コンタクトレンズの購入方法

November 07 [Sun], 2010, 0:25
コンタクトレンズはメガネと違い医療機器です。購入する為には眼科医の処方が必ず必要になります。 眼科医の処方を受けてこそ自分の目に合ったコンタクトレンズを使用する事ができ、だからこその効果を期待する事が出来ます。自分に合わないレンズを使い続けてしまうと、目に傷を付けてしまったり目の病気を引き起こしてしまったりと言う事になってしまいます。そうならない為にも正しい検査を受けて処方してもらう必要が有るのです。 では以下にコンタクトレンズを購入する為の方法をご紹介します。 【問診】 眼科医が目の状態をチェックし、コンタクトレンズが使用可能かどうか、使用出来るとしたらどんな種類のコンタクトレンズが適しているか問診をします。 【視力検査】 視力検査をして、コンタクトレンズの度数を測ります。 【各種検査】 細い光りを使用して、目の状態をチェックします。虹彩や水晶体は生体顕微鏡を使用してチェックしていきます。 角膜の形状や歪み等をチェックして、どのコンタクトレンズが適しているか選ぶ資料にする為のデータを取得します。 また、涙の質と量を測定します。 【試着】 試しにコンタクトレンズを装着して異物感がないかどうか、レンズの動きや視力の動きを確認します。ここまでクリアされたら処方完了です。 【購入】 眼科医が検査を基に処方しますので、それを持ってコンタクトレンズを販売している所に持って行き購入しましょう。 この工程を行う事で、自分に合った正しいレンズを購入する事が出来ます。