ピエラレジェンヌ セラムとは

September 27 [Tue], 2011, 14:41

【ピエラレジェンヌのユーザーより】
セラムとは、医学用語では本来「血清」を意味しています。細胞培養の際に血清が重要な役割を果たすことから、「皮膚の細胞再生をうながす機能あるいは美容液」を表します。ピエラレジェンヌのユーザーより。

【ピエラレジェンヌのユーザーより】
セラムという名前が使われている化粧品には、皮膚の新陳代謝や保水性を向上させるコラーゲン・組織成長に不可欠なプラセンタエキス・大豆抽出のイソフラボン・保湿成分のヒアルロン酸・美白成分のアルブチンなどが含まれ、美白やアンチエイジング(抗加齢)効果を前面に出している。セラムの原料は、動植物からの有効抽出成分、すなわち細胞液や細胞間液由来の天然成分が多いため、乾燥肌・敏感肌の人のケアによいといわれる。但し、天然成分はアレルゲンにもなりやすく、カウンセリングを必要とする場合もある。ピエラレジェンヌのユーザーより。

<肌の乾燥>
【ピエラレジェンヌで対策】
肌の乾燥も小じわ・ちりめんじわの最大の原因のひとつ。目元の小じわや目の下のちりめんじわなどは、乾燥による小じわの代表例です。 肌表面の角質は乾燥すると薄く硬くなり、弾力が失われてしまいます。弾力を失った肌は、表情の変化や外部の刺激にとても弱く「癖」がつきやすい状態になっています。また、乾燥した肌の表面はひび割れていて、お肌の水分や保湿成分が逃げ出しやすい状態になっています。このまま放っておくと肌の内部にまでダメージが及び、小じわ・ちりめんじわどころの騒ぎではなくなってしまいますので、小じわやちりめんじわのケアは早期発見早期解決のケアが大切です。-ピエラレジェンヌ-

◇小じわ・ちりめんじわ対策「保湿をしっかり」
【ピエラレジェンヌで対策】
小じわ・ちりめんじわに気がついたらすぐに、保湿力の高い美容液やクリームで毎日お手入れしてあげましょう。初期の段階で気が付いて、しっかりと保湿してあげることで多くの場合、改善に向かいます。簡単には改善しなくても、焦らず慌てず、じっくりとケアしてあげてください。お肌は必ず応えてくれます。
「これくらいならまだ大丈夫」と油断しているとあっと言う間に進行して「末期じわ」に早変わりなんてことも。小じわやちりめんじわを発見したらその夜のスキンケアから集中保湿を開始してくださいね。-ピエラレジェンヌ-
【ピエラレジェンヌで対策】大切なのは肌の水分量を増やすこと。乾いて硬くなってしまった肌を沢山の水分でたっぷりと満たして柔らかくしてあげてください。満タンになるまで水分と保湿成分を注いだあとは、乳液やクリームといった油分系コスメの出番。夜寝る前、気になる部分にベタっとするくらい多めにつけてあげましょう。たっぷりの水分をたっぷりの油分で閉じ込めてあげることで、翌朝のお肌が見違えます。-ピエラレジェンヌ-

◇角質コントロールと保湿サプリで効果UP
【ピエラレジェンヌで対策】「最近、化粧水が肌に入っていかない。」こんな風に感じている方も多いので社内でしょうか?
その原因は肌のバリア機能にあります。肌の乾燥・ホルモンバランスの乱れ・ストレスなどと闘う大人の肌は、自分の身を守るために「角質」を厚くすることで、バリア機能を高めようとします。その結果、スキンケアまでもが角質のバリアに阻まれて、肌に浸透することができないというジレンマに陥ってしまうのです。
ときどきピーリング剤や酵素洗顔料で古い角質を取り除いてあげると、水分や美容成分の吸収力が高まるのでオススメです。-ピエラレジェンヌ-

【ピエラレジェンヌで対策】
また、厚くなった角質にしみこみやすい処方で開発されたブースター美容液を使うのも大変効果的です。一般的なスキンケアでは届かない肌の奥底まで浸透し、あとから使う化粧水や美容液の浸透を高めてくれるので、肌の中まで潤いを届ける事が出来ます。
また 保湿化粧品と同じくらい大切なのは食事の内容です。保湿に適したサプリ等もあるので積極的に取り入れて、上手に肌の調子を整えましょう。-ピエラレジェンヌ-
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:たくなか
読者になる
2011年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/beauty-navi/index1_0.rdf