シミの原因である活性酸素を除去するSOD酵素

June 20 [Mon], 2016, 11:56
現代社会を生きていく身としては、体内には人体に悪影響を及ぼすというケミカルな物質が取り込まれ、更には自らの体内でも老化を促進する活性酸素などが発生していると報じられている。 メラニン色素が多すぎるとシミになる通常の日焼けであれば、新陳代謝によって肌の細胞は生まれ変わるので、やがて元の色の肌へと戻ります。ところが、あまりにもメラニン色素がたくさん作られてしまうと、新陳代謝が機能しきれず、色素が残ってしまうことになります。これがシミの正体です。年を取るとシミができやすくなるのも、老化によって新陳代謝の機能が弱まっているからです。もう1つ、シミができやすい理由としては、過脂化を挙げることもできます。活性酸素は、皮膚の脂質を酸化させることもあります。こうしてできた過酸化脂質は、自然に体内から排出されることがほとんどないため、蓄積されていくことになります。過酸化脂質となった部分にメラニン色素が集まってしまうと、新陳代謝がうまく機能せず、シミの温床となりがちです。近年、美容・健康に関心のある人の中では「抗酸化」というキーワードが有名になっています。それに合わせるように、「SOD酵素」という言葉を耳にする機会が増えたという人も多いことでしょう。SOD酵素は、正確には「Super Oxide Dismutase」といい、「活性酸素を除去する酵素」という意味です。もともと人間の体内に存在している酵素でもあり、体細胞が酸化するのを抑えてくれる働きをもっています。SOD酵素はもともと体内に存在する酵素です。しかしながら、酵素は一生のうちに作られる量があらかじめ決まっていると言われています。年齢を重ねるごとに生成される量が減りますし、その力も弱まっていくことがわかっています。そこで、SOD酵素はなんらかの形で外部から取り入れる必要があります。ところが、SOD酵素を日常的な食事の中から摂るのはあまり現実的ではありません。SOD酵素を含む食品は、ルイボスやアシタバなど、あまり食卓に馴染みのないものばかりだからです。

■参考サイト
美容とデトックスのはてな
東京デトックス
アンチエイジングネットワーク

アトピーの素因:家族の病歴・既往歴(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー性皮膚炎(あとぴーせいひふえん、atopic dermatitis)の内一種、若しくは2つ以上)、IgE 抗体を生み出しやすい要因、等。 現代を生きていく身では、体の中には人体に良くない影響を与えるケミカルな物質が蓄積され、その上己の体の中でもフリーラジカルなどが次々と生産されていると喧伝されているらしい。 内臓矯正(軟部組織マニプレーション)とは周辺の筋肉や骨が誘因で位置が不安定になった内臓を元来の場所にもどして内臓の作用を良くするという方法です。 よく女性誌や美容本には、小顔になる、肌がきれいになる、痩せる、デトックスされる、免疫の向上など、リンパの流れを良くすればすべてOK!などというフレーズが軒を連ねている。 化粧の悪いところ:うっかり泣いてしまうと修羅そっくりの恐ろしい顔になる。ちょっと多くなっただけでケバくなって台無しになる。ごまかすのにも限界というものがあること。 慢性的な寝不足は皮ふにはどのような悪影響をもたらすかご存知ですか?その答えのひとつは肌のターンオーバー(新陳代謝)の乱れ。正常なら28日単位である肌の生まれ変わるサイクルが遅れがちになります。 湿疹などが出るアトピー性皮膚炎の原因には、1.腸内や表皮、肺、口腔内等の細菌叢(フローラ)、2.遺伝的要素、3.栄養面での原因、4.環境面での問題、5.その他の要素の意見が挙げられるだろう。 昼間なのに、いつもはあまり浮腫まない顔や手に酷いむくみが見られた、十分寝ているのに下肢の浮腫が取れない、といった症状は疾患が潜んでいる可能性があるのでかかりつけ医の診察が必要でしょう。 化粧の短所:皮膚への影響。毎朝の化粧が面倒くさくてたまらない。化粧品の費用がやたらとかさむ。メイクで肌が荒れる。何度もメイク直しや化粧をする時間の無駄遣いをしていると感じる。 湿疹や掻痒に悩まされるアトピー性皮膚炎の主因として、1.腸内や皮膚、肺、口腔内などによる細菌叢(フローラ)、2.遺伝的な原因、3.栄養面での素因、4.環境面での要因、5.1〜4以外の学説を列挙することができる。 アトピー主因:家族の病歴・次の既往歴(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー性皮ふ炎(あとぴーせいひふえん、atopic dermatitis)のうち一種、若しくは複数)、IgE 抗体を生み出しやすい原因、など。 形成外科とは異なり美容外科が損壊などのない健康な身体に外科的な侵襲を行う美容のための行為であるのに、安全性への意識がなっていなかったことが大きな元凶としてあるのだ。 思春期が終わってから出現する難治性の“大人のニキビ”が徐々に多くなっている。10年という長い間しつこい大人のニキビに四苦八苦している女性が専門の皮膚科クリニックを訪問している。 美白用の化粧品であることを容器などでアピールするためには、薬事法を管轄する厚労省の認可が下りている美白物質(よくあるのはアルブチン、こうじ酸の2つ)を使用している必要があるということです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:高橋瞳
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/beauty-body/index1_0.rdf