これマジイイ!!

October 02 [Sun], 2016, 0:23
敏感肌の方は通常の肌質よりバリア機能が弱まっていますので紫外線被害が多い肌の質になっています。

紫外線ですが、スキンケアを疎かにしていると敏感肌はバリア機能が低いので肌年齢が老けて見え、シミ、ソバカスの原因を作ってしまうのです。

敏感肌でも美白になろうのであれば、日々のスキンケアに加え、UV対策も視野にいれケアたいさくを始めて下さい。

紫外線ですが浴びているという感覚が全然ありませんので敏感肌の方は夏以外ではUVケアを全く行っていないという事が殆どです。

紫外線は雨などの天気の悪い時でも浴びている状態です。

紫外線はA波、B波共に熱くないですので、晴れている時以外は意識している人はあまり無いかもしれません。

しかし、一般生活でも紫外線自体はあなたの肌に降り注いでいるものです。

冬の日でも、雨や曇りの日でもいつも紫外線があたっているという事を知っていますか?僅かでも紫外線が肌へ蓄積されるのを日々重ねると敏感肌は特にシミができるので紫外線ケアを考えたスキンケアが必要です。

時間の経過とともに肌の紫外線による負担がかかってきます。

晴れてなくても紫外線があると感じている事が、敏感肌の女性には重要だと言えるのではないでしょうか。

紫外線を意識したスキンケアをしないと肌に負担がかかります。

肌バリアが弱い敏感肌は紫外線が吸収されるので、普段から紫外線対策をすることが重要なポイントです。

敏感肌の場合、UVのケア対策をしようと意識しても、刺激が強いので日焼け止めクリームなどを濡れないと感じているでしょう。

しかし、敏感肌自体が肌機能が弱くなっている現状ですので意識して日傘をさしているだけでは紫外線対策が出来ているとかいうことができません。

紫外線にはA波とB波があり、A波はB波より沢山日光にあると言われているのです。

AはB波に比べると、弱いと言われていますが、肌の奥へ浸透するという特性と分かっているため、くすみやシワ、ソバカスの原因になり危険です。

一方ではB波ですがサンバーンと言われていますが、ヒリヒリして肌を赤くとなってきます。

日焼けするとどういった肌トラブルが起こるのか?くすみやソバカス、肌に重要であるコラーゲンの減少、肌老化などをおこします。

紫外線は熱いとか感じないので、ずっと何も感じず、肌トラブルで露呈してきます。

毎日のスキンケアで紫外線の対策が大事です。

敏感肌の女性は、紫外線対策が後回しになるので、お肌がクスミが出来たり、シミやソバカスも出来、肌年齢が本当よりも老けて見られることが多いです。

敏感肌専用のスキンケア商品を使って、紫外線を受けたお肌の肌対策をしてあげることが重要です。

敏感肌の女性であればもっと紫外線についての知識が必要だと痛感します。

紫外線は肌に常に影響があるものですので毎日のスキンケアにおいてもいつも気にしておくという気持ちでいましょう。

シミが気になる女性は紫外線が原因ですので紫外線対策を意識したスキンケアをしましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ヒマリ
読者になる
2016年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/bdmanecmoe1lip/index1_0.rdf