Armeriaの思い出

June 08 [Wed], 2016, 14:35
思い出の経験@
ようやくおつきい合いした主人とのデートは絶えず車でした。
それでも私は車酔いしてしまうので、しょっちゅうアッという間に眠って仕舞う。
ある日、主人がかわいらしい瓶に詰め替えた沢山のメントールキャンディを私にくれました。
「ここ舐めてたら酔わないよ。たまには、起きてるさんと共に航行しよな。」
「けれども、寝ちゃってても、いいけどさ。どうなっても、しらないよ?」いつも寝ちゃっててごめんね。
も、誠に走行が利口だったから、安心して寝てたんだよね。
今でも男子走行の車が一番眠りを誘うゆりかごだ。

思い出の経験A
一際乗り続けて要る車で、長野から鳥取まで運転して行ったこと。
当時付き合っていた主人(今では男子)のマイホームに挨拶しに行きました。
年末年始だったので、真っ最中、スノーが凄いてドキドキしながら主人という交代しながら運転しました。

思い出の経験B
資格を取ってようやく公道を走ったことをとことん覚えています。
18歳の時だ。
案件フィールドがひろがり、ハイスピードを乗り継いで都内まで行った思い出の経験があります。
ついに確かめる都内の光景に圧力を受け、業界を解る楽しさを味わった記憶があります。"

思い出の経験C
18歳で資格を取得し、アッという間に車をかってもらいました。
白や黒ではなく真っ赤な車だ。
いやに気に入っていたし、少ない買い物ではないので面倒臭くても一概に洗車を通じて大切に決める。
それほど決めていました。
通年ぐらいしたある日、夜中マンションに帰宅途中にちょっとした縁石に乗り上げました。
危なかったな、心掛けなきゃ、と思いつつ帰っていると車がガクガク効く始めたではありませんか。
ありゃなに!って軽々しくパニックになりつつも移動、なお後ろから車もきてたので停まれず生じ続けました。
その間にガクガクは激しくなり滑る度に車が上下にぶれるようになりました。怖くて停まれず、縁石に乗り上げてから2隔たりほど走って我が家に到着しました。
そうして車はタイヤがパンクしてゴムがクタクタに巻き付いて要るだけでホイールは何処かに飛んでいってしまっていました。
とことん、無事に帰ってこれたなというのが直感でした。
父兄にも驚かれ、車を修理する時もハード驚かれました。
今となっては笑い話ですが、当時はほんとにパニックになって焦りました。"

思い出の経験D

私がまだまだ学生の間の異変だ。
4歳上の兄が資格を取ったばかりで、開発がてらレンタカーでツアーに行きました。
パパがヘルパーシートで見守りながらの走行でした。
2泊3お天道様の周遊の初日、宿にたどり着く前にちっちゃな滝があり、ちょっと寄り道して行こうに関してになりました。
滝を見て、駐車ロケーションから出ようとした場合、パパはガイドにつき、車の外部にいました。
パパが「オーライ!」の規定をした時間、兄がアクセルをしばしば踏み込んでしまい、何かに乗り上げたといった思ったら、パパの服装が見えません。
それほど、兄はタスク思い違いでパパをひいてしまったのです!
パニックときの兄を落ち着かせ、パパを車に乗せて近くの病棟にかけこみました。
マグレ、右足の骨折だけで生命に別条はありませんでしたが、元来ツアーは宿をストップし、丸々マンションへ返ることになってしまいました。
あのパニック状態で、よく兄は頑張って家路運転したなと思います。
これがきっかけで、私は資格を取り去る気持ちを落とし、とっても歳を盗るまで無資格でした。
今は持っていますが、走行へのスリルはまだ抜けきらず、圧倒的用紙乗員だ…"
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:太一
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/beahwoomow1mwr/index1_0.rdf