なぜ自殺はいけないのか 

April 02 [Thu], 2009, 5:16
なぜ自殺はしてはいけないとされているのだろうか。


現在の日本においては、「自殺はいけない」というのが一般的な倫理観である。


しかし、それはなぜか。


自殺はダメというのはよく聞くかもしれないが、その理由をはっきりと聞くことはないのではないか。


この倫理観から、


「生きたいのに生きられない人に申し訳ない」


「せっかく産んでくれた親に申し訳ない」


「死んだらそこで終わり」


というように、さまざまな理由を押し並べはするものの、結局これといったものはない。


死んだらそこで終わりっていうけど、なにが終わるのか。


誰も死後のことなど分かるはずもない。


それなのに死んだら無に帰すという考えはいささか矛盾を感じえない。


死んだあとはどういうものかを証明さえされればいいのだが。


また、自殺をどうとらえるかは命が一体誰のものなのかを考えることにつながるだろう。


仮に自分のものであれば、その命を自分でどのようにしようと本人の自由のはずである。


それこそ、命を大切に生きようと、命をそこで終わらせようと…


逆に産んだ親のものであるとした場合は、自殺はいけないことになる。


しかし、親による子供の虐待や殺害は肯定されることになる。


親のものなのだから。


このように命を所有という観点からとらえると、自殺の問題とは非常に難しいことがわかる。


話は変わるが、日本では自殺が美とされることもあった。


武士の自決や、殉死などがそれにあたる。


武士が自決を選んだのには、討ち取られることを恥とする文化があったからである。


殉死の場合は、重臣であればあるほど殉死しなければ臆病者とされたり、不忠者とされた背景があるからである。


つまり、自殺が肯定されるには世論が大きくかかわっているのであって、


現代の日本のように、理由ははっきりしないが、自殺は良くないという風潮である以上は、


自殺は肯定されえないということである。


しかし、それは自殺の本質をとらえているとは言い難く、自殺志願者の心変わりを狙うのは難しいと思われる。


したがって、自殺はなぜいけないか、その理由を明確にする努力がなされる必要があるのではないだろうか。


このコラムは、自殺を肯定するものでも奨励するものでもありませんのでご了承ください。
2009年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ