【 更新情報 】

スポンサード リンク

圧力鍋でおいしい自家製ビーフシチューのレシピ 補足編

圧力鍋を使ったビーフシチューをさらにおいしくするために、いろいろな隠し味、裏ワザをお持ちかとお持ちかと思います。
我が家でも、毎回、いろいろなレシピを試みてやっています。
その中で、お薦めなレシピ?隠し味?注意点などを教えちゃいます。

@肉を炒めた油は、アクなどが出ているので、本体には入れないようにした方が美味しい。
A赤ワインは、良く煮詰める方が良い。煮詰めが足りないと、酸っぱかったり、アルコール臭くなる。
B最後にバターを入れるとまろやかになります。
C市販のデミグラスソース(必ず特選品)にヨーグルト、または、蜂蜜をプラスするとコクがでておいしい。
D缶詰のトマトと赤ワイン、こまかく刻んだセロリの葉っぱを使うとかなり本格的な味に近くなります。
Eブーケガルニは、お肉を煮る際に加えてみてください。
Fすね肉を煮るときにビールを入れて煮るとさらに柔らかくなります。(圧力鍋でなくても大丈夫。)

その他に、お肉をやわらかくする方法などいろいろあるみたいですが、みなさんも試行錯誤しながら楽しんで料理をしましょう!
カロリーを低めに、おいしいビーフシチューを作って下さい。

ビーフシチューを圧力鍋で!圧力鍋のおススメ比較

ちょっと、蛇足になりますが、圧力鍋を購入しようと考えているあなたへ。
圧力鍋の機能とかわかってくると、料理には手放せないものになってきますよ。また、結構高い買い物だと思っていませんか?

我が家には、フィスラーとパール金属の圧力鍋が2つあります。(ティファールが有名みたいらしい。)
圧力鍋って、使い勝手が良く、なんでも、想像以上のものが美味しく作る事ができますよ。
中国製品には、事故などあり不安視されていますが、爆発したり壊れたりはしませんから安心して下さい。
ビーフシチューなんて、やわらかいお肉で濃厚な仕上げになりますし、ご飯も炊けちゃいます。

構造も手入れもとっても簡単です。
一度、圧力鍋でビーフシチューにTRYしてみて下さい!

圧力鍋とは圧力をかけて食材を煮ることができる鍋で、普通よりも高温で煮ることができる分早く火が通りやすいと考えておけばいいと思います。
また、圧力鍋は煮る以外にも蒸すことができ、なかすという器具が大抵ついており、これを鍋の中に入れると鍋が蒸し器のようになっています。

圧力鍋でいろいろなレシピがありますが、本格的&おいしい、お肉のやわらかいビーフシチューを作ってみませんか?

はじめての圧力鍋でビーフシチュー成功レシピ

圧力鍋でビーフシチュー??と思っている人もいると思いますが、今は、定番ですよ。
音が恐いとか事故性が高いと思っている人がいたら、大間違いですよ!ズバリ、時代遅れです!

ビーフシチューと言っても、肉の部位や大きさにもよると思いますが、一口サイズのバラ肉ならば20〜30分くらい(ピーっと鳴ったら火は弱め)で問題ありません。
火を止めて10分くらい待てばけっこう柔らかくなると思います。(ちょうど10〜15分くらいで自然に内部の圧が抜ける頃です。)
スネ肉も20〜30分くらいで軟らかくなりますよ。
圧力鍋にもいろいろなメーカーもあり種類もあります。まして、肉にも国産から外国産まで多種にわたります。
あくまでも、平均値なので、思ったような柔らかさにならなかったらもう一度加熱すれば良いと思います。
でも、あまり煮込みすぎると逆に肉がボロボロになってしまうので、注意して下さいね。

特に注意(心がけ)してもらう点は、@缶のデミグラスソースを使うのなら特選を使うこと A赤ワインは余りにも安物はさけること Bたまねぎはしっかりいためること ぐらいかな?

圧力鍋でおいしい自家製ビーフシチューの作り方 料理編

さあ!いよいよ料理開始です。

@牛肉に、塩・コショウした後、フライパンに油を大さじ1を入れて熱した中で、こんがりと焼いて、皿に取り出しておきましょう。しっかり焦げ目をつけること!
Aたまねぎ、ジャガイモ、にんじん、セロリを色がこんがり色になるまで炒めます。
いよいよ、圧力鍋の登場です!
B圧力鍋にサラダオイルを大さじで1杯ほど入れて熱し、薄く切った玉ねぎを入れて、色づくまで炒めます。
C炒めたら、肉を入れた後、赤ワイン1/3カップを入れて、沸騰させ、殆ど汁気がなくなるまで、鍋を揺すりながら煮ましょう。
D汁気がなくなったら、火を弱め、、水2カップ、トマトピューレ1/2カップ、ローリエ1,2枚、炒めた野菜(A)とマッシュルームを入れ、混ぜてから、蓋をして、強火にしましょう。
E圧がかかったら、弱火にして、約10分〜12分加熱しましょう。時間に余裕がある方は、その後、消火して、しばらく、そのままにしておきましょう。
F蓋を開けて、デミグラスソースと砂糖と塩を少々入れて、良くかき混ぜ、味をみてください。

圧力鍋で、肉もやわらかく、おいしいビーフシチューの出来上がりです。

圧力鍋でおいしいビーフシチューの作り方〜準備編

圧力鍋でおいしいビーフシチューを作りませんか?
パソコンで検索すれば、レシピー、作り方など星の数ほどあり、皆さんも参考にされているのではないでしょうか?
グルメ好きな方なら、ビーフシチューは定番ですし、圧力鍋の利便性も十分わかっていると思います。

レシピーや作り方は我が家の方法ですが、参考になればどうぞ。
まずは、下準備です。
(1)牛バラ肉は、一口サイズに切りましょう。
(2)たまねぎは、ソース用はスライス状に、具用は、8個割りの櫛切りにしましょう。
(3)ジャガイモは、4つ割りにして、水に5〜10分さらしましょう。
(4)にんじんも、一口サイズに乱切りにしましょう。
(5)セロリ(是非!)は、2,3cmの幅で斜めに切りましょう。
(6)マッシュルームは軽く洗いましょう。(洗わなくても、濡れふきんで汚れを拭くだけでもOK!)
その他に、ローリエ2〜3枚、デミグラスソース(缶を使用するなら特選ものをお薦めします。)と赤ワインが必需品ですよ。

ココで裏ワザ!
肉とスライスたまねぎは赤ワインにつけおいて下さい。やわらかいお肉になりまよ。