日々の積み重ね

December 05 [Thu], 2013, 8:40
いきなり信用しろといわれても信用できるはずがないですよね。信用とは日々の行いを積みかさねることによって築きあげられるもの。いきなり信用しろというほうが無理ではないでしょうか。怖くて手を出せないとの意見をよく耳にしますが、手を出さなければ怖くないのでしょうか。怖いものは怖いままですよね。それであればいっそのこと正体を確かめてみたほうがよくありませんか。知らないことほど怖いものはないのです。あまりにも数字が大きくなりすぎると引かれてしまうか、もしくは本当のことだと信じてもらえなくなってしまう恐れがあるのです。数字を提示する際はそのあたりも考慮してみてくださいね。どれでもいいわけではありません。人それぞれに合う合わないがあるのです。その人に合うものを見定める、そうしたところにセンスが問われるのではないでしょうか。すべてをかなぐり捨ててまで必死にならなければいけないときなど、人生にそう何度もあることではありません。そのときに備えて、十分に力を蓄えておいてくださいね。とりあえず付き合ってみよう、合わなければ別れればいいと始めた男女の関係がなかなか終わらないこともあるのです。終わらないのか、終われないのかは謎ですけどね。見抜く目を養うことができるのはやはり経験ではないでしょうか。たとえ経験がなくても情報を収集することで少しはフォローになりますが、それでも実際に経験をするのに比べれば見劣りしてしまうのが難点です。それなりの負担で利用できてしまうのであれば、それなりのものしか提供してくれません。稀にそうした当たり前のこともわからず、文句を言ってしまう人がいるのです。周囲がどれだけ制止しようとも本人が納得しているのであればそれが正解なのです。周りがとやかく口を出すような問題ではありません。反対を押しきってでも突きすすむのですからあっさりとは引き返してほしくないものですよね。

いくらでも近寄ってきてほしい

December 04 [Wed], 2013, 11:39
野生動物ほど厳格ではありませんが人間にもテリトリーがあるのです。これ以上近寄られると不快だと感じるゾーンがありますので気をつけましょう。若い異性ならいくらでも近寄ってきてほしいものですけどね。たとえ面倒なことであったとしてもそこにメリットがあると判断したのであれば時間と手間をかけてでも取り組むべきなのです。もちろんメリットがないと判断したのであればスルーしても構わないですからね。年齢に対するコンプレックスはなにも女性に限ったものではありません。男性の中にもサバを読む人がいるのです。結果として、実際の年齢に問題があるのではなく、サバを読むという行為に嫌気がさし嫌われてしまう場合が多いようですね。どうして必要なのか、その理由を理解しておかなければいけません。避けてとおることで生じる被害やデメリットも知らずに、逃げるが勝ちとばかりに逃げ回る、気づいたときには手遅れですからね。血のつながりがある親子関係であれば出来の悪い子ほどかわいいのでしょうが、そうした関係でもないかぎり出来の悪い子をかわいいとは思わないのです。早く成功をおさめて旅立ってほしいのが本音ではないでしょうか。金の切れめが縁の切れめ、どれだけ困窮していることを伝えたとしても受け入れてもらえることはありません。そもそも何でつながっていたのか考えればそうした終焉を迎えることはわかっていたはずです。同じ手法ばかり活用しているとワンパターン化してしまい最後にはマンネリへ陥ってしまうのです。一度マンネリに陥ると抜けだすのはとても大変ですのでそうなる前に対策をうつべきではないでしょうか。男性は女性を知る努力をするべきですし、女性は男性を知る努力をするべきなのです。なぜなら努力なしではわかりあえないほど両者の間には深い溝があるからに他なりません。同じ人間なのに性別が違うだけでここまで違うだなんて不思議だと思いませんか。早めに手をうっておけば簡単に解決できたであろう問題も、時間が経過すればするほど難解となってしまうものです。どれだけ手間がかかるとしてもやはり早めに手をうつべきなのでしょうね。

男性に依存しすぎ

December 03 [Tue], 2013, 11:19
ひとりの男性に依存しすぎてはいけません。極端な話、男性は好みの女性であれば誰でもいいのです。面倒な女だと思われてしまえば他の女性のもとへ逃げだしてしまうのが男性という生き物だということを覚えておきましょうね。もしかすると相手も声をかけてくれるのを待っているのかもしれませんね。お互いに待っているとすればどうでしょうか。何も進展することなく終焉を迎えておしまいですよね。希望は希望です。絶対に叶えてもらえるとは限らないのです。だからこそ希望には優先順位をつけておきましょう。そうしないとどうでもいいような希望ばかり叶えられてしまわれるのです。短いサイクルで移りかわる流行を必死に追いまわす必要はないと思いますが、最低でも傾向はつかんでおくべきではないでしょうか。一体、何年前の話?と驚くようなことを口にする人もいますからね。下ネタほどセンスを要求されるものはありません。いきなりストレートな表現をしてしまってはあまりにもセンスがないどころか、気持ち悪がられるだけです。それでは誰も誘いに応じてくれないでしょう。とにかく時間を惜しまないことです。それが成功の秘訣といえるのではないでしょうか。時間を惜しむのであれば成功を犠牲にする覚悟をしなければいけません。さまざまな情報を参考にするのはいいとしても自分の意見がないのは考えものです。理由を聞かれて、そのように書いてあったからと答えてもそれでは理由にならないですからね。同じような状況でも結果をだせる人はだしてしまうのです。そうなると問題があるのは状況などではなく、どのような対応をするのかその内容だといえるのではないでしょうか。自らのポリシーにもとづく必要などないのです。異性にモテるためにはなにをどのようにすればいいのか最優先にされてみてはいかがでしょうか。自己主張ほど邪魔なものはないですからね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:beautyselectshop
読者になる
2013年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/beautyselect/index1_0.rdf