それを信じて疑っていなかった

November 15 [Fri], 2013, 15:01
なかった。

「いいから、モモを連れてってやってくれ……」

 それが、ハレのためになる。

www.conebnafd.com

 自分は、絶対に生きて戻れると思っているからこそ、ハレの周囲を盤石にしようと考えているに違いない。

 これで。

 自分は、太陽になるつもりはないと言ったら──きっと一晩中、説教をされることだろう。

テルとハレ


「ハレ、ちょっといいか?」

 テルは、兄の部屋のノッカーを鳴らした。

 双子の兄弟とは言え、小さい頃から部屋は別々だった。

 それぞれに、派閥の違う取り巻きがいるものだから、昼間はなかなか自由に行き来が出来ない。

 だが、夜は違う。

 この時だけは、周囲のしがらみを抜け出し、二人は兄弟として語り合うことが出来たのだ。

 そういう意味で、テルは夜が好きだった。
コーチ アウトレット

 というか、先祖代々の分かりやすいイデアメリトスの血を、テルはその容姿に受けついでいたからだ。

「リリューのところに、行ったんだって?」

 ハレは、道場には通っていない。

 剣術を学ぶ気には、なれなかったようだ。

 だが、人を見る目は確かだ。

 よりにもよって、あの道場でも抜きん出ているリリューを選んだのだから。

「ああ。私が旅を成功させるには、彼くらいの人間が必要だと思ったからね」

財布 メンズ


 何かあった時に、自分の身を自分で守れないのは嫌だった。

「その旅のことなんだけど……もう一人、連れて行かないか?」

 今日、ハレを訪ねた理由は、それ。

 自分は、自分で何とか出来る。

 テルは、それを信じて疑っていなかった。

 だが、彼には人が必要だ。

 その人材を、テルは抱えてきたのである。

「連れて行けるのは、二人だよ」

 彼は、弟の申し出を苦笑で受け流そうとする。

「連れて行って欲しいのは……モモだ。リリューの従妹になる。女は、二人の数には入らない」

 どんな側仕えの女よりも、彼女はハレの役に立つだろう。

 しかし、
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/bdfgdfg/index1_0.rdf