美肌のための正しい洗顔法 ♪ 

2006年03月01日(水) 13時41分
  毎日のスキンケアの中でも一番大事な洗顔。

洗顔で手を抜いてしまうと、肌荒れ、ニキビ、乾燥などのトラブルの原因になってしまいます。

メイク、汚れ、余分な皮脂をキレイに落とすことでその後のスキンケアが有効になります。

そのためにも、ぜひ正しい洗顔法を実践していきましょう

   

     美肌のための洗顔法

1. 髪の毛が肌に触れないようにしっかりとヘアバンドやピン、ゴムなどで  まとめておきます。
   髪の生え際には洗い残しが多くニキビが出来やすい場所なので洗い  やすくスッキリとまとめてしまいましょう。

2. 手や爪の汚れを落としておきましょう。
   
3. ぬるめのお湯(30〜40度)で顔を素洗いします。よ〜く濡らしておきま  しょう。

4. ここで洗顔料を十分に泡立てます。泡立てネットを使用するとより泡立  てやすくなります。
   
   キメが細かい泡が理想です。たっぷり泡立てましょう。

5. 皮脂の多い部分(おでこ、鼻)から泡をのせて中心から外側に向かっ  て円を描くように洗っていきます。
   この時、泡を転がすように、優しく指が肌に触れないくらいの力加減で  伸ばしていきます。
   すみずみまでしっかりと洗いましょう。

6. 洗い残しがないように十分注意しながらぬるま湯で洗い流していきま  す。
   髪の毛の生え際、あごなどもきれいに洗い流します。
   すすぎは入念に行ってください。

7. 洗顔後、タオルは肌触りの優しいものを使用しましょう。
   ゴシゴシと拭くのではなく、優しく押さえて水分を取ります。

8. 肌が乾く前に化粧水をつけましょう。その後スキンケアに取り掛かりま  す。


洗顔前に蒸しタオルや、入浴などで毛穴を開いておくとより効果的です。

毎日の丁寧な洗顔で美肌を作りましょう 
   

ハイドロキノン☆ 

2006年02月15日(水) 10時34分
いろいろなファッションやコスメ雑誌にも取り上げられ
だんだん世間に浸透してきたハイドロキノン

皆さんもうお試しになりましたか?

ハイドロキノンは格段に高い美白効果をもう成分で、米国では肌の漂白剤と言われています美白成分の中では最も効果的です

ハイドロキノンはしみの元になるメラニン合成のもとになるチロシンに似ているため、チロシンの代わりにメラノサイトに取り込まれ、メラニン合成を邪魔し、さらに既にできたメラニン色素を還元作用で白くする働きがあります。

しみだけでなく、産後乳輪の黒ずみ、ニキビ痕の色素沈着でお悩みの方にもお勧めです


またケミカルピーリングやレチノイン酸配合クリームとの併用は効果がさらに高まりますよ

*2001年の化粧品規制緩和以降コスメにも配合されるようになりましたが、従来は医師のみが扱える成分。間違った方法で使用するとトラブルを招くことがあります。クリニックでの診察後にご利用になることをお勧めします。

リジュビネーションクリーム 

2006年02月13日(月) 21時32分
皆さん リジュビネーションクリームって聞いたことありますか

日本では東京大学から普及した治療法で、専門の美容外科や皮膚科でしか扱っていない、要するに いまはやりのレチノール高配合のクリームのことです
(米国では若返りの薬として広く普及しています)

作用としては・・・
1.角質をはがします。
2.表皮の細胞をどんどん分裂・増殖させ、皮膚の再生を促します。
(約2週間で表皮が置き換えられます。)
3.皮脂腺の働きを抑え、皮脂の分泌を抑えます。
4.真皮でもコラーゲンの分泌を高め、長期的には、皮膚の張り、小じわの改善をもたらします。
5.表皮内でのヒアルロン酸などの粘液性物質の分泌を高め、皮膚をみずみずしくします。

なんだかいいことづくめだと思いませんか

市販されている美白クリームしわ防止クリームなどの効果とは比べ物にならないほどの効果なのはもちろん言うまでもありません



にきび痕やニキビ、しみ、細かいしわなどに悩んでいる方は一度お試しになってはいかがでしょうか?

(注)現在、多くの化粧品会社からしわに効果があるとしてレチノールやレチニールエステル配合のクリームが1-2万円程度で市販されておりますが、医療用の約100分の1の生理作用しかないため、実際には臨床効果がなく、単なる保湿クリームという位置付けになります。

2006年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Coment
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:beautycolumn-a
読者になる
Yapme!一覧
読者になる