幸せを感じる時 

2006年05月07日(日) 22時16分
さりげなく、あたしの体調を気遣ってくれる優しさが好き
さりげなく、甘えて甘えさせてくれる優しさが好き
数え切れない位たくさんの言葉を、今まで知らなかったたくさんの感情を教えてくれたその優しさが好き
おかげで消せないメールばかりが増えて、ちょっと困ってるよ
願わくば、あたしのもつありったけの言葉も君に届いて、同じ気持ちでいてくれますように

瞬きをする度に 

2006年04月30日(日) 23時52分
瞬きをする度に、頭の中で繰り返し流れる映像が巻き戻されて。
少しでも意識した瞬間から再び君は私の方を驚いた表情で振り返る。
私の目に映る全てのものを押し退けて、最後に君は柔らかく微笑む。
昨日からもう、そんな光景を何度見たことだろう。飽きもせず、ただひたすら君を追い求めるように、ただ繰り返しあの瞬間を思い出すよ。
君はいつも私の中にいて、君の言葉も毎日の様に聞いている、届く文字を何度も何度も読んでいるから、寂しくなんてない筈だった。
だけど、どうしてだろう。
昨日からたまたま見掛けた君の姿が離れなくて、我が儘な願いばかり膨れ上がって止まらない。
一分でも、一秒でもいい。昨日見たいに擦れ違だけの短い時間でも充分。
君に、逢いたくてしかたないの。
君の笑顔がほしいよ。



こんばんは、お久しぶりです。昨日、凄く良いことがありました。
昨日は私の通う高校の体育館で、バスケの地区大会があったんです。
バスケ部の友達に会える事を期待して、部活帰りに体育館を覗きに行きました。
そしたらそこに、賢治がいたんです。背が高くて、痩せっぽちで、いつも少し眠そうで優しい表情をした君が、
あまりに驚き過ぎて、名前を呼ぶ事も出来なかった私を見兼ねて、友達がちいさく名前を呼ぶと、賢治はすぐに振り返ってくれました。
そして凄く驚いた表情をして、少し時間が止まったきがして。目があった先の賢治は時間が経ってからゆっくりと笑ってくれました。
幸せ、でした。たった一瞬であっても、ああして君に会えた事が。君の笑顔を見れた事が。
メールで送られてくるどんな言葉よりも、君の笑顔は大きい、大きすぎると気付きました。
逢いたいよ。早く、少しでも多く。君の声が聞きたいよ。
君の声で、たくさんの話しを聞かせてほしい。くだらない私の話に相槌をうってほしい。私の名前を、呼んでほしい。

こんな幸せがいつまでも続いてほしいと、改めて神様に願い直しました。
やっぱり私は君の隣が何よりも好きだから。
どうかいつまでもその場所は、私の特等席であり続けますように。

今でも信じられないですけど 

2006年04月21日(金) 21時03分
昨日の夜9時頃に賢治にメールを送って、返事が返ってきたのが11時30分頃でした。
あー、駄目なんだろうなぁと思っていたのでほんとはメールも見たくなかったんですけど、やっぱり現実受け入れなくちゃ駄目だろう、と思ってみてみました。
そしたら・・・はい、まぁ。OK貰えちゃいました。
本当に今でも信じられないですけど、もう私が昨日気持ちを伝えられた所から皆信じられないんですけど、本当みたいです・・・。なんか夢を見ている感じ。
でも、今凄く倖せです。何をやっても楽しくて、辛い事も忘れられる感じです。
こんな日々が、何時までも何時までも続いていけばいいなと願って止みません。

私がこうして頑張れたのも、応援してくれる皆がいたからだと思います!
本当に、有難う。何度言葉にしても伝わりきれない位感謝してます。

今日から変わると決めたから 

2006年04月20日(木) 19時37分
うじうじ過去を見続けたって仕方がない事だと気がついていたけれど、でも前を見る勇気も今までもてなかった。
だけど、友香が気付かせてくれました。このままじゃいけないって、思わせてくれた。
大切な人に気持ちを伝える事は凄く勇気がいるし、簡単に出来る事じゃないけれど。
でも、大切な人に気持ちを伝えた貴方の顔は 誰よりも輝いてるよ。
同じ光を求めてる訳でもない 同じ輝きが欲しい訳でもない

傷つくことも 悲しむ事も 辛いけど 嫌いじゃないよ

怖いけど、怖いけどぶつかってみなきゃ始まらないと知りました。
此処からきっと弱虫だったあたしも少しずつ変われるのなら、君に向き合うよ。
泣きたい位の思いを 皆伝える

きっと泣いて帰ってくると思うから、そしたら支えてください(笑)

お久しぶりです 

2006年04月12日(水) 21時52分
入学式も無事に終え、毎日に追われる様にしながら過ごしてます。
授業も始まり、ともかく大変です・・・付いていけるのかと毎日不安に思ってます。進学率が去年過去最高まで上がったらしく、新入生にも期待して力入れてくれてます・・・お陰で大変なのですが。
でも充実してます。友達に見栄張って空回りしたりとかもしましたけど!
そんな時は毎日ゆずを聞いて癒されてます!力が出る!
なんか下らない日記ですね〜。生存報告みたい。
足跡、返せてなくてごめんなさい!時間が出来たら返します。
新生活で毎日くたくたなひと!一緒に頑張りましょうね!

難しいけどだから愛しい 

2006年04月05日(水) 18時03分
恋しい想いだけじゃどうにもならない事もやまほどあるけど、
その想いがなかったら知れなかった大切なものもやまほどあったよ。
だから、どんなに辛くてもそこには確かにかけがえのないもので満ちていたから。
貴方に恋していた過去も、君に恋してる今も手放せない。
そんな事に気付けた自分を、ほんの少し誇りに思うよ。

今千葉県にいます 

2006年04月01日(土) 17時09分
姉が今年から大学生で千葉の大学に進学を決めたので、引越しのお手伝いに来ています。
千葉は暖かいです。良い天気で陽射しが柔らかくて春っ!って感じです。
実家のある所は昨日も雪が降ってたので、尚更そう思います。本当は4月にもなるのに雪が降ってる方がおかしいんでしょうけどね!桜がもう咲いてるんですね。いいなあ!
早く家の近くにも咲くといいなぁ

最近はいろいろとあって忙しかったです・・・
高校の部活に参加したり、山ほど出た宿題に取り組んだり。
でも、それよりも頭を悩ましたのは亮太の言動でした。
卒業してからも、亮太とはメールを続けてました。他愛もない話しをしたりもしましたけど、1番多かったのは亮太の相談話です。
やっぱり彼は、元カノを忘れられないみたいです。
一途で、一つの事しか見えなくなるのは彼らしい事で、それも亮太の良さだと思ってます。少なくとも、私は。
だけど亮太からしたら、それは悩みの種みたいです。亮太は人を傷つけるのを嫌う凄くいい人です。だからいつも我慢をして自分の中に溜め込む事が多いんです。
ちさと別れた時、亮太は今まで楽しかったと言ったそうです。別れた時に全て終わらせるつもりで言ったと私に教えてくれました。
それも亮太なりのちさへの気遣いで、ちさが罪悪感を感じない様にとか、ちさがこれから先気負いなく恋してくれるようにとか、いろいろ考えたと言っていました。
だけどそこには亮太の気持ちが含まれてなくて、いつもみたいに我慢をしていたらしいことは、教えて貰わなくてもすぐわかりました。
亮太はさっきも言ったように一途で、溜め込む奴です。だから誰よりもちさが好きでも、迷惑をかける事を恐れて言えないんです。
それどころか、今自分がちさを好きな事さえにも嫌悪感を感じてると、よく言います。
好きな事は仕方がないと思います。無理をしたら簡単に切れるようなものじゃないと思います、恋は。
だけど亮太の話しを聞いていく度に、私はどんどん言葉を失ってしまいます。

よく考えたら、迷惑じゃないなんて誰にも言えないですし、口にも出来ない想いを持ち続けて、君に迷惑をかけてる私に何が言えたでしょう。
好きなだけなんて、綺麗事でしかないのかも知れないと、思ってしまいます。

初めて携帯から送ってます 

2006年03月28日(火) 21時37分
きちんと届いているのか不安です

心からおめでとう 何度も言うよ 

2006年03月15日(水) 21時23分
携帯の着信の音量を最大にしたの初めてでした。それだけじゃ不安で、バイブ設定にした携帯を手に汗をかくほど握ってました。
だから、君がこの携帯を鳴らしてくれたとき音と振動に凄く驚いたし、あんまりにも心臓に悪いと思いました。
只でさえ結果を聞くのにどきどきしてたのに、あんな事するんじゃなかった(笑)
でもそのお陰ですぐに君の合格を祝えたから良かったと思います。
久し振りにメールじゃなくて声で話したら、何だか子供に戻ってるような気がしました。
はしゃいで落ち着きなく会話をしていたからかも知れませんね。と言うかそうだと思います。
「やった」と繰り返し呟いて、何度も何度も「有難う」と言う君の声を聞く度に微笑んでしまいました。
腹から見たらきっと怪しい人だったんだろうなぁ・・・。
でもそんな事気にならないくらい、嬉しかったんです。
これでもうきっと、君との関わりもなくなってメールの内容も減ってしまうけれど、それでもいいです。
君が笑っていてくれるのなら、先のことは分からないけれど今は幸せです。
でも、ひとつ願ってもいいのなら、
時々でいいから、その笑顔が見たいです。
今も昔も、変わらず君の笑顔は私の力なんです。

いよいよ明日 

2006年03月14日(火) 22時25分
いよいよ明日、合格発表になります。
君の家庭教師をしていた時間は本当に少なかったけれど、心底心配してます。
合格したら、すぐにメールをしてくれるよう頼みました。出来れば電話も入れてくれるそうです。
もうこれで本当に、本当に終わるんだと思うと安心する反面哀しくなる。
手を振ろうって決めたくせに、いざ目の前から君と繋がる全てのものが消えるとなると、ね。
愛おしくて愛おしくて仕方がないものなんだね。
でも今は、受かってるといいと本気で思ってるから!
ううん、君ならきっと受かってるって信じてるから。
2006年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:bebebeat
読者になる
Yapme!一覧
読者になる