デザイナーズマンションを買いたい!

November 02 [Sun], 2014, 17:16
分譲のデザイナーズマンション(ファミリー型とワンルーム型に分けられますが、近年では多様化しているようです)に住むのは、やや思い切りが必要になります。

何故なら、その物件がオシャレであればあるほど、暮らしやすさに少し犠牲をはらわねばならないからです。

例えば、デザイナーズマンション(アパートの規模を大きくしたものを指します)の代名詞であるコンクリートの打ちっぱなしは確かにカッコイイだからといって、夏は暑く、冬は寒いもの。ガラス張りの浴室はやはり来客などで困る場合もあるかもしれませんねし、螺旋階段は小さい子供(ファミリー層を集客するためには、ターゲットにする必要があります)には少し危険な気もします。

もちろん、これらのデザイナーズマンションが駄目だというのではなく、そこに住む人やライフスタイルにより、暮らしやすさと言う意味で少々難があるなんて話です。

また、デザイナーズマンション(高級感を与えるために住宅販売業者などが使い始めたと言われています)も分譲となると、長い目で住むことを視野に入れなければならないでしょう。

結婚(人生の墓場という人もいれね、できてやっと一人前という人もいますね)や出産(お産が軽いか重いかには個人差があり、親子や姉妹でも畭なります)で家族がふえることもあるでしょうし、自分自身が年を取っていきます。

デザイナーズマンション(高級感を与えるために住宅販売業者などが使い始めたと言われています)を購入するのなら、10年後、二十年後もこの部屋で大丈夫か?ということを考える必要がありますね。そういうことを踏まえても、分譲のデザイナーズマンション(アパートの規模を大きくしたものを指します)で大丈夫、逆に、歓迎と言うのであれね、今は購入のチャンスようです。

デザイナーズマンション(ファミリー型とワンルーム型に分けられますが、近年では多様化しているようです)も一時期と比較すると価格が落ち着いてきています。

近頃では中古マンション(ファミリー型とワンルーム型に分けられますが、近年では多様化しているようです)をリノベーションしてデザイナーズ物件に生まれ変わらせるのも流行しています。

それらはやはり新築のデザイナーズマンション(ファミリー型とワンルーム型に分けられますが、近年では多様化しているようです)よりも安く手に入ることが殆どのようです。選択肢のひとつとして念頭においておきましょう。
こちらのサイトは健康に役立つサイトベジパワープラスのサイトです。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:りえっと
読者になる
2014年11月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/bejipower2/index1_0.rdf