河合塾の鈴木悠介は国語担当に!?

May 31 [Sat], 2014, 23:34
投資する株だけでいいと、株式の変化だけを注意する状態では、為替市場の変化を原因として株価が上下した場合、その上下の原因にたどり着けず、その後の投資に対処できない可能性が高い。
【学習】スキャルピング:デイトレード(1日に複数回の取引を行う売買手法)の中でも、特に数秒とか数分の間に1,2ティック株価が値動きしたのを知ると売買も反対決済も成立させる取引のことを称して「スキャルピング」(簡略に「スキャ」「スキャル」とも)呼ぶのである。
【投資の前に】株式投資では、普通は信用取引ではなく現物取引(投資金額の範囲での取引)による長期的な投資をするような取引のスタイルを使えば、巨額の危険性がほとんどない状態で投資による運用が可能である。
【解説】カバード・ワラントの中には、ゴールドマン・サックスが販売するeワラントだとかポケ株ワラント(株そのものを買うのではなく株を売買する権利)などの独特の商品があり、基本的には僅少な資金から取引可能な点が魅力なのである。
【投資の前に】ストップロスが、できる投資家でなければ、取引に勝つことはできない。切り捨てるべき損をみずから認めることができる度胸を持つことが重要であり、ストップロスが出来ない状況であれば、絶対に投資はやめておいたほうがよい。
【ポイント】eワラントの基礎。権利のある資産を証券化(低コスト化が可能)して販売する金融派生商品(例:日経225オプション取引)のひとつなのであって、あのゴールドマン・サックス・インターナショナル発行のカバード・ワラント(オプション取引の一種、オプションを証券化したものを指すことが多い)のことです。
【豆知識】株式累積投資:株式をあたかも積立貯金のように一定間隔で購入もできる株式累積投資指定した銘柄を、定期的に定額で買い付けることのできる制度)は、株価の乱暴な変化を抑制できるドルコスト平均法を利用しているため、、株式の購入価格を平均化することによって発生するリスクを低減ができます。
【常識】金利、株式及び為替のそれぞれの市場に合わせて変動する金融商品にも必ず分散して投資しておけば、株式で損失を被っても、金利であったり為替で得た利益で補てんすることができ、損益をうまく抑えることが可能なのだ。
格付け(信用格付け)を使用する理由(魅力)は、わかりにくい財務資料を読む時間が無くても格付けされた金融機関の経営状態が判別できる点にある。ランキング表を使えば複数の金融機関を比較することまで可能なのだ。
結局、第二種(第一種業者とは業として行う内容が異なる)金融商品取引業者が投資信託などファンドを作って、それを運営するためには、とてつもなく量の「やるべきこと」、業者として「やってはいけないこと」が法律等により決められております。
【投資】株式投資すると、上場した企業が発展することで、効果が及んでご存じのインカムゲイン(和製英語: income + gain株式の配当金および利息で得られる収入)といった利益を手にすることができる。
保険のしくみ⇒突然起きる事故が原因で生じた財産上の損失を想定して、制度に参加したい複数の者が少しずつ保険料を出し合い、集めた積立金によって予測不可能な事故が発生した者に掛け金に応じた保険金を給付する制度である。
【解説】保険:突如発生する事故による主に金銭的な損失を想定して、同じような多数の者がわずかずつ保険料を掛け金として納め、集めた資金によって不幸にも事故が発生した者に保険料に応じた保険給付を行う仕組みです。
「はやぶさ」の帰還が話題になった平成22年9月12日、日本振興銀行が突如経営破綻せざるを得なくなった。これによって、初となるペイオフ(預金保護)が発動した。これにより、3%(全預金者に対する割合)程度、それでも数千人を超える預金者が、上限適用の対象になったと推測される。
普段目にする株式投資関連の企業や個人などのサイト、ブログ、とか、市販の関連マニュアルでは、テクニカル分析(過去の動向から、今後の予想を行う分析法)が欠かせないものであるとして、いろいろなチャートの分析方法や活用方法などをとても細かく図解しているのだ。

【投資】株式累積投資:株式をまるで積立みたいに定期的に購入可能である株式累積投資指定した銘柄を、一定の額で買い付けることのできる制度)は、株の価格の大きな動きを抑えるドルコスト平均法を利用しているため、、株式を購入する価格を平均化することによってリスクの発生を低く抑えることができるということ。
【経済の基礎】テクニカル分析とは⇒株式及び商品取引さらに為替等の扱われる市場において、これまでに見られた現実の実績の時間を追った動きから、今後の価格の変化を予想及び分析しようとする手法なのだ。
いずれにしても「金融仲介機能」「信用創造機能」、3つめは「決済機能」以上、3機能をよく銀行の3大機能と言うことが多く、「預金」「融資」「為替」という銀行の本業あわせてその銀行の持つ信用力によってはじめて機能していることを忘れてはいけない。
株に投資するからといって、株式の変化だけに注目しているのでは、為替市場の動きが原因で株価が変動した際、変動の原因が理解できず、その後の変化に対応できないだろう。
金融庁が所管する保険業法の定めに基づき、保険を取り扱う会社は生保を扱う生命保険会社か損保を扱う損害保険会社のどちらかであり、2つの会社とも内閣総理大臣から免許(監督および規制は金融庁)を受けている会社でないと販売してはいけないということ。
【ポイント】資産配分:許容可能なリスクに応じて資金を商品の特性が異なる少なくとも二種類以上(できれば3種類以上)の金融商品に分けて投資するやり方を、アセット(Asset :資産)アロケーション(allocation:配分)と定義している。
簡単!ロイズっていうのは、イギリスのロンドンにある世界的に有名な保険市場なのである。またイギリスの制定法の規定に基づき法人であるとされた、ブローカー(保険契約仲介業者)そしてシンジケート(団体や組合)が会員の保険組合を指す場合もある。
民営化されたゆうちょ銀行が提供しているサービスは法律上、民営化前からの郵便貯金法での「郵便貯金」ではない。民営化後適用された銀行法によって定められた「預貯金」に沿ったサービスなのだ。
日本証券業協会(Japan Securities Dealers Association)では、国内にあるすべての証券会社および登録金融機関が行う有価証券(株券や債券など)の売買等といった取引等を厳正で円滑にし、金融商品取引業の調和のとれたますますの成長を図り、投資してくれた者の保護を協会の目的としているのだ。
よく聞くコトバ、ロイズというのは、ロンドン中心部のシティ(金融街)にある世界の中心ともいえる保険市場です。イギリス議会による制定法で法人であるとされた、ブローカー(保険契約仲介業者)およびそのシンジケート(団体や組合)によって構成される保険組合を指す場合もある。
預金保険法に基づき設立された預金保険機構の預金保護のための補償額の限度は"預金者1人当たり1,000万円以内(但し決済用預金は全額)",と規定されている。預金保険機構に対しては日本政府及び日本銀行ならびに民間金融機関全体の三者ががほぼ同じだけ0
1973年に設立された日本証券業協会では、証券会社等の株券や債券など有価証券の売買等の際の取引等を公正で円滑なものとし、金融商品取引業界全体の堅調なますますの成長を図り、投資者を保護することが目的である。
そのためか投資信託の対象の中でも、投資家の間では低コストの販売手数料不要のノーロード(No-load) 型または、分配金が出る分配型とか、指数(インデックス)連動であることで値動きがわかりやすいインデックス型(商品指数などの指数(インデックス)に連動)などが目立って投資家の注目の的となっているのである。
運用のためのコストは最高でも1%程度。このためインデックスファンド(商品価格、商品指数などの指数(インデックス)に連動)も含む一般的な投資信託の運用コストと比べて低くされており、投資商品として長期の投資にちょうどよい投資商品であると考えられているのです。
金融商品取引業協会の一つ、日本証券業協会は、こんなところです。協会員(国内にあるすべての証券会社および登録金融機関)の行う有価証券などの売買等の取引業務を厳正で円滑なものとし、金融商品取引業の堅調なさらなる振興を図り、投資してくれた者を保護することを目的としているのです。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/bear2030/index1_0.rdf