【嵐の前の静けさ】風林火山(通常版)専門家に頼らず、初心者でも暴騰銘柄を事前にゲットするためのスキルが身につく投資法-動画でみる投資

August 29 [Wed], 2012, 13:10
【嵐の前の静けさ】風林火山(通常版)専門家に頼らず、初心者でも暴騰銘柄を事前にゲットするためのスキルが身につく投資法

【嵐の前の静けさ】風林火山は、あらゆる相場でも利益を得るための3つの投資手法と1つの基本理論からなる総合投資ノウハウ
冊子付きが登場しました! 購入画面で冊子の有り無しが選べます
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
仕手株だけではありません!
今度の【嵐の前の静けさ】が狙うのは・・・
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
だから、動き始めたサインを確認し、
その勢いが続いている時に取引すれば
仕手株かどうかは一切関係なしに、
通常の中・小型株はもちろん、
大型株でも利益を上げる...
つづき
(この記事はこちらから引用させて頂きました。)



... <10:05> 日経平均はもみあい、先物で小口の売り買い交錯 日経平均は小幅高の水準でもみあい。9時半過ぎから先物に小口の買いが入り、上げ幅をやや拡大する場面もみられたが、その後は売り物に押され、...つづき・・・
(引用元:この記事の著作権は、ロイターに帰属します。)

日経平均先物って何処でみるの?何処で売買してるの?
ヨロシクお願いしまんこ、、、。?( ´ ▽ ` )ノ


- 回答 -
ここクリックしてね! よく見てね・・・! すごい・・・! 興奮・・・! 丸見えですよ・・・(笑)



http://nikkei225jp.com/cme/



真面目に説明します。

日経平均先物は大証の他にCMEとSGXで取引されています。

米国のCME(シカゴ・マーカンタイル取引所)にて売買されている日経225の先物です。

取引時間と売買規模の大きさから翌日の日経平均の寄り付きがCME終値にさや寄せするような動きを見せることが多く、非常に注目されている指数です。 (取引時間:20:00〜翌5:15(日本時間))


シンガポールのSGX取引所にて売買されている日経225の先物です。

アジア各国の金融先物およびオプションも多数上場されいます。日本市場より15分早く寄り付くので日経平均株価の参考となる指数です。最終取引日:取引限月の第2木曜 (取引時間:8:45〜15:30(日本時間))

(この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)



【嵐の前の静けさ】風林火山(通常版)専門家に頼らず、初心者でも暴騰銘柄を事前にゲットするためのスキルが身につく投資法

【嵐の前の静けさ】風林火山は、あらゆる相場でも利益を得るための3つの投資手法と1つの基本理論からなる総合投資ノウハウ
冊子付きが登場しました! 購入画面で冊子の有り無しが選べます
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
仕手株だけではありません!
今度の【嵐の前の静けさ】が狙うのは・・・
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
だから、動き始めたサインを確認し、
その勢いが続いている時に取引すれば
仕手株かどうかは一切関係なしに、
通常の中・小型株はもちろん、
大型株でも利益を上げる...
つづき
(この記事はこちらから引用させて頂きました。)

近年は、低金利でインフレのため、不動産投資時期としては、良い環境です。

バブル時は、キャピタルゲインを狙った不動産投資が主流でした。バブル崩壊後、収益還元方的な考えが主流となっています。これは、アメリカの不動産投資指標ですが、今は主流となっています。

一方で、商業用物件は場所が良ければ、利回りが跳ね上がるますが、不景気のときの賃料下落が激しくて、ハイリスク・ハイリターンともいえます。

不動産は賃料の下落や、空室などで、予定していた収入が見込め無い場合や、不動産の価格が下落した場合や、ときによっては地震で建物が倒壊してしまうなどのリスクがあります。つまり、危険性が高いのですが、基本的には土地が有る限りは、価値がゼロに成ることはないという利点があります。

大まかに分けると、投資物件としては、居住用物件、商業用物件に大別されます。居住物件は、家賃の下落が少なくて、リスクが少ないという意味で、比較的安定した投資と言えまする。

近年では、サラリーマン大家さんが増えて、素人大家さん同士の会合が頻繁に行なわれています。
ファンダメンタル分析は過去と現在のデータを用いて行われるが、その目標は業績予想です。企業のファンダメンタル分析とは、財務諸表や健全性、経営から競争優位性、競合相手、そして市場などを分析することです。

他の種類の定量的な分析やテクニカル分析などの投資分析と区別するために使用されていました。

先物や為替に適用する場合は、経済・金利・製品・賃金・企業経営の全般的な状況に着目します。