ゆるふわはもういいらしい

September 21 [Sat], 2013, 5:01
久しぶりになってしまったのは、もうゆるふわできたからもういいやとなったわけではなく、
相変わらずカチコチのヌルグチョな生活を送っています。


今朝ツイッターでまわってきたことばではぁと思ったものがあった。

女性有名人が女だって個性があって自分らしく生きればいいじゃん!と言ってきたが
結局半沢直樹の花や風立ちぬの菜穂子のように力のある男に
委ねておもねって生きるというブームになってきてるのでは、というようなもの。

いやいやいや

これは声を大にして言いたいですよ。
そらそうですよ。
委ねておもねって生きていきたいですよ。
二言目には「わたしを委ねさせてみろよ。」ですよ。
べつに好きでこじらせてるわけでも個性派きどってるわけでもなくて、
理想はただひとつ、内助の功をたてる価値のある相手を探しているだけのこと。
見つけたらひつこいしね!

以上!
あともうゆるふわとかしなくていい!

【ヤリマンぽい風貌】

June 28 [Fri], 2013, 22:01
電車で失礼ながら、「お!ヤリマンぽい!」と思った女の子がいた。

後輩らしい男の子と話す彼女は、おそらくなんらかの営業職のよう。

もう暑い季節だったので、白いジャケットは脱いで手に持っていたが、
白いシフォンな素材のブラウスにキャミソールは丸出し、
黒いタイトなミニスカートに黒いパンプス。
胸は大きくないがお尻と太ももがパーン!とおおきくて足首がきゅっと細く、
元々派手な顔つきに、さらに攻撃的なまつげエクステとヌーディなグロスを塗っていた。
あまりの攻撃力に目眩がした。


対するわたしたるや。
オレンジ色のくったりしたストールと
グレーのカーディガンに青と白のTシャツ。
ベージュのサルエルパンツにぺたんこサンダル。
まつ毛は湿度で低テンションで、肩について髪もあっちこっちにはねている。


どちらとヤリたいかって、そら彼女だろう!
まったくの異論無し。
色気が行方不明すぎるので、さすがにこの日は反省した。
サルエルパンツはだらけた気分の休日限定にしようと決めた。


これほど見た目だいじ〜〜〜〜と思ったことは、おそらくこれまでになかった。

それ以来街で人のファッションを気にするようになったんだけど、
強烈に「ヤリマンぽい!」とも「ゆるふわ!」とも思う事ってそんなにないと気付いた。
みんなわりといい加減にしているんだなあというのもまた発見だった。


これまで着たい服だけを着て生きてきたが、
演出する楽しさというのもまたあるのだろうと思う。
そういう楽しみ方をしてみたい。

28歳。


やっぱり遅い。

【きっかけ】

June 28 [Fri], 2013, 21:37
ある日。会社の先輩の結婚式二次会に出席するので
いつもより濃いめの化粧をして、髪を巻いてみたりなんかした。
ワンピースに、ストッキング。
自分でもなかなかいいじゃないかと思った。


二次会会場では同僚に「一瞬だれかと思った!」と言われたり
「いいね」と言ってもらったり、
普段の自分がどれだけぐずぐずかを知って多少凹みはしたがまあ悪い気はしなかった。


二次会のフリードリンクシステムから早々に愛想を尽かされたわたしは
顔なじみになった地元の酒場で飲み直すことに。

そこでもまた「だれかと思った!」と言われまくり、
おねえさんには「馬子にも衣装プゲラ」されたり、
ちょっとメイクと服をかえるだけでそんなに違いますか!と驚くには充分だった。

そのあとひさしぶりにその店であった常連の男性ととなりで話していたら
わりとがっつり口説かれて、そこはのらりくらりと逃げ帰ったのだけど、
後日思い返していたら、
ああ、あの時あのひとはわたしを女として口説いていたのか!
っつーかヤリてえのか!(このわたしと??!)と目からウロコの発見だった。


そしたら芋づる式に、
あ!あれも?もしかしてあれもかー!とチンピクサインを見逃していたことがわかり
その日は恥ずかしさのあまり枕につっぷして寝込んでしまった。


自分には色気がないからそういう対象になることはないと思い込み、
28年間生きてきたのに、
ぜーんぜんそんなことなかったらしいと気付いた時の衝撃。

過去の恋人も、ちょっといいかんじになった人も、
全部「わたしのことが好きだから」だと!勘違い!していた!
100%勘違いでもないんだろうけど、、、
そんな純情な感情あるかよって、今ならわかりますteacher.


そんなわけで、力技で性のチャクラを開いてもらって、
とはいえ全然やっぱりチンベクトル(ヤリたい気持ち)に慣れないので
慣れて、コントロール出来るくらいにはなりたいな、というのが近々の目標。


そして「ゆるふわしてモテてみる。」


ブログの趣旨にいきつくのです。

【プロローグ】

June 26 [Wed], 2013, 19:52
前の恋人と別れて2年ほど恋人がいない。
これは28の女として由々しき自体である。

不毛な、妄想80%の片思いに終止符を打ったあと、
よっぱらった頭と体で行なったのは、恋愛や性に関する規制緩和だった。


一般よりはすこしだけ堅めな自分ルールにのっとってやってきた2012年は、
ほんとうにエロいことがなさすぎて、
「よっぱらいに後から羽交い締めにされる」や「筋肉質な男の子の目薬をさす背中」
なんかがエロいことランキングトップ3にランクインする始末。
2012年の年末、女友達と酒を飲みながら自分の惨状に絶句したのを今でも鮮明に思い出す。


「あんたはまだビッチ期がない」


内心(そんなもんあえていらんわ!)と思ったものの、
2013年迎えてその発想もありかと思うに至った。

というのも、やっと!気付いた。
自分もちゃんと男性から性的な対象として見られることがあるということに。

女友達に話せば皆「なに言ってんの?」と呆れ顔だが、
私としては世紀の大発見、気付けてよかったー!の話である。


本来10代の後半に気付くべきことを、10年も遅れて気付いてしまい
ほんとうに恥ずかしくてちょっともう死にたい気分だったりもしたんだけども、
これを機会にちゃんと異性の目を意識して生きようと、決意した次第であります。


目標は早々に恋人をつくること。
でもありのままの自分を愛してほしいなんて言いません。
そのスタンスで2年間恋人ができなかったわけですから。

だから、このカッチコチでグッチャグチャな私でも、
ちょっとくらいゆるふわして、
異性のニーズにマッチングする自己プロデュースをしたい。

そういう趣旨のブログです。


ツイッターの文字数では追いつかなくなってきたので、
こっちでぶつぶつ書いて行こうと思います。


ゆるふわできるその日まで。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:とある女
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:東京都
読者になる
頭カッチンコッチンで心がヌルグチョのとある女ですがちょっとくらいゆるふわになりたい。
2013年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる