姫路城 

February 21 [Sun], 2010, 16:10
出かけてみました。

姫路城は小さい頃に来たことがあるはずですが、記憶にありませんでした。

彦根城と同じ様に、建築当時のままなのがいいですね。

丼ぶり 

November 28 [Sat], 2009, 17:14
そうそう、自慢するのを忘れていましたよ。
静岡って漁港が多いので魚がとても美味しいんですよね。
それもマグロの水揚げが多いのだとか。
(日本一だったかな?)
で、食べたのが写真の丼ぶり。写真では分かりにくいのですが、刺身の分厚さが京阪神地域とは桁違いでした。
近畿圏でも和歌山とか行けば、これだけマグロが分厚いのかな?
淡路島はタイとかタコが美味しいので、またちょっと違うでしょうけど。

静岡に行ってきたんですよね 

November 28 [Sat], 2009, 0:10
めちゃくちゃ富士山がきれいに見えて嬉しかったです。
地元の方によるとここまできれいに見えるのはそうそうないとのこと。
駿河の国って晴れてるイメージがあったのですが、曇りが多かったのか…

今日のトイレです 

November 20 [Fri], 2009, 0:04
ケータイを新しくしたので、テスト代わりに送信します。

なんだか妙にかっこいい手荒い場だったので撮影してみました。

日本の携帯電話事情 

November 11 [Wed], 2009, 0:42
ドコモの冬春の新機種ソニーエリクソン製新スマートフォン Xperia X10が入っていなくて、ちょっとショックです。

僕の携帯電話が壊れかけていまして、できれば新しいケータイに変更したいのです。
ところが、全くといっていいほど魅力的な機種がないのが昨今の日本の携帯電話事情なんですね。
どの機種も変り映えがしないくせに、モバイル接続が脆弱なのが不満なんです。
はっきり言って、今の携帯電話の機能には不要なものが多すぎなんだと思います。
日本の電機が韓国勢に完敗した理由にも書かれていますが、世界では日本のような高性能かつ高価な機器は求められていないのが現状です。
日本のように電化製品に不要な機能を付加し、その開発費で価格が上昇してしまえば、新興国の安価な製品に対して太刀打ちできなくなります。
しかも、諸外国ではそれほど高性能な機器を作れない場合もあるので、おのずと世界標準は比較的機能の限定された安価な方式を採用することになります。
その顕著な例が、GSM方式の携帯電話です。
全世界ですでに標準化しているGSM方式、これが標準でないのは日本だけです。
日本だけPDC方式を取り入れた結果ガラパゴス化が生じ、海外向けに端末を開発しようとすれば、海外勢に比べ余分な開発費を費やす必要が発生しました。
当然、余分な開発費を埋めるため、端末の価格は海外勢に比べて上昇しています。

そもそも日本の携帯電話事情はドコモやauなどのキャリアにメーカーが囲い込まれた状態になっており、新機種は各キャリア向けの機能を備えた機種を開発し、販売する形式になっています。
そのため、各キャリアで独自の付加価値を備えた新機種を投じやすい環境になっているのですが、すでにその付加価値に限界が来ているのです。
例としてi-modeが挙げられると思います。
i-modeでインターネットができることやメールができることは、当初としては画期的でした。
しかし、時代が進むにつれ、どのキャリアでも同じような機能を備えた携帯電話が発売されるようになりました。
メールも異なったキャリアでも共通して使えるようにe-mailが標準的になりました。
したがって、キャリアによるメーカーの囲い込みのメリットは十分に生かせない状態に突入しているのです。
しかも、メーカーはキャリアに囲い込まれているので、新機種を複数のキャリアに提供するのに手間隙がかかります。
そのため、おのずとターゲットとなる市場が小さくなり、その分開発費を回収できる機会が現象することになり、回収できなかった開発費は価格に上乗せされます。
さらに、長い不況の影響で、ユーザーにも購買力が失われてしまいました。
ユーザーは高価な高機能端末よりも、安価な低機能(といっても携帯電話として十分すぎる機能を備えている)端末を望むようになったため、高価になりすぎた(無駄な機能がついた)携帯電話に誰も見抜きもしない状態がここ数年で顕著化しました。
その上、メーカーは開発費が回収できないため、収益を確保しにくい携帯電話を開発するメリットがなくなって
しまいました。
キャリアは自身の利益を優先したシステム構築を行い、それが機能しなくなったにもかかわらず、期性のシステムに固執したがゆえに、メーカーの撤退及びユーザーの新機種離れを誘発してしまったのです。

この対策はどうしたらよいのでしょうか?
今の僕にはSIMロックを解除する形を取り入れ、メーカーにとって開発費を回収しやすい市場を形成すること、使用頻度の極度に少ない無駄なサービスを撤廃し端末自体の開発費を下げてやること、無駄なサービスを提供している部署の統廃合を進め通話料を下げてやることぐらいしか思いつきません。
しかし、素人の僕にも思いつくことですから、かなり重要な指摘でしょう。
今のままで苦しむのはメーカーとユーザーでしょうね。
現行の携帯電話の端末を取引するシステムでは、キャリアが苦みを自覚するのは最後なので、外部から何か刺激が来ない限り現状は変らないようになっているのでしょう。

携帯電話にしても、家電にしても、あるいはその他のシステムにしても日本が今後世界の市場で生き残っていくには、世界標準に合せた変革が必要であります。

ドゥオモ付近 

August 23 [Sun], 2009, 16:02
ミケランジェロ広場に行く途中にドゥオモ付近で撮った写真です。
左側の丸いのがサンジョバンニ洗礼堂、真ん中の教会とドームがドゥオモ、右側の高い建物がジョットの鐘楼です。

ミケランジェロ広場からの景色 

August 22 [Sat], 2009, 1:54
フィレンツェの南の端にあるミケランジェロ広場まで行ってきました。
フィレンツェ市内が一望できる岡にあります。
例によって暑いなか登ったので、汗だくになりましたが、この景色を拝めるなら相応ですね。

左側の高い建物がヴェッキオ宮殿、真ん中の高い建物がジョットの鐘楼、その隣の丸いのがドゥオモです。

サンロレンツォ教会 

August 22 [Sat], 2009, 1:53
迷ってサンロレンツォ教会まで来てしまいました。
ここから滞在しているホテルにめちゃくちゃ近いのによくわかってなかった。
ホテル側からだと隣接したメディチ家礼拝堂側に出るからなんですよ、ええ。
↑言い訳

ドゥオモ 

August 22 [Sat], 2009, 1:53
有名なフィレンツェのドゥオモです。
正式にはサンタマリアデルフォーレ大聖堂と呼称します。
10年程前に流行った小説、「冷静と情熱のあいだ」のRossoにも出てきましたね。

サンタマリアノヴェラ 

August 22 [Sat], 2009, 1:52
フィレンツェのターミナル駅の名前にもなっています、サンタマリアノヴェラです(裏側ですけど)。
ホントに駅前で、ビックリしました。
とりあえず外側からの様子です。
P R
2010年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28
最新コメント
アイコン画像ハセガワ
» 倉敷美観地区 (2008年08月15日)
アイコン画像φ夢印
» 倉敷美観地区 (2008年08月14日)
アイコン画像ハセガワ
» しまなみ街道 (2008年08月13日)
アイコン画像φ夢印
» しまなみ街道 (2008年08月12日)
アイコン画像名前
» ネコs on クルマ (2008年07月31日)
アイコン画像ハセガワ
» ウイスキー原酒 (2008年04月08日)
アイコン画像ハセガワ
» 山崎の蒸留所です (2008年04月08日)
アイコン画像ナナ
» ウイスキー原酒 (2008年04月08日)
アイコン画像φ夢印
» 山崎の蒸留所です (2008年04月06日)
アイコン画像ハセガワ
» 飲みに来てます (2008年02月03日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ハセガワ カズミ
読者になる
http://yaplog.jp/beingontheroad/index1_0.rdf
Yapme!一覧
読者になる