<日本人が見た中国>論文はコピー屋におまかせ! / 2010年06月02日(水)
近所のコピー屋に行った。ちょうど昼休みの時間帯だったのか、近くにある中学校の生徒が、宿題のレポートか何かを印刷してもらっていた。そのうちの2人はインターネット上で、文章をあれこれと検索しては、コピー&ペーストして提出文書を“作って”いた。どうやらこの学生達は家で宿題をしてこなかったらしく、コピー屋でちょちょっと作ってやりすごすつもりらしかった。

中国では大学などの学校周辺に多くのコピー屋があるのだが、店によっては堂々と、「論文代筆請け負います!」の張り紙があるところもある。つまり、中国の学生には論文を自分で書かない人もいる、ということだ。実際に、筆者は中国の大学で中国人とともに4年間学んだが、卒論を提出する際、マトモに一から執筆した学生は、学科内で私を含めて3人のみだった。学科には全部で41人が在籍していたが、そのうちの38人は“資料”を探してきて、適当に文章をまる写ししてハイ終わり!だった。

【その他の写真】

大学時代、レポート等の課題を提出するたびに同級生から、「どこから写したの?」と聞かれた。内心イライラしながら、「“写す”という行為は泥棒と同じだから、一切していない。きちんと自分で調べて、自分の頭で考えたことを書いたのだ」と答えていたが、全く理解されなかった。「写す=盗作」だということすらも通じなかった。彼らの多くは「文章を書く=文章を引用すること」だと認識しているらしく、どこかに書いてあることをとりあえず鵜呑みにするばかりで、そこから別の観点を探ってみるなど、自分で頭を働かせることはしない、いや、できないようだった。教授がいくら口を酸っぱくして「資料のまる写しは禁止」と注意したところで無駄だった。

ところで、中国にやって来た日本人留学生は、中国の大学生が朝から晩まで図書館にこもってカリカリ勉強している様子に感心しがちだが、単に論文提出にちょうどいい文章を写しているだけの人もいるので、どうぞ勘違いの無きよう……。(八木幸代/25歳/中国在住7年/自由業)

【6月1日21時26分配信 Record China
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100601-00000024-rcdc-cn
 
   
Posted at 02:31/ この記事のURL
完全施行を控えた改正貸金業法、消費者への影響大きく制度周知が急務 / 2010年06月02日(水)
 多重債務被害の抑制やヤミ金融排除を目的とした改正貸金業法が、18日から完全施行される。貸付総量の規制や上限金利の引き下げなど利用者に影響の大きい改正内容だが、消費者には浸透しきっておらず、制度の周知が急務だ。

 「今回導入される総量規制は消費者への影響が大きい。内容を正しく解説してほしい」。横浜市神奈川区で1日、自治体の消費者相談担当者向けに開かれた説明会で、関東財務局の担当者が制度周知を促した。

 改正貸金業法は2007年12月の施行後、段階的に規制が強められており、今回の骨子は過剰借り入れの抑制だ。債務総額が年収の3分の1を超える場合、新規の借り入れができなくなる。借入時には原則、年収を証明する書類が必要になる。専業主婦が利用するには配偶者の年収証明や同意を示さなければならない。

 既に借入残高が年収の3分の1以上ある債務者が毎月の返済額を減らすための新たな借り換えを試みる場合も抵触することになる。このため金融庁は、こうしたケースを規制の適用から外すための内閣府令改正を同法施行と同時に実施する方針だ。

 県も県司法書士会などと共同でイベントを開き、制度改正の浸透を図ることにしている。事業者に対しても6月から、廃業する事業者がヤミ金融に移行する事態を阻止するため、指導を強める。

 県に登録している貸金業者数は108社(3月現在)。1999年3月には千社を超えていたが、10年間でほぼ10分の1に減った。ほとんどは中小・小規模企業で、段階的な上限金利の引き下げによる利ざやの減少や、規制強化による経営コストの増加などが重荷になっているようだ。

【6月2日2時0分配信 カナロコ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100602-00000011-kana-l14
 
   
Posted at 02:29/ この記事のURL
年金手帳に「きょう子」の「ょ」が出ない? / 2010年06月02日(水)
 自分の名前を間違えられるのはあまり気分のいいことではないが、「きょう子」の「ょ」の字が表示できなくて、「きよう子」と印字された健康保険証や年金手帳を、大分年金事務所が会社員の女性に渡していた。

 いまどき「ょ」が出力できないシステムなど考えられないし、それではJIS規格だって通らないだろう。そんなことってあるのか。

■1980年導入のシステムに問題なし

 2010年5月上旬に大分市内に住む会社員の女性が事務所を訪れた。大分年金事務所によると、その女性は改名に伴い、名前の変更を届け出たが、新たに発行された健康保険証や年金手帳などの名前が「きよう子」となっていた。

 「きょう子」の「よ」の字が大きく印字されていたので、女性が修正を求めたところ、対応した女性職員が「うちのシステムは『ょ』の字が入力できない」と説明して、代わりに大きな「よ」と入力した。

 その際に女性は、「いまどき『ょ』が出ないなんておかしい」と訴えたが、一たんは帰宅。後日、改めて事務所を訪ねた。

 事務所が調べたところ、システムに問題はなく、たんに対応した女性職員が入力の仕方を忘れていたようだ。「システムは1980年に導入したものですが、追加でバージョンアップをしていますから、『ょ』の字が出ないことはありません。入力方法は多少特殊ですが、対応する職員にも入力方法は説明しています」と説明。こうしたミスも、この1件だけという。

 大分年金事務所は会社員の女性に謝罪し、正しい名前の健康保険証と年金手帳などを再発行した。

■入力の機会減って、やり方忘れた?

 通常のパソコンであれば、ローマ字入力で「KYO」と入力すれば、「きょう」と出力される。大分県年金事務所では、「うちのシステムでは、小さな『よ』や『つ』を入力する場合、1字ずつ文字をつくって登録する必要があります。変換できなかった『きょう子』も事前に登録履歴があれば、すぐに出せたのでしょうが、おそらくそれがなかったと思われます」と話す。

 また、ここ数年、システムへの入力作業は年金事務を集中処理する大分県事務センターが行っており、事務所での入力作業は緊急時のときくらいと、入力機会が減っていることもある。

 「入力方法を教えても1、2か月作業がないこともありますし、急ぎということもあってあわててしまったのだと思います」(大分年金事務所)と、女性職員をかばう。

 とはいえ、年金事務所のシステムは全国どこでも同じものを使用しているので、今回のようなことは他県でも起こり得る。日本年金機構は、「たしかに小さな『よ』などは最初に単語登録が必要です。大分県の件はそれがされてなかったのだと思います」という。

 いまどき、なんとも手間のかかるシステムだが、「費用がかかることですし、いまのシステムを踏襲することになっています」と、新たなシステムへの変更は当分ないようだ。


■6月1日19時2分配信 J-CASTニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100601-00000004-jct-sci
 
   
Posted at 02:28/ この記事のURL
システム構築の予算超過と戦う / 2010年06月02日(水)
 2008年以降、多くの企業は新規システム投資を凍結・抑制してきました。ただ、わたしたちのクライアントにおいても、徐々にですがそれが復活しつつあると感じています。新規システムの構築では、それが大規模システムであればあるほど、当初の予算どおり進まないことが多いものです。

 ITが経営の重要な要素になって10年以上がたち、新規システムの投資やシステムの維持管理のコストを経営層が討議することも多くなってきました。そのため、「なぜ(システムだけは)当初承認した予算内で収まらないのだろうか?」という思いをお持ちの経営層の方は多いのではないかと思います。

 今回はシステム構築の予算超過と、そのリスク低減の簡単な手法について考えてみます。

●システム構築のコスト構造とは?

 はじめにシステム構築のコストについて簡単に解説しておきます。

 システム構築のコストは、「製品・サービスの代金・利用料」と「人件費」の2つで構成されています。「製品・サービスの代金・利用料」とはハードウェアやソフトウェアの購入費・リース料やライセンス料が中心となります。「人件費」とは、設計や開発(プログラミング)やテストなどに必要なエンジニアの費用で、これは構築全体の作業に必要となるエンジニアの工数と単価を乗じたものの総合計となります。

 システムの構築方法では、最近話題になっているクラウド型のシステム構築も急増しています。ただし、コスト構造で考えた場合、両者に違いはありません。クラウドを利用する場合にはハードウェアの購入費・リース料やライセンス料は必要ないとされますが、それらのコストを加味した「クラウド利用料」を支払っているというだけのことです。

●予算超過の原因とシステムベンダーの不誠実さ

 さて、予算超過の原因について考えます。

 最も多い理由は「システムで充足すべき要件、つまり設計・開発すべきシステム機能が当初より増加したため」というものでしょう。システムの設計が進むにつれて、だんだんとシステムの完成形が見えてくるわけですが、それに従って「別の機能も必要」「この機能は思っていたものと違う」という声が顧客のユーザー側から出てくるのはよくあることです。

 これらは、いたしかたないこと、避けられないことと思われる経営層もいらっしゃるかもしれませんが、それは誤った認識です。責任の所在は明確に存在します。

構築を担当するシステムベンダーに大きな責任があるのです。

 最大の責任は「(システムベンダーに)必要なスキルが欠如している」ということです。

 発注者の要望や想いを適切に理解できないこと、ユーザーに対してプロジェクト開始前に「未来のシステムの姿」をきちんと伝え切れないこと、つまり営業担当者やエンジニアにコミュニケーションのスキルが欠如しているということです。

 さらに「これらのスキル不足を補う手段を会社として担保せずに、営業・提案活動を行わせ、プロジェクトを開始させてしまった」という面も存在します。システムベンダーにマネジメントのスキルが、企業として欠如しているということも指摘できます。

 充分なスキルを整備していないことは、それだけでプロフェッショナル・サービス業としては致命的に不誠実なことです。猛省すべきしょう。

●優先度をつける力があるのか?

 それなら、個々人のコミュニケーションのスキルと、社としてのマネジメントのスキルを進化させれば、予算超過のリスクを大きく低減させられるのでしょうか。残念ながら答えは「No」です。

 これらのスキルを担保することは必要最低限のことと言えます。予算超過のリスクを低減させるためには、さらに大切なことがあります。それは優先度をつけるということです。先述のスキルをいくら高度化したところで、プロジェクトが進んでいくにつれ、システムの要件や機能は増加していくものなのです。これは時間が経過し、企業をとりまくさまざまな環境も変化するため、避けられないことだと考えておくことが必要です。

 ほとんどのシステム構築では、「有限な資源」の中で最大の効果を創出することが求められます。資源のなかでは予算が最も重要ですが、これ以外にも既調達済のハードウェアの性能や余力、ユーザーがシステムベンダーとの打ち合わせに使う時間など、さまざまなものが存在します。

 「有限な資源」という制約の中では、要件や機能を取捨選択していくことが不可欠です。そしてこの取捨選択を適切かつ遅滞なく遂行するためには、要件や機能の「優先度」を設定できることが不可欠になるというわけです。

●リスクを見抜く――見極めの2つのポイント

 ここで予算超過のリスクを避けるために発注者側としての注意点について考えてみます。

 前回の価値ベースの提案では、システムベンダーの提案書の問題点について触れました。実は提案書をきちんと読み解けば、予算超過のリスクを発見することが可能です。

 ここでは多忙な経営層の方でも簡単にリスクを見極められるポイントを、2つほど解説します。これらのポイントを踏まえ、システムベンダーとの短時間の質疑応答を行うことで、予算超過のリスクを大きく低減させることが可能となるでしょう。

●その1 効果算定が成果物に定義されているか?

 大規模システムであれば、本格的なシステムの設計や開発に入る前に、「グランドデザイン」「概要設計」「全体設計」などと称されるフェーズを設定し、そこでシステムの概要や、設計・開発そして導入のロードマップを検討することがほとんどです。

 1つ目のポイントは、この「グランドデザイン」フェーズの成果物として「システム構築によってもたらされる「効果額の算定」が定義されているか否かということです。

 わたしたちは、大規模システム調達支援のコンサルティングにおいて、システムベンダーからの提案書を拝見することが多いわけですが、提案書ではシステム導入による効果の宣伝が必ずうたわれています。それにも関わらず、同じ提案書の「グランドデザイン」のフェーズの成果物として、「算定される効果額」が記載されていないというケースに、かなりの頻度で遭遇します。

 効果額を算定しないということは、システム構築による効果を「どのように創出するかが意識されていない」と言っていいでしょう。もう少し正確に言えば、新しく構築するシステムによって可能となる新オペレーションが考慮されていないということです。効果を創出するために不可欠な要件や機能が明確に認識されていない限り、優先度付けや取捨選択ができるわけはありません。

 経営層としては、まずは提案書の成果物のページをご覧になって上記の有無を確認し、記載が無ければ候補から落選させればよろしいでしょう。また、記載があった場合には「効果額の算定のアプローチ」について納得感の有無を確認されればいいでしょう。これで予算超過のリスクをかなり低減させることが可能になります。

●その2 請負の契約を提案しているか?

 前回の価値ベースの提案では、請負でシステム構築を行うということを前提として考えました。請負とは、契約した予算内で完成させるということです。予算超過はシステムベンダーの負担で処理しなければなりませんが、一方で見積りよりもコストが少なかった場合には、ベンダーは高収益を享受することとなります。

 大規模システム構築においては、最初の提案段階で概算見積りを提示し、「グランドデザイン」フェーズを通じて見積りを精緻化するという進め方が多いです。これについてはわれわれも大きな違和感はありません。

 ただ、提案書を拝見していると(グランドデザインに続く)設計以降のフェーズを請負で行うというものが、意外に少ないと認識しています。この理由としては、システムベンダーが「グランドデザイン」の「品質」に自信を持てないことがあるかもしれませんし、優先度を設定し取捨選択していく自信が無いからかもしれません。

 理由はなんであれ、請負で契約したがらない理由を明確にすることが必要です。

請負を要求することで、システムベンダーは仕事の品質を担保する工夫をせざるを得ませんし、発注者側も見落としていたリスクを明らかにできると考えられます。いずれにせよ予算超過のリスクをかなり低減させることが可能となります。

 稚拙なプロジェクトマネジメント、機動力を欠いたエンジニア動員力などシステム構築の予算超過の原因はまだまだ存在しますが、以上の2点を確認するだけで予算超過のリスクはかなり低減されてきます。次のシステム投資の際には是非お試しをいただければと思います。

●発注者の責任――がんばって一つ上のステージへ上がろう

 今回はシステムベンダーの責任について考えましたが、実は発注者にも大きな責任があります。最も大きな責任は「やりたいことがはっきりしていないのに、発注をかけている」ということです。

 発注者は、一定レベルの品質を有した「提案依頼書」を準備し、システムベンダーに提示する責任がありますが、このような提案依頼書を拝見する機会は残念ながら少ないのが実態です。

 われわれの経験から言えることは、システム構築の総予算の2〜5%程度の予算と時間を、提案依頼書の準備と提案書の精査に充てることにより、予算超過のリスクを大幅に低減することが可能ということです。発注者は、ほとんどの場合は企業の情報システム部門でしょう。人数の不足、システム構築の経験の少なさ、それに伴うスキルの欠如など、彼らが準備や精査をできない理由も理解できないわけではありませんが、できるようにしなければなりません。

 企業の情報システム部門も、長年やってきた仕事に対して優先度を設定し、取捨選択することが必要ですし、それができた時に、情報システム部門も新しいステージに上がれるのではないかと考えています。【大野隆司(ローランド・ベルガー)】

(ITmedia エグゼクティブ) 6月1日20時0分配信 ITmedia エンタープライズ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100601-00000070-zdn_ep-sci
 
   
Posted at 02:26/ この記事のURL
[特集]手づくりウェディング、家電量販店で見つけた便利アイテムあれこれ / 2010年06月02日(水)
 June bride――。6月は、ローマ神話のジュピターの妻、結婚生活を司るユノ(Juno)の月。昔から結婚式に最適な月とされ、挙式に向けて夢の広がる季節だ。新生活に向けて、家電製品を選びに量販店を訪れるカップルも多いだろう。でも、家電量販店にあるのは、それだけじゃない。最近の結婚式のトレンド、シンプル・ウェディングにぴったりの品々が、たくさん揃っているのだ。今回は、「手づくりウェディング派」に便利な品々を、量販店の棚から探してきた。

【画像入りの記事】

●デザイン自由自在、招待状や席次表に便利なペーパーアイテム

 まずは、招待状や席次表などにぴったりのペーパーアイテムから紹介しよう。ヒサゴのCrapoDrop(クラッポドロップ)は、ドロップをイメージした明るく元気なイメージのカラーバリエーションが特徴。ピーチ、チェリー、レモン、オレンジ、ミント、ラムネ、キウイ、グレープの8色を揃える。席札に適した「二つ折名刺mini・タテ」タイプや、席次表づくりに便利な縦二つ折りタイプの中紙付き掛紙などがある。メッセージカードには、「名刺10面」タイプがいい。印刷した後に、ミシン目に沿ってきれいに切り離せる。

 コクヨS&Tの「ことぶきスタイル」も、「マリアベール柄」「フローラル柄」「ダイヤ柄」「パール柄」「フラワー柄」「リング柄」「リボン柄」「ドット柄」の8つを用意している。ホワイトを基調にした清潔感のあるデザインだ。それぞれ「招待状セット」「席次表セット」「席札」「メッセージカード」がある。

 ヒサゴ、コクヨS&Tともに、ホームページから無料のデザインテンプレートソフトがダウンロードできるので、これを利用すれば手軽にデータを作成してプリントできる。さらにコクヨS&Tの「ことぶきスタイル」は、クレオのウェディングペーパーアイテム作成ソフト「筆まめBridal 6」にも対応。「筆まめBridal 6」は、ウェディング用のデザインテンプレートが74種類入っているほか、結婚式場や二次会の場所の地図が簡単に作成できるようになっているなど、コンテンツが豊富だ。ハガキ作成ソフト「筆まめVer.20」も収録しているので、新生活でも活用できる。

●感動のフォトムービーが簡単に

 クレオのソフトでさらにお得感があるのが、「筆まめBridal 6 ハッピーボックス」。デジタルカメラで撮影した写真とBGM、演出効果を選び、テロップを入れてフォトムービーが作ることができるソフトと、「筆まめBridal 6」がセットになっていて、ペーパーアイテムから感動ムービーまで、1本で作成できる。作成したフォトムービーは、付属のDVDライティングソフトを使ってDVDにできるので、両親やおじいちゃん・おばあちゃんにプレゼントしよう。

 結婚式場でプロフィールムービーを注文すると、10万円くらい。招待状や席次表などを頼むと、招待客80人分で20万弱の費用がかかる。「筆まめBridal 6 ハッピーボックス」は標準価格1万6280円なので、ペーパーアイテムやインク代を加味してもかなりのコストが浮く。

 さて、浮いたぶんをどこに使うか。テレビはもう新婚生活の予算に入っているだろうから、おすすめはプロジェクターだ。作ったフォトムービーを大画面で映し出せば、感動はさらに大きくなる。セイコーエプソンの「Offirioプロジェクター EB-S8」なら、BCNが集計した市場推定価格は6万円を切っていて、手頃。テレビとはまた違う大画面生活も楽しみだ。

●会場で撮った写真をその場でプリント

 結婚式や披露宴、二次会で撮影した写真を、その場でプリントして配るという演出も楽しい。PCがなくても、プリントできるフォトプリンタを使えばいい。結婚式や二次会の受付でお客さんの写真を撮影し、写真にメッセージを書き込んでもらう手もある。キヤノンの「SELPHY ES40」なら、用紙とインクが一つになっているので、インク/用紙の交換がスムーズで便利だ。6種類のメモリカードに対応するほか、デジタルカメラから直接プリントもできる。

●プレゼントの定番デジタルフォトフレーム

 最後に、いまやプレゼントの定番となったデジタルフォトフレームも紹介しておこう。新郎新婦への贈り物として大人気だが、引き出物にするカップルもいるようだ。結婚式の演出として、ウェルカムボードと一緒に並べて、思い出の写真をスライドショーで流すといった使い方もある。

 ソニーの「S-Frame(エスフレーム)」は、再梱包しやすいパッケージになっているので、メモリに結婚式の写真をたくさん入れて、両親にプレゼントしたら喜ばれる。もちろん、新居に飾ってもいい。フレーム部分にクリスタライズを埋め込んだ「DPF-D75(WZ/BQ)」なら、きれいな花嫁が一層引き立つだろう。

 大型の家電量販店のなかには、「手づくりウェディング派」のためにコーナーを設けているお店が増えてきている。新居のテレビや冷蔵庫を見に行くついでに、売り場をのぞいてみよう。(BCN・田沢理恵)

*記事中の「市場推定価格」は、記事掲載時点のものです。市場推定価格は、「BCNランキング」のデータをもとに独自に算出した推定値で、消費税込みの金額で表記しています。

【6月1日19時29分配信 BCN
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100601-00000019-bcn-sci
 
   
Posted at 02:24/ この記事のURL
最新世界ランク、遼は41位、勇太は47位にダウン / 2010年06月02日(水)
<男子世界ランキング>

 最新の男子世界ランキングが30日発表され、米国男子ツアー「クラウン・プラザ招待 at コロニアル」を制したザック・ジョンソン(米国)が前回の35位から16位に浮上した。同大会予選落ちに終わった池田勇太は3つ順位を下げ47位、今田竜二は159位に後退した。国内ツアー「ダイヤモンドカップ」32位タイの石川遼は41位となっている。

圧巻チップインイーグル!遼の後輩浅地が9位タイ

【男子世界ランキング】
1位:タイガー・ウッズ (10.41pt)
2位:フィル・ミケルソン (9.50pt)
3位:リー・ウェストウッド (7.65pt)
4位:スティーブ・ストリッカー (7.50pt)
5位:ジム・フューリク (6.91pt)
6位:アーニー・エルス (5.85pt)
7位:イアン・ポールター (5.82pt)
8位:ポール・ケーシー (5.68pt)
9位:ルーク・ドナルド (5.48pt)
10位:ローリー・マキロイ (5.34pt)

【日本人選手】
41位:石川遼 (2.55pt)
47位:池田勇太 (2.37pt)
57位:藤田寛之(2.16pt)
67位:小田孔明 (2.02pt)
88位:谷口徹 (1.68pt)
91位:片山晋呉 (1.66pt)
148位:丸山茂樹 (1.14pt)
159位:今田竜二 (1.07pt)

(撮影:上山敬太)<ゴルフ情報ALBA.Net>

今季初優勝のZ・ジョンソンが14位に! フェデックスカップ
逆転勝利のZ・ジョンソンが15位に浮上! 米国賞金ランキング
国内ツアー初優勝を果たした金庚泰がランクアップ 国内賞金ランキング
初の全米オープンへ、藤田寛之「やっと出れる」
宮本勝昌「目の前に良いお手本がいるので僕も頑張りたい」 6月1日12時12分配信 ゴルフ情報ALBA.Net
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100601-00000001-alba-golf
 
   
Posted at 02:22/ この記事のURL
サラ・ジェシカ・パーカーらSATCの4人がレッドカーペットでファンに大サービス! / 2010年06月02日(水)
人気海外ドラマの映画化第2弾『セックス・アンド・ザ・シティ2』(6月4日公開)のジャパンプレミア・レッドカーペットイベントが6月1日、東京・六本木ヒルズ・アリーナ広場にて開催された。主人公キャリー役のサラ・ジェシカ・パーカーをはじめ、キム・キャトラル、クリティン・デイビス、シンシア・ニクソンのメインキャストとマイケル・パトリック・キング監督のほか、マリエや道端アンジェリカ、ジェシカ、カレン三姉妹、クリスタル・ケイら豪華ゲストが出席した。

【写真】詰めかけたファンだけでなく取材陣にも「アリガトウ!」と笑顔をふりまいていた

メインキャスト4人がそろって日本でのイベントに出席するのは今回が初ということもあり、イベント広場には招待された1000人の一般観覧者だけでなく、彼女たちを一目でも見ようと客席エリア以外にも2000人近い熱心な女性ファンが集結。劇中にも登場するメルセデス・ベンツにそれぞれ乗車して、まず最初にミランダ役のシンシア・ニクソンが登場すると、六本木ヒルズは悲鳴のような歓声に包まれた。

それぞれ個性的で華やかなドレスをまとった4人と監督は、約100メートルのレッドカーペットをゆっくりと歩き、日本やアジアのテレビのインタビューを受けたり、集まったファンに握手やサインをしたりと、終始笑顔で大サービス! そのファンサービスは約40分も続き、夢のようなひとときを過ごした。

その後、ステージに上がり、サラの「カンパイ!」の合図でいっせいにシャンパンでお祝い。マイケル監督は大歓声に「コンニチワ! ここが本当の“SEX AND THE CITY”です」と応えると、シンシアは「アリガトウ! 本当に皆さんに愛されているなと感じます」とコメント。シャーロット役のクリスティン・デイビスも「東京大好き、日本大好きです! どうもありがとうございます!」と返せば、サマンサ役のキム・キャトラルは両手を大きく広げて、歓声のシャワーを浴びながら「ニューヨーク、ロンドン、日本を回って、本当にいいツアーでした。I LOVE JAPAN!」と満面に笑みで答える。サラは「コンニチワTOKIO! 皆さん大好きです。アリガトウ! アリガトウ! アリガトウ!」と、全員が日本語を交えながら、日本のファンへ愛情たっぷりのメッセージを送った。【MovieWalker】

【6月1日22時2分配信 Movie Walker
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100601-00000021-mvwalk-movi
 
   
Posted at 02:20/ この記事のURL
「技術に振り回されずトンチの効いたゲーム制作を」−明かされる『ロスト プラネット 2』の内幕 / 2010年06月02日(水)
オートデスクは6月1日に都内ロイヤルパークホテルで「Autodesk Design Innovation Forum 2010」を開催しました。会場ではオートデスクをはじめとしてコンピューターを使ったデザインに関連する企業が様々な展示を行ったほか、業界関係者による講演が行われました。

【関連画像】

カプコンは「ロスト プラネット 2 における新しい映像表現」と題した講演を行い、XSIとMTフレームワークを併用したゲーム制作の内幕、そして技術のみに頼ることなく迫力ある画面を生み出す、様々な工夫を披露しました。

作業工程

講演の主役は『ロスト プラネット 2』を手がけたCS第一制作室の加治勇人氏。

巨大クリーチャーの背中に乗っての戦闘は前作からチャレンジしたかった課題だった、と語ります。最初はカプコン開発のMT Frameworkによるモデルを使用しましたが、クリーチャーが動くと見た目と実際の当たり判定にズレが生じるなどの問題が発生したため、オートデスクのXSIで当たり判定用のモデルを新たに作成したといいます。MT FrameworkによるクリーチャーにXSIによる当たり判定モデルを合成、見た目に違和感がないプレイが実現されました。

関節構造の再現

六本足や逆関節など、人間と異なった体構造を持つ同作のクリーチャーですが、動きを作成する上では人間によるモーションキャプチャが大きく役立ったといいます。アクターたちが組体操のようにして六本足を再現するなど苦労の連続でしたが、XSI上で関節を加工するなどの処理を施すことで「コストを削減しつつの大量生産」(加治氏)が可能になったそうです。

加治氏は背景に関して「プレイヤーに臨場感を与える上で重要な要素」だと定義します。
前作のマップではプレイヤーが干渉できるのは一部だったものの、動くものに関節を設定するのではなくポリゴンを変形させることで「プレイヤーが通った後の草が揺れる」「着弾で水面にしぶきが上がる」「爆風で木々が揺れる」など臨場感ある画面を作り出すことに成功しています。

バックグラウンド

水の表現は普通に処理したのではリソースを消費してしまう厄介な題材。「手間をいかにかけないかが腕の見せ所」(加治氏)ということで、処理の軽減化が模索されました。水の全てを処理するのではなく、水面用のゆがみのフィルタ+水深を表現する垂直方向へのフォグフィルタを組み合わせることで、リソースを食いつぶすことなく自然な水が作り出されています。

「カプコンのゲームは“こんな技術があるから使おう”ではなく、“こんな遊びをしたい”ということから作られており、遊び心は大切です」と加治氏はいいます。その上では時にはアナログともいえる手法が使われるそうです。『ロスト プラネット 2』では列車に乗って戦うシチュエーション(「列車戦」)が登場します。巨大な列車が広大な空間を爆走する……といかにも処理が重そうですが、実は列車は固定されており、背景のみを後方へスライドさせることで疾走感が表現されています。

カプコンではこうした発想を「トンチ」と呼んでいるとのこと。「技術は進歩しましたが、遊びの本質は変わっていません。トンチ(アイデア)をひねり出すことで、アナログな手法と最新技術でゲームを成立させています。チームのこだわりと熱意を感じて下さい」と加治氏は語りました。

続いて登壇されたのは『ロスト プラネット 2』のプロデューサーである竹内潤氏。

「XSIとMT Frameworkを有機的に結合した開発環境を作り出せました。昨今のゲーム作りでは技術的な側面が注目されていますが、この会場に来られているデザイナーの方には、“技術のみによらず、自分たちのアイデアと努力でものを作れる環境が既にある”ということをご理解頂けたらと思います。映像やゲームを作られる方は、技術に偏重することのない作り方があるということをカプコンの事例からヒントを得て頂ければと思います」とデザイナーへエールを送り、講演を締めくくりました。

六本足のクリーチャーを作るのにアクターが組体操、列車の走行を表現するのに背景だけを動かす……と、様々な「トンチ」が明かされた60分ですが、クリエイティブの現場における発想力と熱意が印象的な講演となりました。

【6月1日23時50分配信 インサイド
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100601-00000025-isd-game
 
   
Posted at 02:19/ この記事のURL
[噂]顕微鏡で見たからね! 次世代iPhoneは960x640の高画質ディスプレイらしい / 2010年06月02日(水)
みんな大好き噂の時間!

チェコのサイトsuperiphone.czが次世代iPhoneを入手しじっくりじっくり眺めてみました。じっくりじっくり顕微鏡まで使ってしっかりピクセル単位で見たところ次世代iPhoneは960x640のIPSディスプレイだと結論づけてます!

ベトナムでの1番新しい次世代iPhoneリークの噂で過去最高のiPhoneになると言われてましたが、このチェコのリークが本物ならその過去最高iPhone、960x640ディスプレイの噂が真実になるのではないか、とさらに期待が高まりますね。
米GIZMODOでも次世代iPhoneを入手した時にやけに高画質だとは思いましたがはっきりと確かめられませんでした。もし960x640のiPhoneの噂が本当ならば、3GSの4倍高画質、さらに現在のスマートフォン市場で最高画質となります。
比較用に顕微鏡で同じように撮影されたNexus OneとiPhone3GSの画を下に。



6月7日から開催のWWDCまで真相はわかりません。そもそもWWDCで新iPhoneは登場するのでしょうか? ますます注目です!


参照サイト: http://translate.google.cz/translate?js=y&prev=_t&hl=cs&ie=UTF-8&layout=1&eotf=1&u=http://superiphone.cz/2010/05/vzali-jsme-displej-iphonu-4g-pod-mikroskop-a-vime-o-nem-vse/&sl=cs&tl=en [Superiphone.cz]

Kyle VanHemert(原文/そうこ)

【6月1日11時51分配信 ギズモード・ジャパン
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100601-00000310-giz-ent
 
   
Posted at 02:17/ この記事のURL
素人の私が、ソーラー工事に挑戦してみた / 2010年06月02日(水)
 Business Media 誠(3月23日)で掲載された「ドイツで、ソーラーエネルギーが見直されている理由」のようにソーラー電力の買取り保証価格はこの夏一挙に16%引き下げられる。ソーラー発電設備を検討している出資者にとって保証価格の引き下げは痛いが、それでも十分な経済的魅力があるため需要は相変わらず旺盛だ。

【拡大写真やソーラー工事の紹介写真を含む記事】

 買い取り価格の値下げはソーラーモジュール(ソーラーパネル)の値下がりを織り込んだもので、再生可能エネルギー法が施行された2000年以降、年率5%程度の引き下げが決められている。モジュールは量産化と製造技術の進歩により年々値下がりするからだ。下げ幅5%が16%に急きょアップされたことは、市場価格の値下がりがそれだけ早い速度で進んでいることを示している。

 実はこの前、ソーラー工事を手掛ける知人に誘われ2週間ほどソーラー発電設備工事(以後、ソーラー工事)に従事してきた。日頃からジャーナリストとしてソーラー発電の話題を扱ってはいるが、設置作業に関しては全くの素人。人手不足のおり、こんな素人でも役に立つということで、慣れない高所作業に挑戦した。

 今回と次回の時事日想は作業者の視点からドイツのソーラー工事事情をレポートする。

●酪農からソーラー発電事業に転換

 今回の設置現場は、シュトゥットガルト市近郊の農村にある酪農家Aさんの飼育小屋。設置場所は緩やかに傾斜した南面の屋根で、傾斜角・方角とも条件は悪くない。面積約300平方メートルの屋根におよそ160枚のソーラーモジュールを設置し、最大出力は約30キロワットとなる。一戸建ての屋根にソーラー発電設備を設置する場合、最大出力1〜2キロワット程度が一般的だから、個人が設置するものとしては中規模のカテゴリーに入る。

 Aさんはこの飼育小屋で40頭ほどの乳牛を飼育していたが、すでに酪農は止めており、代わりにこのソーラー発電事業を始めるそうだ。飼育小屋の屋根はソーラー工事に備えてスレート(石綿セメント板)の葺(ふ)き替え工事を終えたばかり。ちなみにAさんはバイオマス発電も手掛けている。

 牛乳の市場卸売価格は極端に低く、中規模の酪農家が専業で生き残ることは不可能だ。そういった中規模酪農家の代表的な選択肢は農家民宿や林業との兼業だが、Aさんのように酪農を完全に止めてソーラー発電事業とバイオマス発電事業に傾斜するというパターンもある。両事業がAさんの全収入の何割を占めるかは分からないが、農家にとっての新たなビジネスチャンス、あるいは生き残り策として注目される手法だ。

 ここで、今回のソーラー工事の手順を一通り見てみよう。

(1)屋根の事前補修

・必ずしもすべての工事で必要になるわけではないが、ソーラー設備は20年以上使用されるから決して無駄な手間ではない。
・補修費用は出資者が別途負担。

(2)枠組み足場

・この規模の工事になると、作業上の必要性と安全確保のため枠組み足場が必要となる。
・枠組み足場は専門業者が設置し、その設置・使用料は出資者が別途負担。

(3)測量

・基礎となるボルトを埋め込むため、屋根の下にある「梁(はり)」の位置を正確に測量する。

(4)ボルトの埋め込み

・ドリルでスレート屋根と梁に穴を開け、太さ8ミリ長さ15センチのネジを埋め込む。
・ドリルで垂直に穴を開けるのはなかなか難しい。写真のボルトもわずかに傾いているが許容範囲内。

(5)レールの設置

・ソーラーモジュールを固定するアルミ製の「レール」をボルト上に固定する。
・初に横方向のレールを敷き、その上に縦方向のレールを固定。
・ひたすらナットを締め続ける。ソーラー工事全作業の3分の1はこのナット締めのような気がする。手間のかからないシステムの早期実用化に期待したい。

(6)集電用ケーブル

・ケーブルが屋根面に触れないよう注意。触れていると降雨時にゴミが溜まりトラブルの原因となる。

(7)モジュールの設置

・ここで使用したモジュールの大きさは1.0×1.3メートル。重量はおよそ20キロ
・モジュールの引き上げには工事用の簡易リフトを使用。
・これを1枚ずつレール上に設置してケーブルを接続。
・ケーブルの接続は簡単で国際標準規格のプラグをつなぐだけ。

(8)コンバーターの設置

・階にコンバーター(直流・交流変換器)を設置してケーブルを接続。

(9)作動確認

・最終的に電気技術者がモジュールの作動を確認。

 筆者は3から8までの作業に参加。平均4人の作業者で1日9時間ほど働き、およそ8日を要した。

●雨、風、暑さ、寒さ

 高所作業を経験した方ならお分かりと思うが、雨、風、暑さ、寒さといった気象条件によって、作業効率と作業の安全性は劇的に変化する。雨の降る中でも作業は続けるが、傾斜した屋根の上がどれだけ滑りやすいかは想像に難くないだろう。屋根が凍る冬季3ヶ月はさすがに作業を休むそうだが、今回筆者が作業を手伝った知人は、屋根の雪をはらって作業をしたこともあるという。工期に迫られていたのだろうが、率直に言って正気の沙汰ではない。

 雨と同様、風も問題だ。風通しのいい屋根の上で平たいモジュールを運ぶため風にあおられやすい。夏になれば屋根の表面温度は70度まで上がるし、冬の寒さも作業の大敵である。

 今回一緒に仕事をした作業者の一人は6メートルの屋根から落ちたことがあるそうだ。幸い右手の骨折だけで済んだが危険な仕事であることは間違いない。筆者は昔、日本でロープにぶら下がってビルの窓を清掃するバイトをしていた。あくまで個人的な感想だが、ビルのガラス清掃より今回のソーラー工事の方が危険性は高い。

ちなみに時給は18ユーロ。一般的な建設作業より2〜3割高いが、それでも危険性や天候不順で仕事がキャンセルになる不確定性を考えると、なかなか厳しい時給に思える。ソーラー工事作業者は広い意味で建設労働者に含まれるが、比較的新しい職種のため独立した職業カテゴリーはなく、労働組合も整備されていない。こういった点もソーラー工事が一般化する中で整備の急がれる部分だろう。

 さて次回は、今回のソーラー設備を例として、ソーラー発電ビジネスの魅力と現状の問題を掘り下げてみたい。【松田雅央】

※1ユーロ≒112円

【6月1日12時3分配信 Business Media 誠
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100601-00000033-zdn_mkt-bus_all
 
   
Posted at 02:15/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!