治療の果て 

October 25 [Wed], 2006, 11:40
5月末から8月上旬まで日本で不妊治療をした。
いわゆる「ロング法」というヤツで、4個の受精卵ができた。

そのうちの2個を7月中旬に移植、残りの2個は凍結してある。

今まで海外でしていた治療とは若干プロトコールが違っていて、
ちょっと戸惑いもあったけど、日本語で診察を受けられることは
何よりも心強かった。

しかし、7月中旬の移植結果は陰性に終わり、妊娠できなかった。

それからずっと、心身の落胆と不妊治療に対する今まで味わったことのない
嫌悪感に苛まれている。
次の生理が来たら、凍結胚移植の準備に入ることになっているけど、
とても治療を続けていく気になれない。

夫は次の凍結胚を「最後」にして、不妊治療をやめてもいいと
言ってくれた。
これで通算5年、9回目の失敗という結果を
考慮してくれての言葉だった。


9月下旬、凍結胚2個を移植した。

二人でこの移植が失敗だったら、もう治療はやめると心に決めての
チャレンジだった。が、
結果はまたも、陰性…。
10回目の移植も成功することはなかった。


そして、私達は自分たちの意思で治療に終止符を打った。

治療をやめることは、子供が持てるかもしれない可能性を
自ら断ち切ることである。
治療を続けていれば、妊娠する可能性がゼロではないのかも
知れない。
でも、それは自分の心身に過重の負担を強いることであり、
加齢による妊娠率の低下という逃げられない現実とも
戦っていかなければならないのである。

振り返ってみれば、治療を始めてからの私たち夫婦の生活は
ひと言で言ってしまえば、『治療に振り回される生活』だった。
治療周期に入っていれば、旅行などの計画はまず立てられないし、
それどころか、一日の生活も注射や投薬などを
中心に回っているといってもいい。

そういう生活から開放されよう、これからは二人の時間を
もっと充実させよう、満喫しようというのが、
双方の合意だった。


これで、不妊治療というもののすべてが終わった。

折に触れ、きっとこの先も子供がいないことを
思い起こさせられることが、二人の中でたびたびあるだろうことは
否めない。
でも、それは私たちの選んだ道であり、子供がいないことから
逃げるつもりもない。

いまさら言うまでもないことだけど、
夫には本当に感謝している。
夫と一緒でなければ、この道は乗り越えてこられなかった。
この夫だからこそ、子供がいなくても二人でこれからの人生を
乗り切れると感じている。

ありがとう、本当にありがとう。
そして、これからも末永くよろしくお願いします。

不妊に克ちたい、孤独に克ちたい。 

May 01 [Mon], 2006, 20:02
夏に治療を再開する見通し大。

夫は「気分転換に日本で治療してみよう」と言い、
それでもいいかなと、半分は思った。

だけど、治療のことをアレコレ思い出したら、
またも奈落の底に突き落とされたような絶望感が
蘇って来た。

足掛け5年、8回もICSIに失敗してると(しかも流産1回)、
不妊治療に対して、異常なまでの拒絶反応というか、
鬱というか、自暴自棄というか、too sensitiveというか、
そんな気分が湧き起こって来てしまう。

子供が欲しい、でもまた失敗するに違いない、
でも治療をしなければ子供は持てないという、
超悪循環&マイナス思考に苛まれてしまう。

わかっていても夫を傷つけているし、自分がイヤにもなる。
いっそのこと、治療を止めて子供のいない人生を…とも
考えたりもするが、やっぱり心のどこかで
子供を欲しいと思う自分がいる。

不妊治療は、本当にただ暗闇だけの世界である。
一筋の光明を求めて、暗闇の中でジタバタもがくことだ。

もうこんな生活はイヤだ。
早く不妊から脱出したい。
心身ともに、不妊に克ちたい。

生理が来ねぇーぞ、( ゚Д゚)ゴルァ!! 

February 25 [Sat], 2006, 12:06
今月はまだ生理がきましぇん…。

…って、こういうことを書いてると、
ひょっこり来ちゃったりするものなんだけど。

先月、治療失敗を告げる生理が来たのが23日。
一ヶ月以上経過しちゃってるわけですよっ、奥さんっ!

「もしや、妊娠!?」…って、ありえねぇぇぇ〜! ヾ(・∀・;)オイオイ

治療後だから、たぶん不順になってるんだろうね。
さーてとっ、昼飯の準備でもするか。
(ちなみに、今日はステーキ丼です。)

超音波検査に行ってきた 

February 01 [Wed], 2006, 18:35
かねてから痛みを感じてた下腹部(子宮・卵巣)が
気になっていたので、生理が終わったのをきっかけに
近くのH病院へ行ってみた。
診察にあたって、あらかじめこれまでの不妊治療の経過等を
書いた文書まで用意していったけど、
結局、子宮の超音波検査だけで終わった。

結果、治療の際の投薬・注射による小さなポリープが子宮内に
発見されたが、このポリープは時間とともに消えると女医は言ってた。
“異常なし”の所見だったが、やっぱり、右下腹部が時々痛む。
心身ともに、復帰するには時間と休息が必要って事だね。


今日はお父さんとレストランでランチをした。
ダイエット中なので、かなり迷ったが、
結局食べに行ってしまった。(誘惑に弱い私
パスタとサラダを食べたが、ここ数日、節食してるところへもってきて、
今日のご馳走を食べたせいか、夕方になって下痢した。

明朝、体重計に乗るのがモノスゴク怖いなぁ〜!
また明日から、キャベツ生活に戻りますっ。

ダラダラ生理の(゚∀゚)ヨカーン! 

January 27 [Fri], 2006, 19:29
今日で生理5日目…。

今回の生理は、20数年の生理経験の中でも味わったこと
無いほどの「激痛」に3日間も見舞われて、グッタリ…。
しかも「塊」祭だワショーイなんだもの。

今日になってやっと生理痛からも解放されつつあり、
ホッとしていたが、いや、待てよ!
考えてみたら、今日で5日目だというのに、まだ鮮血や血塊が
バンバン出ているのであります。
コレはもしかすると、「ダラダラ生理」になる可能性高しっ!!
10日間ぐらいは覚悟しとかないとなぁ…。

涙が止まらない 

January 24 [Tue], 2006, 20:30
もう、ブログのタイトルに「治療○○日目」と書く必要がなくなった。

昨日は撃沈ショックで、かなり落ち込んだ。
思い出すたびに涙があふれてきて、止まらなかった。

妊娠できない自分を許せなかったし、自分で自分がイヤになった。
丸々1ヶ月間、治療に専念して、得たものは何もなく、
失ったものは果てしなく大きい。

治療失敗の「置き土産」として、超ド級の生理痛だけが残った。
ただひたすら、下腹部が痛い。子宮をワシづかみにされているようだ。

今日からまた、夫ちゃんと二人だけの生活。
いつになったら子供のいる「川の字」の生活ができるのだろう?

治療31日目 <判定日なのに、撃沈…。> 

January 23 [Mon], 2006, 10:33
いよいよ今日が判定日。
午後にはへ血液検査に行くはずだったのに、
朝、トイレに行ったら、 ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

「生理襲来」…!!

なんで、今日に限ってだよ! タイムリーすぎるじゃねぇーか!
これで今期の治療は完全に(・ー・)オワッタナ・・・

今は虚脱感と悲しみだけが残っている。
今は何も考えたくないし、考えられないけど、
治療を続けていくのか、止めるのか、決断の時が迫っているのかも知れない。

治療30日目 <第2回検査薬実施….> 

January 22 [Sun], 2006, 20:42
一昨日、見事なまでに「陰性」に終わった尿検査…。

アレから、夫ちゃんも私も結構凹んで(へこんで)しまい、
「23日の病院での検査までは、意地でも検査するもんか!」と
心に決めていた。
が、よく考えてみたら、病院の検査(本番)でいきなり「妊娠してません。」
なんて言われた日には、それこそ
『凹凹凹 ガ━(゚Д゚;)━ ン !!!』(←へこみの最上級)に
なってしまう可能性大なので、事前に現実を把握しておこうって事で、
今日も検査をやってみることにした。

結果は…、
またも、『陰性』…。
明日、での検査があるってのに、今この段階で陰性となると、
今回は絶望的…。・゚・(つД`)・゚・ ウワァァァン

なんだか、ものすごく力が抜けた。
と同時に、どうして生理がこないのか、それも気になって仕方ない。

一体、何度「絶望感」を味わえば、子供に恵まれるのか?

治療29日目 

January 21 [Sat], 2006, 19:09
今日は朝から寒い。 (おまけに曇天…。

この天気のせいなのか、朝から下腹部にイヤ〜な痛みを感じてる。
そう、生理が始まる前兆とも言うべき鈍痛…。((;゚Д゚)ガクガクブルブル
いつ生理になってもおかしくないような感じなのよね。
トイレに行くたび、ヒヤヒヤしてるよ、今日は。

やっぱ、妊娠の可能性は低いのかなぁ、今回。

判定日まで、あと2日…!!

治療28日目 <第1回検査薬実施!> 

January 20 [Fri], 2006, 19:11
このブログを読んでる夫ちゃんから、
「この日記って、痛い、痛いばっかじゃん!」というご指摘が
あったので、サブタイトルを「イタイ・イタイ日記」にしようかなと
思ったりする今日この頃。(´▽`*)アハハ

でもさぁ、今周期の治療のキーワードはまさに『痛い』なんだよね。
やっぱ、年をとって来てるからなのかしら?

夕方、市販の検査薬で検査してみた。
結果は『陰性』…。
検査後、夫ちゃんも私も極端に口数が少なくなってしまった。

尿中のHCG値が低くて反応しないのか、それとも妊娠してないのか、
今の段階では、どっちも有り得るんだよなぁ。
結果が判明するまでは、何も手につかないよ、マジで。
2006年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31


最新コメント
アイコン画像のの
» 治療の果て (2015年01月09日)
アイコン画像かな
» 夫に裏切られた…。 (2014年05月06日)
アイコン画像かな
» 治療の果て (2014年05月06日)
http://yaplog.jp/be-fertile/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:be-fertile
読者になる
Yapme!一覧
読者になる