石鹸は弱アルカリ性しかありえない

March 11 [Tue], 2014, 13:57
石鹸といえば弱アルカリ性というのが常識のようになってますよね。
でも最近のはやりは弱酸性の石鹸です。
肌に近いphというのが売りのようです。

肌が過敏に反応するのを抑えるためにあえて弱酸性にしているようですが、実はこの弱酸性の石鹸というのは石鹸ではないそうなのです。
ちょっと、無理問答のような感じですが、石鹸と呼ばれるものはアルカリ性でなければ存在しないということらしいのです。

では、弱酸性や中性の石鹸は何になるのということですが、これらは石鹸のようなものもしくは洗剤です。

石鹸はもちろん界面活性剤によって汚れを取るのですが、石鹸の界面活性剤というのは人の肌の上に残らないらしいのです。
そのため人には無害に近いものなのだそうです。

それに引き換え弱酸性の洗剤の場合はこの限りではないようです。
体に近いphというだけで実は体にはあまりよい影響を与えないということらしいのです。
この弱酸性というのは宣伝のためのキャッチコピーのようなものだと思います。
そのようなものに踊らされないようにしたいものですね。

ビタミンÇはストレスで減少する

March 05 [Wed], 2014, 21:26
美容のためにビタミンCがいいとよく言われますが、なぜビタミンCが美容にいいのでしょうか。
ビタミンCと言うのは体の中で発生した活性酸素を退治するという働きがあります。
このような物質を抗酸化物質と呼ぶそうです。

抗酸化物質にはビタミンCの他に、ビタミンEやビタミンB2、カロテンやポリフェノールなどがあるそうです。
しかし、抗酸化物質であるビタミンCはストレスや肉体疲労のほか喫煙などで著しく減少してしまうのです。

ビタミンCは人間の体では生成できない物質なので、食物やサプリメントから体に取り込まなければいけません。
そのため、過度のストレスや過労などはできるだけ避けたいものです。
そうはいっても現在の日本においてストレスフリーな生活などはまず不可能でしょう。

せめてビタミンCを多くとって体をいたわってあげることが必要となりそうですね。

ヨーグルトの乳酸菌で長生きを

February 26 [Wed], 2014, 17:35
最近健康を気にしてヨーグルトを毎日食べるようにしています。
もちろん低脂肪タイプなんです。
おやつタイプのヨーグルトじゃ乳酸菌は取れるけど、カロリーが気になります。

だって、健康も大事ですが美容も大事ですから。
ダイエット知っているわけではないですが、やっぱり太りたくはないですよね。
でもヨーグルトってなんでそんなに健康にいいのでしょうか。

ブルガリア地方の人は年をとっても肌の艶が良くて、元気だと言われています。
日本はもともと牛乳を飲む習慣がなかったのでヨーグルトのような動物性の
乳酸菌は取ってきませんでした。

でも、食物性の乳酸菌はたくさん取ってきたのです。
それが漬物なんですね。
漬物のちょっと酸っぱい感じが乳酸菌によるものなんです。

キムチなんかも乳酸菌ですね。
朝鮮の方はよく知りませんが、日本人が長生きしている理由もこの辺りにある
のかもしれません。

私の場合漬物がちょっと苦手なのでヨーグルトで健康になろうと思います。

冬の紫外線対策も大事

February 24 [Mon], 2014, 16:04
冬の太陽ってなんか柔らかい感じがしますよね。
なんか紫外線も少ないような気がします。
でも、それは見かけだけで実際はかなりの紫外線が含まれているようです。

だって、この前の休日に動物園に出かけたのです。
冬だからそれ程紫外線対策をせずに出かけたのですが、
帰ってきてびっくりしたのです。

その日はサングラスだけはしていたのですが、そのサングラスの部分だけ
日焼けせずに、うっすらとですがその部分以外の場所が日焼けしていたのです。

なんかとてもショックで首をうなだれてしまいました。
ファンデーションで何とかごまかしが聞く程度の日焼けだったので良かったのですが、
後でなんか影響が出てきそうでちょっと怖い気もします。

日焼け止めをちゃんとしないと、若い時にはそれ程感じませんが、
くすみが出てきます。
私も、最近顔の色がうっすらと茶色くなっているようなきがするのです。
くすみって見た目年齢が上がるとよく言われますよね。

自分では気づいていないけど、周りの目が最近気になるようになってきました。
くすみを作らないためにも紫外線ケアだけは十分に行わないと行けませんね。