おそようございます 

July 14 [Mon], 2008, 19:26
昨日は日曜の割にはひまひま。。

売上げ平日と変わんないんじゃないかなぁ??

まぁ、店の売上げがどうなろーが絢季の給料には影響無いんで楽な方がいいんだけどさ(酷)

でもあまりにも暇だと逆に疲れるから、適度に来い、客!!!

しかし、連日の寝不足と空腹で後半フラッフラ(笑)

なーんか調子悪いなーと思ってたら、前日の朝っきり何も食ってないことに気付いたっていう。

わかった途端に動けなくなっちゃって、酷かった。。。

しかも帰ろうとしたらチャリパンクしてて、歩いて帰ったとかね!!!(泣)

家に着いてすぐ、服脱いで着替えもせずに寝ちゃったよ・・・パンイチで。





笑えねーーーーーー





そんでもって、今日はお休み。

昼近くに起きて、だらーっとして、テレビ見て気付いたら外が暗い...。




大丈夫か、自分。

や、きっと今日は疲れてたんだよ。

あー腹減った。。。もう丸二日食ってねー。



これから風呂入ってきまっす。

突然だけど 

July 07 [Mon], 2008, 23:46
最近の本屋はけしからんね!!!

今日久しぶりに本屋に行ったら、大好きな本(つっても漫画だけど)の新刊が出ていて

「よっしゃ!!!」

って掴んで、ふと見たら本の上が日焼けで真っ茶色になってるの。。。

もうね、なんかすーごいテンション下がっちゃって。

その焼け方も半端無くて、中古で、しかも¥100コーナーで売ってそうな勢いですよ??

それで無くとも本ってずっと残るものだし(漫画だけど(2回目)、ましてや新書買うなら、それなりに拘りたいじゃないですか?!

あんまり酷いんで、店員さんに下から新しいの出してもらおうと思って、すっごい勇気出して(←ここ重要)言ったんですよ。


絢季 『すいませーん。これ、色変わっちゃってるんで、違うの出してもらえますか?』

店員 「・・・・・・・・・はぁ?」

絢季 『や、だから、ここすんごい焼けてるんですけど・・・』

店員 「そうですかぁ?」

絢季 『 そうなんです!!気になるんで取り替えてもらえます?』

店員 「でもぉ、これも一応新品なんでぇ、できないですぅ」

絢季 『(呆れ&怒り)・・・・・・・そうですか、じゃあいいです。。』

店員 「ごめんなさ〜い(笑顔)あ、それ、買いますぅ?」

絢季 『い り ま せ ん!!!』








何だ、この店!?






すんごい腹立つ!!!

態度とか喋り方とか言葉遣いとか!!!

もうね、生で見せてあげたい!!!!

どのくらい酷いかって、人の目見ないどころか、常に目泳がせて、足クロスして、髪の毛弄りながらの会話なの!!

つーか一応新品って何だよ?微妙に中古なの?!

出来ないですぅじゃなくて出来かねますだろーが!!

ごめんなさ〜いじゃなくて申し訳ありません!ってか笑いながら謝るな!!

それ、買いますぅ?・・・・・・・・って!!!


買わねーよ!!!!!


まず、25過ぎた男が語尾延ばすなよ

つーか何より、スタッフにどんな教育してんだ、TS●TA●A・・・・・。






黒光りの天使たち・・・ 

October 15 [Mon], 2007, 2:24
実家の台所にて。


絢季『母上様ー、絢季のスリッパ知らない?・・・ってうぅわ何これ!!!』

キッチンの床・壁・天井・シンク・・・etc...至る所にゴキ●リが!!!

そしてそこで平然と皿を洗っている我が家の主婦(48)

母「知るか!!(キパ)」

絢季『えー何それーー?!!まぁいいや。(え?いいの?)
    つーか母上様、それ、今履いてるの絢季のスリッパじゃね?返してよ』

母「・・・ん」 片方だけ蹴って寄越す。

絢季『・・・・・もう方っぽは?』

母「・・・・・」
徐にもう片方のスリッパを脱ぎ、シンクに入れてザブザブ洗い出した。

絢季『えーーーーー!!!何してんの?!今それ履くっていってんじゃん!!』

母「え?汚かったから・・・」

絢季『だからって今ここで洗う?!しかも片方だけ!!・・・・・・・・・もういいや、濡れててもいいからかして』(え?いいの?)(2回目)

母「何言ってんの!!今洗ってんのに!!!

と、飽くまで平然とキッチンのシンクでスリッパを洗う母親を横目に、裸足の右足を庇いつつ、何故か持っていた父親のスリッパで(笑)無数のゴ●ブリを叩いて回りました。







さーあて、色々と突っ込みどころ満載ですが。。。


ありえない1 勿論絢季は母親のことを母上様などとは呼びません。(当たり前)

ありえない2 うちの母親は何より料理が嫌いなので、台所なんぞにはまず立ちません。(当たり前)

ありえない3 大抵の人は、ゴ●ブリが無数に蠢く中、平然と家事をこなすのは不可能だと思います。
        勿論、絢季の母も例に漏れず、です。

母にこの話をしたところ全身に寒疣立てながら殴りかかってきました

そんなわけで、今日見た夢のお話。

現実だと思った人いる?


・・・・・・いないよね?


・・・・・・・・・・・・・・・・・いるわけないか。












1人位いるんじゃない?(しつこい)












明日(いや今日か)はライブ行って来ます

初めて行くバンドさんなんだけど、楽しみーーー

会場も初めてのとこだしなー

うーん・・・まず無事に会場辿り着けるんだろうか。。。不安になってきた

まあ、気軽に楽しんできます。


そんじゃあ、また

今日は誕生日 

June 24 [Sun], 2007, 1:06
一年前の今日、絢季の一番大好きで大切な、大切なひとが亡くなりました。

父方の祖父です。

うちの父は、3人の姉妹に挟まれた、たった一人の長男で、内孫は絢季と兄の2人だけ。

それでなくても、7人いる孫のうち、女の子は2人だけで、そのもう一人の女の子は絢季より15も年上です。

だからか、祖父は他のどの子よりも、絢季を可愛がってくれました。

そりゃあもう、子供心に自分は特別なんだってわかるほどに。

そんな祖父が大好きでした。

でも、絢季は祖父がもう永くないなんて、知らなかった。

もう何ヶ月も入院していたなんて、知らなかった。

亡くなった事すら、知らせてくれなかった。

うちに連絡が来たのは、次の日の夕方だった。

それも、家族じゃなくて、親戚から。

「いくら疎遠だったからって、自分の親が死んだのに葬式も出さないのか」って、電話がかかってきて。

父も母も、勿論絢季も、何のことだか全然わからなかった。

明日が通夜、明後日が葬儀だと言われて、電話を切り、何がなんだかわからなくて、ただ涙がでて、ひ
たすら泣いた。

何時間経っても、涙は止まらなくて、頭が痛くなって、瞼が腫れて眼も開かなくなって、それでも、眠るこ
とも忘れて泣き続けた。

気付くと、訃報を受けてから18時間が経っていた。

急に現実に引き戻されて、不思議とあれだけ止まらなかった涙も止まった。

喪服なんて持っていなかったから、母に頼んで、買い物に連れて行ってもらった。

いろんな店を回って、一緒に選んでもらった。

考えて、喪服は着ないことにした。

小さいころ、兄のお下がりで、男の子の服ばかり着ていた絢季が、たまに女の子らしい、リボンとかレースとかフリルの付いた服を着ると、カメラを持ってきて

「可愛いなぁ、本当に良く似合う。笑ってごらん。」

って言って、顔をくしゃくしゃにして褒めてくれていたことを思い出して、今出来る一番可愛い格好をして行こうと決めた。

レースやフリルの付いた可愛いもので、お葬式に来ていけるような服なんて、そう簡単に無くて、それでも何軒もお店回って探した。

最後のお別れに、一番可愛い自分を見てもらいたかったから。

服も靴もバッグも揃えた。

普段はしない化粧も、何倍も時間をかけて、ストパーかけてた髪も、昔みたいに巻いた。


次の日、結局両親は、葬儀には出なかった。

父が出ないのに母だけ出るわけにはいかないらしい。

兄は、子供は諍いには無関係だから、出ても出なくてもどっちでもいいよと言われていた。

母は「お母さんの分もお別れしてきてね」って言って絢季を送り出してくれた。


会場に入って正面に、大きな、絢季の大好きな笑顔の写真があった。

写真に向かって、笑った。

じいちゃんの前では絶対泣かないって、笑っていようって決めたから。

スタッフに案内されて、席についてからも、真っ直ぐ祭壇を見て、笑ってた。

お焼香の直前、ああ、本当に死んじゃったんだって、急に実感が湧いてきた。

堪えられなくなって、笑えなくって、走って会場を出た。

じいちゃんが可愛いって言ってくれた笑顔でお別れしたかった。

最後まで見送りたかったけど、泣き顔見せるくらいなら、これで良かった。

車に戻って、鍵をかけて、頭からブランケットを被って大声で泣いた。

泣いて泣いて泣いて、コンビニのトイレで顔洗って、化粧を直して、家に帰った。





うちの親の実家はちょっと複雑で、何年か前、親戚と揉めて以来、疎遠になってた。

笑っちゃうよね。うちの父は長男だから、葬儀をするなら当然喪主を務めるんだけど、そうすると、祖父
の遺産が父に取られちゃうから知らせなかったんだって。

父の兄弟の一人が、自分の子供に、祖父の財産を相続させたくて、黙ってたんだって。

そのために、祖父が体調崩して入院しても、父には勿論、誰かがうちにそのことを知らせない様に、親戚にも近所にも隠していたんだって。

亡くなって、葬儀の手続きも全て終わって、遺体が家に帰ってきて、初めて知らせたんだって。

そんなくだらない欲のせいで、じいちゃんは長く入院してても、友達にも親戚にも近所の人にも、誰にもお見舞いに来てもらえなかった。

お葬式の参列者も、驚くほど少なかった。

遺産って、何十年も一生懸命生きてきて、今、その人生に幕を下ろそうとしている人の意思よりも大切なもの?

その人の最後を看取りたいと思う気持ちよりも大切なものなの?


遺産なんかいらないよ。

家も、土地も、お金も、何にもいらないよ。

ただ、生きてそこにいるじいちゃんに、会いたかった。

顔を見て、手を握って、抱き締めて、大好きだよって言ってあげたかった。

笑って、頭を撫でて、抱き締めて、大好きだよって言ってほしかった。

それだけで良かったのに。



だけど、何より許せないのは自分。

大好きな人が死ぬって時、自分のことしか考えずに浮かれていた自分。

知らせてくれなかったからなんて、ただの言い訳。

遠すぎる距離じゃないのに、自分から会いに行こうとはしなかった。

いつでも会えると思って、何もしなかった。

変わらないものなんて、無いのに。


また一つ、年をとりました。
去年までは、誕生日って自分のことだけ考える日だったけど、今年からは、自分以外の全ての人のことを考える日になりました。



長々と失礼しました。しかも酷い乱文・・・。
でも、今日だけは許してください。
読んでくれて、ありがとう。

さて、今日はお墓参りに行って来ます。
早起きして、お弁当作って、めいっぱいお洒落して行きまっす!!
では、おやすみなさい。

Happy Birthday To... 

June 01 [Fri], 2007, 0:23
今日は絢季の大切な人が、この世界にやってきた日です。

直接伝えることは出来ないけど、おめでとう。

今日も、明日も明後日も・・・死ぬまで自分はあなたのことを好きでいるんだろうなと思います。

あなたが笑う時、泣く時、傍にいるのは自分でありたかったけど、他でもない自分が、それを壊してしまったこと、今でも後悔しています。

だけど、いつも、あなたの幸せを祈っています。

穏やかに笑っていてほしいと願っています。

たとえ、何かに苦しんでいたとしても、泣くことを我慢しないで、そんな自分を許してあげてください。

あまり一人で抱え込まないで、背負っているものが重過ぎるなら、捨ててしまうのも勇気だと思います。

なんて、今のあなたを知らない自分が何を言っても、伝わるものなんて無いのかも知れないけれど。

現に、決してあなたに見られることの無いだろう、この場所でしか言えずにいるけれど。

でも、だからこそ、伝えたい言葉を全て書き留めておきます。

一緒にいられなくても、あなたがこの世界のどこかで生きているその事実だけで、私は今日も生きようと思えます。

たくさんたくさん傷付けて、ごめんなさい。

あなたがくれたものに報いることが出来なくて、ごめんなさい。

出逢ってくれて、ありがとう。

生まれてきてくれて、ありがとう。

誕生日、おめでとう。


絢季

世にも奇妙な物語 

March 07 [Wed], 2007, 23:17
中3の頃、カラオケが大好きでした

暇さえあればっつーか殆ど毎日行ってました

大体2時間で入って、途中延長して、結局合計3時間半くらいは歌ってたっつーね(笑)

でね、その時はなんとも思ってなかったんだけど、今になって不思議なことがあるのね?

それはお金なんだけど。

よく行ってたのは、1オーダー制30分10円の店だったんだけど(これって安いのか?)

¥200のドリンク(一番安いメニュー(笑)+部屋代¥40〜80くらいかかるのね?

一回一回ではそんなに大した金額ではないんだけど、これを週4〜5で行ってたからね。

当時の絢季のお小遣いは一ヶ月¥3000。(安っ)

その中からケータイ代を自腹で払ってて(偉くない?)その残りで遣り繰りしてたんだけど・・・。


・・・ん?


計算、合わなくね??


中学生なんで、バイトとか出来ないし
親は毎月決まった金額以外は絶対にくれない人だったし、他にお金くれる人なんていない。
勿論、親の財布からちょろまかした覚えも無い。

なのに、毎月¥2000くらいのケータイ料金を払って、残りで雑誌買って、漫画買って、CD買って・・・etc

それだけでもおかしさ満点なのに、その他に週5でカラオケ・・・ありえないよね?

ありえないよね?!

何だろうこれ・・・??

誰かが絢季の財布にお金チャージしてくれてたとか?(バーカバーカ)





うーーーーん(-".-;)




















考えたってわかんねえよ!!!










あー、そういえば最近カラオケ行ってないなぁー。
つーかあの頃、毎日何時間歌ってても、同じ曲2回とか無くって、まだまだ歌いたい曲がいくらでもあったなぁ。。。
これも今では不思議な話。
若さって言っちゃえばそれまでだけどね(笑)


そんじゃあ、今日はこれで。





誰か誘って(切実)

早速・・・ 

March 06 [Tue], 2007, 1:27
更新しませんでしたが、何か?(コラ)

別に、忘れてたわけじゃないよ!!!(説得力無いな)

間に合わなかっただけです!!

え?同じ?








売るせーよ、文句あんのか?




















ごめんなさいm(_ _)m











やっぱ前言撤回させて。

毎日更新無理!!

絶・対・無理!!!

男に二言は無いけど、絢季には三言・・・いや、五〜六言あるよ!!(撲殺)



うん、これからは、書ける時に、書きたいことを、書きたいだけ書く!!



そんな感じで、ずいぶん早いけど、再スタートです

絢季のことだから、次は、何事も無かったかのようにどーでもいい話するんだろーな(ニヤリ)


おやすみー


ギリギリ;; 

March 04 [Sun], 2007, 23:41
二日連続!!よっしゃ、ザマミロ!!!(誰に)

よし、この調子で頑張る。

いやでも、あんまり頑張るとガス欠起こすから頑張んない。

普通にしてよ・・・。

えっと、今日はすごくいい日でした。

幸せ しあわせ シアワセ si a wa se (いい加減しつこいな)

まさにここのタイトル、しあわせのもと。
今間違えてしあわせのモチって打っちゃった(笑)

今日はね、東京に行ってきました。車で3時間くらい。

新宿にあるCDショップに行ったんですよ。

AngeloのCDを買いに。

Angeloって知ってますか?

多分知らない人のほうが圧倒的に多いと思うので、ちょっと説明を・・・

えっとねー、・・・・・・・・・・・・・・また今度でいい?



そうそう、そのバンドがね、2月28日にCD出したんです。

2パターン。しかも¥1680のを2パターン。

買いましたよ、勿論。2パターンとも買いましたよ、H●Vで。




ところが!!!



タ●レコとツ●ヤと新星●とラ●カエ●ソンでそれぞれオリジナルの特典がつくとかね。

しかもそれ買った後に気づくとかね。

タワレコもツタヤも新星堂も近くにあるのにね、何でよりによってH●Vで買うかな。。。


馬鹿!!!!!(H●Vラバーの皆様ゴメンナサイ)


そんで、各店舗に電話で問い合わせてみたら、まだ在庫があるらしいので取り置きしてもらいました。

ところがね、ラ●カエ●ソンだけは、

「在庫はあるけど、取り置きは出来ません」

って言うから、買いに行って来た。

あ、ちなみにラ●カエ●ソンっつーのは新宿にあるV系専門店です。(説明あってるかな)

おかげで同じCD7枚買っちゃったよ・・・¥1680×7枚は・・・


¥11760


何でCDにこんなに金使ってんだ、自分。





でもまあ、一万やそこらで幸せになれるなら安いもんだよね?

だって、絢季全然後悔してないもん!!

そんで、帰りに新●堂小●店で掲示物を見てきました。

メンバーからのメッセージが掲示してあるとか言ってたんでちょっと、いや結構楽しみにしてたんだけども。

サインでした。一枚にみんなのサインが・・・一番上には『新●堂さんへ』の文字が。


メッセージ?  


メッセージ??


つい、裏返したり中覗いたりして確かめちゃったよ。

客も自分と連れしかいなくて、写メ撮るのも気が退けたんで、店の中見て回ってたんですよ。

そしたら店員さんが寄ってきて・・・以下会話。


店員「あのー、もしかしてAngeloの展示物を見にいらしたんですか?」

絢季『?そうですけど・・・』

店員「やっぱり!もし良かったら、アレ持っていかれます?」

絢季『・・・・・は?』

店員「ちょうど2枚余ってるんですよー。」

絢季『いいんですか?!』

店員「はいー。別に何かの特典ってわけでも無いですしー。展示も今日までなんでー。」



店員さん、ありがとう
(いちいち語尾伸ばしててちょっとイラっときたけど)



そして、丁寧に袋に入れられたそれを受け取り、お礼を言って眺めていたら、連れが一言。


ツレ『絢季。顔、変。』

コノヤロウ

ツレ『あ、それ2つともあげる。興味無いし。』

やっぱり ありがとう大好き


さすがに何も買わないのはまずいかなーとか思ってたら、昔買い逃したCD(しかもDVD付の限定版)があったからそれ買ってきました。

レジに持ってったら店員さんにものっそいお礼言われた(笑)

いやいや、ありがとうございますはこっちの台詞です。

そんで車すっ飛ばして帰ってきました。


そんな一日。

ブログ 

March 03 [Sat], 2007, 22:58
始めました。パチパチ

大して書くことあるかもわかんないけど。

気が向いたときにしか書かないと思うけど。

平気で何日もヘタしたら何週間・何ヶ月も書かないこともあるかも知らんけど。

さすがにそれは無いようにします・・・多分。

や、前科があるんでね。

サイトとかメルマガとか写メ日記とか。とかとか。

メルマガなんか自然廃刊の常連さんです。

一度も発行しないまま廃刊とか、ザラです。






自分で言ってて凹んできた・・・・・。

これはそうならないように精進します。

これも何度となく言ってる気がするな。



よし、宣言しよう。


毎日更新するよ!!!
嘘吐いてすんませんm(._.)m


早いな(笑)


いや、最初に謝っとこうと思って。小っちゃいけども。

だって無理だし。絶対無理だし。確実に無理だし。

自分のことは自分が一番良く知ってるよ!!


どんどん脱線してってるな。

何か、自分のだらしなさを露呈しただけな気もする。

記念すべき(?)一回目なのに!!



じゃあ、この辺で。

次に書くのはいつになるんかな〜(遠い目)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:絢季
  • アイコン画像 誕生日:6月24日
読者になる
2008年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる