリキタリ・・・」だったので2人・・・お互いを見つめ合い、カヲル→←シンジな詩を書き上げたかったのですがいかがでしたでしょう?お付き合いくださりありがとうございました。

あ、これ初期の詩のイメージ絵になるはずだった絵です↓


P R
2011年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
profile
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:コハク
読者になる
コハク        
碇シンジには目がないかなりのシンジスト。
今頃になって気づくことが多い。
最近になってアニメの視野が広がった。

好きなもの
音楽、Cl、グミ、寝る事、碇シンジ

欲しいもの
エヴァT、現金、アロマオイル、碇シンジ