前夜祭は無事終了・・・かな? 

February 27 [Wed], 2008, 20:57
期待した雨も降らず前夜祭は行われた。


まずは、命の水を飲み神が宿るのをまつ。




神輿の移動を頼まれたが、まずは記念写真だ。



イエーイ!


祭りが始まるとみんなまじめだ。







トランス状態のおじさんもいる。




子供神輿を出る。





大人の神輿も出る。これが結構思い。



おいらは背が低いので肩がたわない。




前夜祭が終わると本日の反省会だ。



料理は手作り。



神のお酒がどんどん進む。





明日は6時半集合。


まず無理だな・・・

雨の日です・・・はすこしゆっくりする日に・・・ 

February 16 [Sat], 2008, 19:14
雨は憂鬱にさせることもありますが

なにかの恵み・・・

大雨は時として

困るときがあるので

ほどほどで・・・

こんなひは

みなさん

ゆっくりしましょうねえ^^/

こんな時間も持てることに

感謝ですねえ

ひとときの安らぎのときを

ボーっとしましょ^^/

著作権、ね 

February 11 [Mon], 2008, 16:38
最近のブログって難しいですねぇ・・・




著作権の問題とかで、アニメとか漫画とかの画像を置いちゃダメらしいです




うむぅ・・・



貰ったものとかも、加工したものとかでもダメだそうです。




大変だね。



強制削除とかもされちゃうらしいです。



そりゃね、作者とかも嫌な人は嫌だろうね・・・



著作権とか、難しいなぁ・・・




なんていろんなところの記事を見て思った感想だったり。

悲哀 

January 29 [Tue], 2008, 22:56
サラリーマンの悲哀をお見せしよう!
靴下に穴があいていたのだ。
仕事中に他人に見つけられると、恥ずかしいものである〜今回は自分で気づいて良かったのは〜

束の間でした。

本日のランチは座敷!万事休す!

テーブルに隠れるように!
あぐらをかいて、反対側の足で隠したり!

実に悲哀である〜

帰宅後、即刻、ゴミ箱行きの前に、なんとなくお前よくここまで頑張ったな。靴下くんという気持ちになりブログに載せてあげることにしました!

若い頃には、上司の穴を発見すると、俺は『そんなオヤジになりたくねぇ』なんて、思ってたのにぃ〜気をつけなければ。

ところで、女性のストッキングの穴、つまり『電線』というやつは、女性自身は恥ずかしいものだろうか〜

(★$+-∀-$)〜☆ 

January 17 [Thu], 2008, 0:29
文化祭いってくるやーい(★$+-∀-$)〜☆

江戸城ぶらり散歩21回 

January 10 [Thu], 2008, 2:13
大手門まで戻り、内堀通りをパレスホテルの前を通り過ぎると、和田倉壕、和田倉噴水公園に出る。

和田倉噴水公園は、 国民公園皇居外苑地区の一角和田倉地区にある公園です。
昭和36年、天皇陛下(当時皇太子殿下明仁親王)のご成婚を記念して造られ、その後皇太子殿下のご成婚記念で平成7年6月噴水公園が再整備され、新しく水の流れ落ちる施設やモニュメントが造られました。 噴水の水は、 お濠の水を濾過して循環使用しているとのことだ。
公園内には、レストランがあり、ブュフェスタイル(食べ放題)でランチは2400円である。


公園の表口に和田倉門跡と和田倉橋がある。
和田倉門には、鉄砲十挺・弓五張り・長柄槍十筋・持ち筒二挺・持ち弓一組が常備され、二万石から三万石の譜代大名が担当していたという。橋は当時のままに復興されており、橋の先に枡形門があった。

参観日 

December 29 [Sat], 2007, 7:51
保育参観に行ってきました。
しかし、カイトンのクラスが『保育参加』だったので、コッコのほうにはほとんど行けず・・・。
残念。
でも『保育参加』ってどうなんだろう。
親子で楽しい時間が過ごせるけど、どうしても来れない親もいる。
そうするとその子はとっても淋しい思いをしてしまう。
ウチみたいに兄弟がいる家は他のクラスを見に行けない(まぁ行ってしまえば良いんだろうけど、一緒にゲームや製作をするのにいてあげられないのは・・・)
なんか考えものだよね(-_-;)

今日はテレビの話〜 

December 18 [Tue], 2007, 9:27
今日始まった「3年B組金八先生」おもしろかったですね

こういうのもなんですが、先生達の殆どは金八先生に憧れていたのですが

最近は、マニュアルや、給与査定、生徒の人数などで判断する人が多いですね

皆さんも、金八先生みたいに、自分よりも、みんなが喜ぶようなことをすれば

いいことがあると思います

先生達、がんばれ〜!!!

先祖を大切にしている村 

December 12 [Wed], 2007, 12:04
登校しましたので、授業を始めます。

ある村のある集落では、日本で2つ?しかないお寺の1つがあります。1つは仏舎利が祀られている名古屋の日泰寺です。共有墓です。1つのお墓に皆お骨を納めます。
お話をするこの村の"ある集落"が共有墓なのか理由がわかりませんでしたが、理解できました。
江戸時代、この村は550人の天領地て関所が設けられた山間地でした。

その理由を"私なり"に解明しました。歴史上の理由は別にあります。

江戸時代、この村の"ある集落"の人口を230人と仮定します。
人間1世代25年 子を産んでなくなるまで50年とします。
25歳の人が夫婦でいるとその祖父祖母と子供2人いるとします。1夫婦×3=家族
自分が生まれるには2人の父母がいる。そ父母も生まれるためには4人の父母がいる。これで2世代。2の2乗=4  2の?乗 の?が世代数を表しています。
2の?乗×4=230 を解くと世代数がでます。
2の2乗=4 2の3乗=8 2の4乗=16 2の5乗=32 2の6乗=64 2の7乗=128
64×3=192 128×3=384
つまり7世代さかのぼると230を超えるので、おじいさんおばあさんは7世代前は同じ人になります。
さらに計算をして、
7世代×25年=175年 
つまり今から175年前のおじさんおばあさんは同じ人となります。
幕末頃のおじいさんおばあさんは、今この集落の人たちすべての同じおじいさんおばあさんです。

""祖先を大事にすること、また、子孫にもこのことをわかって供養してもらいたい願いが伝わってきます。””

80歳以上のお年寄りからみて曾じいさん曾ばあさんの生まれた頃には、今この集落の人たちすべての同じおじいさんおばあさんが生きていたんですね。

この村全体、8世代前は同じおじいさんおばあさんになります。 江戸時代の終わりから幕末の頃になります。

カレーですよ754(西荻窪 ミルチ)寄り道カレー、外カレー 

December 06 [Thu], 2007, 5:53
やきとり仕事の帰り道。
おなかがすけども、きょうは「松屋」の「オリジナルカレー」じゃあない気分。
だったらもちろんあそこです。




カレーですよ。





「ミルチ」、インド居酒屋、です。いつものあの細くて小汚い(失礼(笑))「柳小路飲食店街」にあるお店です。
そろそろ涼しくなってきたから、外のテーブルでビールとカレー、ってのもあとひと月くらいかなあ。そう思って行きました。



ここのチキンマサラカレー、好きなんだよなあ。
汁気が少なくて、タマネギみじんがたっぷりで。鶏も美味しいし。
ごはんはちゃんと長米種を出してくれるのも嬉しいんです。

夜の「柳小路飲食店街」の独特の空気の中で、うまいカレーを堪能します。
いつもの猫がまたボクの横をゆっくり通って顔をこちらに向けます。
お休みの挨拶をしたら、さて、ビールを飲み切って、ボクも帰ることにしましょう。

ビールで疲れがどんと足にでました。
さてさて、ゆっくりと、、、





< 追 記 >
以前駅前の交番の並び、鳥居の奥にあったお店「天竺」のあとに「レストランミルチ」をオープンさせたんですって!(天竺は元々ミルチの人がやってたんですが)
こっちにはタンドール釜を入れたらしいですよ。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:bedlpe472
読者になる
2008年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
最新コメント
アイコン画像タイラノ清盛
» 前夜祭は無事終了・・・かな? (2008年10月17日)
アイコン画像ダッチ伊藤
» 前夜祭は無事終了・・・かな? (2008年10月13日)
アイコン画像猫男爵
» 前夜祭は無事終了・・・かな? (2008年10月11日)
アイコン画像†*もぇちゃ*†
» 前夜祭は無事終了・・・かな? (2008年10月09日)
アイコン画像マヨネーズ・ラテ
» 前夜祭は無事終了・・・かな? (2008年10月03日)
アイコン画像RAOSU
» 前夜祭は無事終了・・・かな? (2008年09月29日)
アイコン画像ikumi
» 前夜祭は無事終了・・・かな? (2008年09月25日)
アイコン画像ハム太郎
» 前夜祭は無事終了・・・かな? (2008年09月24日)
アイコン画像えびふりゃー
» 前夜祭は無事終了・・・かな? (2008年09月19日)
アイコン画像火星の後継者
» 前夜祭は無事終了・・・かな? (2008年09月15日)
Yapme!一覧
読者になる