赤ちゃんマッサージは初心者でもできるベビーマッサージで 

2015年01月29日(木) 21時49分
赤ちゃんが夜泣きやぐずっているときは、ママとのスキンシップが足りないよって訴えているのかもしれないですね。

ベビーマッサージは赤ちゃんとママとのスキンシップをとるとってもいい方法です、赤ちゃんに笑顔たっぷりのベビーマッサージをしてあげてくださいね。

きっと赤ちゃんも笑顔を返してくれますよ。


初心者でも簡単にできるベビーマッサージ



赤ちゃんにとって心地いい環境をつくってあげましょう


・お部屋の温度を適温にして、赤ちゃんが快適な状態で始めましょうね。

・お腹が空いていると、赤ちゃんの機嫌が悪くなりがちです、ミルクを飲ませて、お腹も満たされた状態で始めましょうね。

・赤ちゃんが安心できるように、オルゴール調のゆったりした音楽をかけてあげるのもいいですね。

・ヨガマットや厚手のタオルを敷いて、赤ちゃんが気もちよくておしっこをしちゃってもいいようにしておきましょう。

・ママは、指輪とかのアクセサリーは外して、爪も短く切っておきましょう。



ベビーマッサージのスタートです


ベビーマッサージ用のオイルはホホバオイルが人気ですが、手に入らないときは、ドラッグストアや薬局に売っているベビーオイルでも大丈夫です。
化粧品として売っているオイルが安心ですね、食用のオイルは身体の中で吸収されやすいように加工されていて、酸化しやすいので、使わない方が良いと思います。



ベビーマッサージの方法を詳しく解説しているものもありますが、初心者の時は、マッサージの仕方にこだわって、ママが真剣になりすぎないことの方が大切です。

赤ちゃんと一緒にいてとっても幸せよって一番いい笑顔で優しくなでてあげることが一番大切ですね、難しく考えすぎないようにしましょう。



・まずは足から

心臓に遠い方から順番にマッサージしていきます。

まずは足からですね。

手のひらを使って太ももから足の先まで撫でてあげましょう。

ゆっくりと優しく撫でてあげるのを、左右裏表を3回づつ繰り返します。

そして足の裏、指先も優しく撫でてあげてくださいね。



・腕のマッサージ

腕の付け根から先へと手のひらで優しく撫でましょう。

これを左右裏表を3づつ繰り返してください。

そして、手のひらを付け根から1本づつ、手を開きながら指先に向かって撫でてあげましょう。



・背中とお尻のマッサージ

手のひらで、肩を首から腕に向かって優しく撫でてあげてください。

次に背骨に沿って、首からお尻まで手のひらで撫でてあげてください。

これを3回づつ繰り返します。

お尻は時計回りに優しく円を描くように撫でます。



・胸とお腹のマッサージ

胸やお腹は圧迫すると赤ちゃんにとっては苦しくなったり、お腹の中のものを吐き出してしまったりします。

力を入れないで、優しく撫でる程度にしておきましょう。

手のひらで時計回りにゆっくり撫でてあげてくださいね。

特に嫌がらないようなら、胸とお腹を分けて小さい円にして時計回りに撫でてあげましょう。



・顔と頭のマッサージ

顔と頭はオイルは付けずにマッサージしましょう。

頭の上から顔に向かって、顔の両側を包むように優しく撫でてあげてください。

優しく撫でてあげて、嫌がらないようであれば、眉毛に沿って、そして、あごに沿って優しく撫でます。



初心者のベビーマッサージは、赤ちゃんとのスキンシップを一番大切にして、ママは一番の笑顔でいてあげてくださいね。

段々と慣れてきたら、マッサージの方法をもっといろいろ勉強したくなると思います。


「ベビーマッサージ初級講座」なら2時間完結で、ベビーマッサージを通じた赤ちゃんとのコミュニケーションを学べますよ。
>>ケイコとマナブベビーマッサージ初級講座<<