シャネル IPHONE6 バンパー 4.7インチ スマホ保護カバー アイフォン6 PLUSバンパー

March 24 [Tue], 2015, 11:25

■商品名: シャネル IPHONE6 バンパー 4.7インチ スマホ保護カバー アイフォン6 PLUSバンパー ■対応機種:iphone6 iPhone6Plus ■ご注意: ※パソコンの環境によっては写真の色味が実際の商品と少し異なる場合があります。ご了承下さい。 ※携帯本体は付属いたしません。 ※サードパーティ製品 ※只今は送料無料


 ルイヴィトンiphone6カバー


 ルイヴィトンiphone6カバー


 ルイヴィトンiphone6カバー


 ルイヴィトンiphone6カバー


 ルイヴィトンiphone6カバー


 ルイヴィトンiphone6カバー


 ルイヴィトンiphone6カバー


 ルイヴィトンiphone6カバー


http://topeyle.com/
●サイズ感と機能
先日、Xperia Z Ultraを導入した。2013年夏発表、日本発売は翌年1月のモデルであり最新型とは言い難く、しかもSIMフリーではなくあえてau版「sol24」。なぜ、あえていまこの端末なのか? その理由と実際の使い勝手について述べたい。

○このサイズ感、この機能
シャネルiphone6ケース。。
Xperia Z Ultra(正確には「Xperia Z Ultra sol24」だが、au端末としての機能に限定しないかぎりこの表記にする)の導入に踏み切った背景には、約2年愛用してきた初代iPad miniへの不満が募ったことがある。iOS 7のときまでは快適な操作感だったが、iOS 8にアップデートしてからはレスポンス低下が顕著となったことが主な理由だ。

iPad miniのサイズ感は、iPhone 3G以来のiPhoneユーザである筆者にとって絶妙な"落としどころ"だった。ソファで寝転がって電子ブックを読むとき、フルサイズのiPadは10分も経つと手持ちが辛くなってくるが、iPad miniならば苦にならない。ディスプレイは大き過ぎず小さ過ぎず、iPhone(5sまで)の画面サイズではもの足りなくなる場面で重宝していたのだ。

しかし、A7搭載の最新モデル(iPad mini 3)に買い替えようという気にはならなかった。その理由は、半年前、iPhone 6を導入したからだ。iPad miniの画面サイズは縦160×横120mm、iPhone 6は縦104×59mmと面積に約3倍の差はあるものの、iPhone 5sのときほどではない。iPhone 6の画面サイズ拡大により、iPad miniに期待してきた要素が減ったことは確かだ。SoCが1世代前のApple A7という点も、"その気"を萎えさせる。
iphone6ケース。。
そんなとき、Xperia Z Ultraが目に留まった。画面サイズが6.4インチと聞くと、iPad miniに比べ手狭という先入観を持ってしまいがちだが、さにあらず。IPX5/8相当の防水機能、金属製スタイラスのサポートなど、iPad miniにないフィーチャーもある。特にオーディオ&ビジュアル方面では、拡張性も期待できる。最初はWi-Fi版と(並行輸入品の)SIMフリー版も検討したが、結果としてau版のXperia Z Ultra sol24に決めた。そのワケは……

●au版に決めた理由
○Xperia Z Ultraを選んだ理由

au版に決めた最大の理由は「FeliCa」だ。Wi-Fi版と(並行輸入の)SIMフリー版もNFCをサポートするが、FeliCa対応ではないため「おさいふケータイ」としては使えない。小柄なぶんiPad miniより外へ持ち出す機会が増えるとすれば、SUICAやEdyカードを持ち歩かずにすむFeliCa対応端末のほうがありがたい。

Felica対応はAndroid端末であれば"お約束"の範囲内、当然ながら最新のAndroidタブレット/ファブレットも検討したが、Xperia Z Ultra sol24はディスプレイの色域が広い。BRAVIAの技術を生かした「トリルミナスディスプレイ for mobile」は色再現領域が広く、鮮やかな赤や深い青を表示できる。モバイル向け超解像技術「X-Reality for mobile」も、SONYグループ製品ならではのアドバンテージであり、期待が高まる。

それに、iPad miniの画面はアスペクト比4:3だが、Xperia Z Ultraは16:9。iPad miniでテレビ視聴アプリを利用すると、画面の上下に未使用領域ができてしまうが、Xperia Z Ultraならば余さず表示できる。前述した広色域技術と超解像技術が組み合わされれば、かなりイイ感じのモバイルテレビ端末になるのでは? という読みだった。
グッチiphone6。。
最大のメリットは、microSDXCカードスロットを装備していることかもしれない。1枚あたりの最大容量は64GBで交換の手間はかかるが、実質的に無限大のストレージ領域を手にすることができる。圧縮音源ならばともかく、仕事柄容量が嵩みがちなハイレゾ音源を持ち歩くため(DSDともなると1曲につき数百MBはザラ)、64GBでは心もとない。音楽のみならず、録画済テレビ番組を持ち出すための領域にも使える。

これはうれしい偶然だが、マイカーに備え付けのカーナビ前面に置いてみたところ、ぴったりハマることが判明。テレビチューナの後付けが難しいため(可能だがかなりの出費になる)、車内でのビデオ再生は諦めていたが、あっけないほど簡単に解決した。背後にある本来の画面が隠れてしまうので運転中には取り外すことになるが、カーナビ周辺に余分なアタッチメントを装着せずに済むので、これだけでも導入した甲斐があるというものだ。
プラダ iPhone6ケース
●絶妙なポジションにある「Xperia Z Ultra」
ここまで機種選定の理由を淡々と挙げてきたが、いずれも事前情報が中心でタッチ&トライを繰り返したものではない。実際の使用感はどうなのか? 具体例を挙げつつ率直な感想を述べてみたい。

まず、全体的な感想について。よくXperia Z Ultraを「ファブレット」と呼ぶが、筆者としては「(スマートフォン+タブレット)÷2=ファブレット」としてではなく、「スマートフォン×0.7+タブレット×0.3=ファブレット」という意味合いで本機を評価したい。やはり普段使いの端末としては多少大ぶりだが、2台目のスマホ、タブレットとしても使えるスマホとしては、絶妙なポジションにあると思える。
シャネルiphone6 ケース。。
テレビ端末としての使い勝手はいい。画面サイズはiPad miniの6割程度だが、デジタル放送を適正なアスペクト比(16:9)で表示したときの実面積はiPad miniとほぼ同じ。iPad miniとほぼ同じ画面領域をこのボディサイズ/重量で得られるメリットは大きい。寒い朝、録画した番組を寝床で見るにはお手頃だ。行儀は悪いが、食事中にニュース番組を見るときには付属の充電ドックがテレビ台として役に立つ。

「ハイレゾプレイヤー」としても満足している。アプリ「ONKYO HF Player」とUSB-OTGケーブルを用意すれば、各種ハイレゾ音源を再生できるし(DoP方式によるDSDネイティブ再生も可)、複数のmicroSDカードを用意すれば多数の楽曲を持ち運べる。約3000mhAのバッテリー容量は、ディスプレイを点灯させるとパワフルとは言い難いが、消灯して音楽再生に特化すればじゅうぶん長持ちする。オーディオ機器の試聴会に音源を持ち込む用途に、早速活用している。

Bluetoothスピーカー用音楽プレイヤーとしても重宝している。NFCのおかげでペアリングがスピーディーに完了するうえ、Bluetooth/A2DPのコーデックとしてSBCとAAC、aptXの3種に対応している。リビングで使用している「Klipsch GiG」はaptXをサポートしているので、同じ曲を再生するにしてもAACが使用されるiPhoneより有利なのだ。
iPhone 6ケース。。
●気に入らないのはSIMトレイ
いいことずくめのようだが、もちろん気にいらないこともある。ひとつが、華奢なSIMトレイだ。スムーズに引き出せないことがあり、力を入れて引きだそうにも薄いプラスチック製のため強度が気になる。iPhoneの金属製トレイに比べ見劣りするだけでなく、SIMを気易く差し替えられなくなってしまう。
iPhone6ケース。。
防水機能はほぼ予想通りで、多少水に濡れても水没させても平気なほどだが、端子部分のフタが気になる。本体とプラスチック製のひもでつながっているところに、どうにも既視感(ガラケーでよく見かけた)を覚えてしまうのだ。質感ばかりでなく、着脱を繰り返すうち折れそうで不安にもなる。この点、スマートな方法で解決してくれていれば、より満足できたように思うのだが……

ともあれ、本機の満足度はじゅうぶん高い。発売から1年以上経過した端末であるにもかかわらず、だ。しかもこの先、Android 5.0 Lollipopのアップデータが配布される(だろう)というお楽しみが待っている。あと1年、いや2年、この"ファブレット"を使い倒していきたい。
iPhone6ケース香水風。。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:bcxgxdf
読者になる
2015年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/bcxgxdf/index1_0.rdf