赤ちゃんが乾燥肌で、痒いみたい、掻きむしってかわいそう

February 13 [Fri], 2015, 14:11
赤ちゃん、0歳児の乾燥肌で悩んでいるお母さんが、とっても多いんです。

ある調査では、全体の半数ものお母さんが、赤ちゃんの乾燥肌に悩んでいるっていうデータもありますよ。

乾燥肌が酷くなると、粉吹きになったり、痒くて掻きむしったりして、血がにじむこともありますよね、可愛そうで何とかしてあげたいって思っちゃいます。

赤ちゃんの乾燥肌を気にして、沐浴の頻度を減らそうかって思うお母さんもいるみたいですが、赤ちゃんは、とっても汗っかき。

小さな体に大人と同じ汗腺の数があるので、大量の汗をかくのも頷けます。
そして、新陳代謝も活発な赤ちゃんは、普通にしていても沢山の汗をかいています。

沐浴で、汗とか皮脂を落して清潔にしてあげることが大切ですね。

乾燥肌対策には、沐浴の頻度を減らすよりも大切なことがあるんです。

それは、沐浴後のお肌の乾燥対策です。

お母さんのスキンケアと一緒で、お風呂に入ったあとは、お肌の保湿に必要な皮脂も汚れと一緒に流されています。

そのままだとお肌から水分が蒸発してしまうので、しっかり保湿してあげましょう。

赤ちゃんの乾燥肌には、保湿クリームやベビーオイルを思い浮かべるかもしれないですが、赤ちゃんは新陳代謝がとっても活発です。

お風呂で失われた皮脂も汗と一緒にどんどん補われていきます。

保湿クリームやベビーオイルをつけすぎると、かえって汗や皮脂と混ざってしまって、湿疹の原因になったりすることもあるので、必要以上に使わないように気を付けましょう。


乾燥肌対策として、重要なのはお部屋の湿度のコントロールですね。

特に乾燥する季節は、加湿器等を上手に使って、お部屋の湿度を保つようにしてあげてくださいね。


もう一つ大切なのは、沐浴で、お肌の汚れと一緒に必要な潤いを洗い流しすぎないこと。

赤ちゃんのお肌は、自ら乾燥を防ぐバリアを持っています。

洗い流しすぎると、必要以上にお肌が乾燥する原因を作ってしまいます。

沐浴後の保湿だけでなく、沐浴中も必要な潤いを落しすぎていないか注意してみてくださいね。

沐浴中の赤ちゃんの潤いをしっかり残しながら、汗などのお肌の汚れをしっかり洗い流せるって評判なのが、ベビーソープ「Dolci Bolle」です。

お肌に優しく潤いをもたらす水として、非加熱天然水を100%使用して、お肌を健やかに整えるミネラルを含んでデリケートな赤ちゃんのお肌にもとっても優しいんです。

実際に使っているママの声で、生後3か月の赤ちゃんに使っているんだけど、乾燥しやすい時期なのに、一度も保湿クリームを塗らなくても大丈夫だっていう嬉しいメッセージを読むと、保湿効果も確かなことがわかりますね。

ベビーソープ「Dolci Bolle」について、詳しくは下の画像をクリックしてくださいね。
↓↓↓↓↓↓↓↓



赤ちゃんに優しい無添加ベビーソープ《Dolci Bolle》