はじめまして 

May 24 [Wed], 2006, 22:03
はじめまして、ゆうと申します。

普通(おそらく)の女の容姿向上計画・その他もろもろ(左のカテゴリー参照)を、徒然なるままに綴っていきます。


なお、記事は古い順から表示されますので、上から下に、もしくはカテゴリ・日別などから読んでいただくと読みやすいです。

【カテゴリ別】から読まないと、わかりにくくなります。
左上のカテゴリの中から選び、クリックして読んでいって下さいね。


ひとつのテーマを何回かに分けて他のテーマと同時進行で書くので、
日付順に読むとテーマがバラバラになり、訳がわからなくなります)





【このブログを読むにあたってのおねがい】
大変勝手ながら、バトン(に類するもの)はお断りさせて頂きます。

コメント大歓迎です。皆さんのコメントは励みになりますし、嬉しいです。できる限りお返事をしたいと思いますが、すべてにレスできるとは限りません。ご了承ください。

サイト・商品等の宣伝書き込みはお断りです。ブログに限り宣伝は構いませんが、ネット上での最低限のマナーを守り、できれば記事を読んだ感想を、ひとことでいいので添えてください。

ブログの他、(PC対応に限り)メルマガ相互も受け付けております。ただし、申し訳ありませんが、すべてのブログ・メルマガの相互ができるとは限りません(できる限り答えたいとは思いますが)。また、相互のお申し込みをされた場合、基本的に、相互可能な場合に限り、コメント及び相互リンクの貼り付けというかたちでご連絡にかえさせていただきます。

上記を激しく逸脱する行為・ネットマナー違反の行為・および悪質ななりすまし等の書き込みをされた場合には、書き込み削除・アクセス禁止にいたします。また、それでも改善しない場合等には、然るべき措置をとらせて頂きます。



    どうぞよろしくお願いします

むかしのわたし。1 【中学時代】 

May 25 [Thu], 2006, 23:14
中学生の頃、私は今とは比べ物にならないほど不細工だった。
少なくとも、そう思い込んでいた。



                                           

153センチ、50キロ。下半身が太いのがコンプレックスで、スカートなんて履けないと思い、いつもジーンズ。
色白だったけど、にきびがあってほっぺが赤かった。
家族や親戚は「色が白くて綺麗な肌」といってくれたけど、にきびで赤くてどうしようもない汚肌だと思い込んでいた。
歯並びも悪くガタガタ。目は奥二重だし、声は低いし、自分の仕草や雰囲気まで、コンプレックスの塊だった。

視力が悪く目つき悪。メガネなんてかけたらブスが増すと思い込み、視力0.3で過ごす。

結果的に、体育のボール競技は全滅。まともにできる体育は水泳やマラソンだけ(走るのと泳ぐのは得意だった)。引っ込み思案になる。

おどおどした態度からだろう、陰でデブスといじめられ根暗に。それがますますキモいと言われる。



自分なんかが目立つお洒落したら嫌われる。
目立っちゃいけないんだと思い込んでいた。



髪型を変えて登校し、クラスの可愛い女の子に
「ゆうちゃん、髪どこで切ったの?私とおんなじ髪型だから、おなじ美容室かと思って」
と言われたその日。

…私は 浴室でハサミを持って、髪を切り落とした。
シャギーの入ったボブから、地味なおかっぱにした。

自分なんかが、あの子と同じ髪型をしたら、あの子が嫌がる。
そう思ってやった。

次の日、彼女が恐る恐る
「え…また髪切ったの?」
と、居心地悪そうに聞いてきたが、私はこれで良いんだと言い聞かせた。

むかしのわたし。2 【転機】 

May 25 [Thu], 2006, 23:51
しかし、学校や学習塾で、視力が悪いことを理由にいつも一番前の席にいたことが功を成したのか、テストの成績は良くなっていった。

抑圧された中学生活のストレスを解消するかのように、私は、勉強にうちこんだ。

といっても、学校そのものが大嫌いになったので、専ら学習塾での勉強だったが。
塾には同じ中学の子がいないので、のびのび勉強できた。塾友達もできたし、アットホームかつ体育会系な教育方針は、自分に合っていた。

服装などで反発・解消ができないぶん、学校の宿題などはいっさいやらず、教師とはほとんど関わらず、それでもテストの成績はトップクラス、常に偏差値 65以上、というスタイルを貫いた。
(…今思うとすげー嫌な子だな)


必然的に、高校生活への憧れを抱くようになる。



高校生になったら。。中学の同級生は少なくなる。

良い高校へ行けば、私服で(私の地域では進学校ほど校則が緩く、私服のところが多い)、
中学の同級生たちの目を気にせずお洒落美容ができる。
私を苛めてきた変なギャルくずれの女もいない。

もっと頑張って、学区外の私立の進学校へ行けば、新しい私になれるかもしれない。




変わりたい。

勉強だけでなく、お洒落をして、キラキラ輝いたひとになりたい。
女の子であることを楽しみたい。
これから変わっていって、10年後には、子供の頃思い描いていた綺麗なお姉さんになりたい。
こんな私でも小学生の頃はそれなりに可愛かったし、頑張れば変われるんだ。

中学生になってからはじめて、そう思った。


…まあ今思うと、中学の時は思春期特有の 自意識過剰 がひどかっただけ で、そんなこと気にせずにお洒落していれば、スキルも積めて良かったんだけど。
いじめられるのも、自分がキモいからだと思い込んでいたから、いろいろいじくるのが怖かった。
スカートの丈を変えるのも恥ずかしかったし、ファッション雑誌を手に取るのさえ、もしも同級生ににそんな姿を見られたらバカにされる、と思って、なかなか勇気が出なかった。

むかしのわたし。3 【mcシスターとの出会い】 

May 25 [Thu], 2006, 23:52
手始めに、ファッション雑誌を読もうと思いたった。

女性向け雑誌といえば、小学生の時にピチレモン(今もあるのかな?)を買って以来。

ファッション誌コーナーに立ち寄るのも恥ずかしかったため、どんな雑誌があるのかすらわからなかった。
なので、塾で一番仲良しの女の子に聞いてみた。

その子は明るくてお洒落な優等生。何故わたしと仲良くなったのか謎だが、
塾には私と同じ中学の子がいなかったので、学校に居る時より、ずっとのびのびしていたからだろう。
もともと、小学生まではごく普通の子だった訳だし、塾はたのしかった。


「ねえ、どんな雑誌読んでる?」
MCシスターずっと読んでる。一番気に入ってるんだ」

彼女は、ほんとうに大切なひとを紹介する時のような優しさで答えた。
その答え方で、彼女がどれだけその雑誌を気に入っているのかがわかった。


                    

中学3年の春。「mcシスター」の文字を頼りに、書店へ走った。
思い切って買ってみた。

今でもその号のmcシスターはとってある。お洒落な紙面デザイン、古びないファッション、堅実な記事作り。7年経ったいま読んでも色あせない。
当時の私にはもう全てがお洒落で目新しくて、1ページ1ページくいいるように読んだ。


いま思うと、あのとき初めて手に取った雑誌がシスターで、本当に良かったと思う。
これがもしキューティーやジッパー、ポップティーンなどの派手目で初心者には難しい雑誌だったら、私はきっと、取り返しのつかない変な方向に走るか、容姿向上計画に挫折して、あのまま地味な女の子だったかもしれない。

その友人には、本当に感謝している。

昼夜逆転? 

May 26 [Fri], 2006, 5:18
ああああぁああやってしまった


徹夜。


というか夜眠れなかった。

ぱそこんという便利な箱を、この春一人暮らし始めたと共に購入しネット開通したんだけど、
気になることがあると ついつい時間を忘れてネットダイブの世界に入ってしまう。
せっかくゆうべ、ノヴウォーター(化粧水スプレー)で水分補給して、ガスールパックで角質つるつるにしたのに、
意味ない。。ぜんぜん意味ない。。。

昨日も実は10時に「ちょっとうたたね…」のはずが、5時頃まで爆睡してしまい、

「いかん!!!日光を浴びなければ体内バランスが狂う!!!」

とばかりにあわてて飛び起き 基礎化粧と下地【ラフラのスキンケアベース】のみで外出。

ドラッグストアの鏡で見た自分の顔色の悪さと乾燥具合にびっくりし、上のふたつの製品をお買い上げ。

いま、私の基礎化粧は、ラフラを主に使っている。

ラフラは、   「肌に付ける化粧品は少ないほうがいい」
というポリシーで、基本的に クレンジングバームで洗顔&クレンジングをした後には、ゲルのみのお手入れ。
めんどくさがりにも非常によろしいうえ、色々とライン使いをしていた頃よりも調子が良い。 しかもお値段もそこそこリーズナブル。

これだけでもいいのかもしれないけど、やっぱり肌が疲れているときには、ゲルの浸透具合がイマイチだったり、乾燥したりする。私はコメドがひじょーに気になるので、毛穴ケアもしたい訳で。

毛穴ケアパックで肌に優しいのは、ガスールパックだと思うだな。
でも、これ、前も使ってたけど、泥になるまで待つのめんどくさいんだよね。 洗い流す時もポロポロしてやりにくい。
でもまあ、添加物とか少ないし、ちょっと気をつけて使えばいっか。

ノヴのウォーターは、霧が細かくて使いやすい。
クレンジングバームで洗顔した後に、これをシューしてからゲルを塗ると、綺麗に浸透。化粧後のミストにもよさそう。 髪にも顔にもふりかけてる。

今日のバイト(エステ)に、持って行きます。

わたしのうち。1 【最初に】 

May 26 [Fri], 2006, 8:07
 …最初にこう書きだすと とても、とても嫌味に聞こえるかもしれないが、どーかひろい心で読んで頂きたいです。

 私は、どうやらお嬢様っぽく見えるらしい。

あっっ!いまプッって言った!!

ごめん。本題はこんなことじゃないから、もう少し読んで。

通っている大学が 結構歴史の深い、付属の中高がある私自身は付属あがりではないが私立・文学部であったり、
服装の好みがガーリー系だったり説明すんのメンドクサ。2chで検索でもしてくれ
するからかもしれない。

 しかし

 そんなことはまっっtたくない。
 謙遜抜きで。

 でも、私のうちは、普通の家庭でもなくなってしまった。

だからいいとこのお嬢さんっぽいなんて言われると、その度に、もどかしい気持ちになる。
(お世辞なんだよーとか、ケッッ バカジャネーノ なんていうツッコミは無しで。)

そう言われるってことは、自分の家庭に関することで経験したものが 何一つ身に付いていないのではないのだろうか、などと思ってしまって。

違うの、そんなんじゃないのよ、と、全てを打ち明けてしまいたくなって。

いたたまれない気持ちになる。


                                                  

私の家庭は、たしかに、ごくごく普通 の一般家庭だった。

父親は 名前だけなんとか一部上場したような企業の課長クラスの会社員で、
母親は たまに近所にパートに出て、
郊外に土地付き一戸建てを30年ローンで買って、小さな庭には中古で買ったトヨタの車があって。
月末の土日には、すこし離れた祖母の家まで、父の運転する車で出かけた。
長期の休みには、家族そろってささやかな国内旅行に行った。


どこにでもある「カゾク」の肖像画のような家庭だった。

16才の冬までは。

わたしのうち。2 【平成16年6月16日】 

May 26 [Fri], 2006, 8:09
私の父は、一週間、行方不明だった。


見つけてくれたのは、隣の市の警察官。
人なんて滅多に来ない、電燈もない 山奥の田舎。
小学校脇の空き地に停まった、車の中だった。

フロントガラスに、家族の写真を貼って、排気ガスを引いて。

眠っているように見えた。
でも、もう起きる事は無かった。

退職金で完済できたはずの借金
かなり後で、まだ闇金からの物が残っていた事が分かる
に悩み、痩せていた筈だが、一酸化炭素で浮腫んだからか、昔の父のようにふっくらとして見えた。

ほんとうに、眠っているようだった。
まるで、すぐ起き出してきそうだった。
昔のようにわらって。


もうすぐで、あの季節はずれに暑い日から 二年になる。


父が家を出た日、最後に言葉を交わしたのは私だ。

いつも通り、行ってくるからって。
私はろくに顔も見ずに、わかったと言っただけだった。
どうしてちゃんと、顔を見て話さなかったんだろう。
どうして一言、  どこにいくの  って聞かなかったんだろう。


少ない遺留品のなかには、一週間の足取りを示すものは、なにもなかった。
全部、捨てておいたのだろう。

七日間。
父は、何を見て、何を聞いて、何を思ったんだろう。

遺書には、おそらく一酸化炭素中毒で震えた字で、こう書いてあった。
○○○(母の名)は、何も、悪くありません。
 ○○(兄の名)、○○○(私の名)、ごめんなさい。
 あなたたちの子供を見たかったけれど、
 もう一人の悪い自分に勝てませんでした
 


もうひとりのわるいじぶんにかてませんでした



わたしは、ひとりの女性として、また、娘として、
父のもう一人の自分の姿を追い求めなければいけないのだろうか。

父親が亡くなったことは、ごく近所の人に 心筋梗塞だ と 嘘をつき通した以外、誰にも話さなかった。

化粧品の選び方 

May 26 [Fri], 2006, 8:31
外資系の化粧品は、あるていどの成分と雰囲気で選ぶものなんだろうなあと思う。
パッケージの可愛らしさとか、ブランドイメージとか。
色物とか何かのアイテムが気に入ったから 選んで買う、というのは分かるし、ファンデと下地なんかは相性があるから1ブランドにしたほうが良いのだろうけれども、
しかしそれにしても、基礎から何から全てを1ブランドで全部固めるのは、いかがなものかと。

    自己満足だ自己満足。パッケージに騙されてるんだ。

同じゼミに、
今まで一切化粧したことがなくて、就職活動を機に 化粧品一式全て(化粧水からビューラーからアイライナーまで全て(!))を
BAの押し売りで悪名高い マリクワ (きっとあまり知らないのをいいことにいろいろ買わされたんだろうな)  
で揃えた人がいるけど、そういうやりかたはあんまり素敵だとは思わない。

そのひとは、資生堂のまゆ墨の200円らしからぬ優秀さも、ファーバーウィッグの落ちなさもしらずに、倍ちかい値段のするマリクワを使っている。
本人がそれならそれでいいのかも知れないけど(揃っていると見た目に可愛いしね)、
ちょっともったいないなあ、という気もする。

確かに、失敗は少ないかもしれない。

でも、洋服と一緒で、「自分に似合うものを選ぶ楽しさ」「見つける手間」を惜しんではいけないと思うのね。
 「こなれ」なんていう言葉もあることだし、普段から、BAさんや雑誌などの情報を取り入れつついろいろ試して 試行錯誤していけば、そのひとに合った化粧が無理なくできるようになるんだと思う。

 
まあ、それは外資だろうとファンケルだろうとラフラだろうと一緒で。

私は今のところ、基礎はファンケルやラフラで 色物は気に入ったもの(イプサやルナソルがすき)で遊んでるけれど、
肌の調子が変わったり、立場が変わってメイクを変えなくてはいけなくなる日が急に来るかもしれない。


そんなときに、自分にあったものを選べる柔軟性と、化粧品への正しい知識は、忘れないようにしたい。

わたしのうち。3 【閑話休題】 

May 30 [Tue], 2006, 3:33
このブログを作るにあたり、去年やおととしの日記を見直したりしているのだけれど、それと同時に 日記には残されていない様々な事を思い出す。


朝早くに警察から連絡が入り、父が家に無言の帰宅をする前。
私ひとりが家に残り、掃除と支度をすることになった。
私は、極めて冷静に、そして丁寧に掃除をした。
ショックなんて受けている暇はなかった。
とにかく、きちんときれいに父を迎えよう。取り乱して散々な状態で見送るなんて可哀想だから、と思ったこと。

葬儀屋さんに、「どこの病院からくるんですか」と聞かれて、答えられなかったこと。

大学に、死亡届を添えた忌引き届けを出すのがいやで、ずるずる引き延ばしたこと。

自宅での通夜を終え 夜通しでお線香をあげる間、父方の親戚の一部の人達が延々と飲み騒いでいたこと。
うるさくて、私と兄と母は交代で二階へ逃げていたこと。

今でもいちばん私の耳に残っている父の声は、最後に言葉を交わした
「行ってくるから」
耳に残っている、というより、耳から離れない。



先日、父の3回忌を終えた。
(2年目は3回忌として数えるらしい)

母と兄、私、母方の親戚一家のみで、自宅でささやかに行った。

父方の親戚は、葬儀と1回忌に来たのみだった。

父のお骨は、母方の祖父の宗派のお寺に眠っている。

6月ですね 

June 02 [Fri], 2006, 4:33
最近バイト代が入ったので、まつげパーマをかけて、髪を切ってきます
あー楽しみ。

夏服も買いたいし

今の時期は何を着るか悩みどころですが。
小さなドット柄の紺色の膝丈フレアースカートに、白いブラウス(ちょっとだけレースがついたようなの)をタックインなんて、可愛いよなあなんて 冬から(早っ)計画をたてていたら、


キャンキャンでえびちゃんが着ているのを発見。
ナチュラルビューディーベーシックで店員さんがこぞって着ているのを発見。

なんですか、今期はこーいうのが流行っちゃうんだすか。

また春先の「Gジャン+白ふわスカート+(カチューシャ)+ミュール+(サマンサのバッグ)」並みに増殖するんだろーか


それでも、ずっと計画を練ってきたし、好きだから着るんだけどねっ。

足元は肌色か薄ピンクのヒールの高いストラップサンダルで、髪はアップかゆるく内側に巻く。
パールか、ゆらゆら揺れるタイプのシンプルなピアス。
メイクは、目元はカラーレスでアイライン長め、ピンク系の口紅にチークで。 ブルー系のシャドウだと、スナックのチーママの休日になりそうで怖い。
バッグは、カチッとしたかごバッグ(持ち手が革とかの)か、レトロなボストンタイプ。
オールドグッチのハンドバッグなんかでもいいかも(持ってないけど)

イメージは、恐れ多くも原節子。
本当はオードリーと書きたかったけどやめておく。
古き良き昭和のお嬢さん。清楚で涼しげなファッション。
でも、一歩間違えると ただの事務服かやぼったい地味な人かほんとに昔の人になるので、髪型や小物に注意しなきゃいけない。
流行るなら尚更、中の人の資質や着こなしが問われるわけで。
原節子とは言わずとも、きれいに着こなせるように自分を磨いておきます。

皆さんは、今年の夏はどんなファッションで過ごしますか?
カテゴリ別 【注※こちらから選んで読むことをお勧めします】
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

【comment】
アイコン画像LUKA
» 6月ですね (2006年06月04日)
アイコン画像たんちゃん
» 化粧品の選び方 (2006年05月30日)
アイコン画像
» 化粧品の選び方 (2006年05月29日)
アイコン画像2
» 化粧品の選び方 (2006年05月29日)
アイコン画像774ch
» 化粧品の選び方 (2006年05月27日)
アイコン画像ランホー
» わたしのうち。2 【平成16年6月16日】 (2006年05月27日)
Yapme!一覧
読者になる