アシグロツユムシのシルバーシャーク

July 01 [Fri], 2016, 10:56
シフト勤務で働く看護師にとって夜勤は必須ですが、夜勤の仕事で体調を崩してしまうならば、日勤だけの勤務を条件に、転職を考えてみてください。



ですが、注意しておかなくてはならない点として、夜勤労働の手当てが入らなくなるので、夜勤で働いていた頃に比べて収入が減ってしまう事が少なくありません。

今後の人生設計や体調を考えて、年収が下がっても、転職をするかどうか、よく考えることをおすすめします。



看護士の求人はたくさんありますが、希望と一致する条件の求人があると言い切れないのが現状です。看護資格がある方の中で就職できればいいやと思っておられる方は少ないでしょう。できるなら給料が高く、職場環境が良く、夜勤のないところに勤めたいと思っておられる方が多いものです。希望に合ったところに転職するには、情報の収集を怠ってはいけません。医療施設で看護師として働いていた知人は、ある病気の治療のために退職したそうです。


しかし、完治させた後は、現場に復帰して、病院で看護師としての仕事を続けているのです。

多少、仕事をしていない期間があっても、資格があれば早々に復帰できますね。
普通はブランクがあると再就職が難しいので、有利な資格を取っておいた方が安心ですね。外科勤務の看護師の、いいこと、良くないことも含め、どういったことが起こりうるのか、説明しましょう。

まず第一に、術前の患者や手術を受けた後の患者の看護を行うことによって、とても勉強になります。

良くない面を挙げると、一人の患者を担当出来る期間が術前術後に限られることが多いこともあり、長期間じっくりと患者との関係を構築していくということが難しい点があります。


オン、オフの期間を調整できて、やりたい仕事を選んで働ける、等などが常勤ではなく、派遣という働き方を選んだ場合に得られるメリットです。



仕事は、単発のものや短期のもの、長期で働ける方歓迎、というものもあって自分の条件に合わせて選ぶと良いですから、看護師として働きたいけどなかなか条件に合うものがない、という人には条件を選べる看護師派遣も、悪くはないはずですから、それを踏まえて求職してみても良いのではないでしょうか。

一口に看護師の仕事と言っても、病棟勤務か外来勤務かですることが全く違います。ですから、ずっと病棟勤務だった人の場合は、次の職場でも病棟勤務、というのはよくある話です。それと、もし何らかの得意なこと(例えば採血が上手い等)があるのなら、雇用者に知らせておきましょう。そうすることで、それを活用できるポジションにつくことができるでしょう。仮に、いつでも夜勤が歓迎である旨を伝えるとしますと、そういった人は少ないこともあり、確実に病棟勤務に就けるはずです。

大体において、業務の中身に見合った給料が支払われることになるでしょうから、希望する点を相手にしっかり伝えるのが、双方にとって有益なことです。



学校を卒業したり転職によって、新しい病院に就職する際に、配属先がどこになるか、というのはどうしても気になるものですが、おおまかにこちらの要望を呑んでくれるようなところもある一方、人員配置を担当する人の考え方一つで確定されたりすることもありそうです。望んでいない配属になったとしても、その場所でその人が必要だという病院側の判断により、充分に考えられた配属であることが殆どです。ただし、配属されて、どうしても違和感や不満などが治まらない時は、新しい上司にそのことを相談してみると良いでしょう。全国的に看護師が不足している現状は十分な医療を提供できないという意味では社会問題と言えます。



原因は様々ですが、その一つとして看護師の仕事が過酷だということが挙げられます。
近年、看護師の医療行為が解禁されたことで看護師にかかる負担が増え、勤務時間も長くなってしまい、休みも簡単には取れません。

また、子供を出産後、夜勤で働きながらの育児は困難だとして、看護師を退職する人も珍しくありません。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Sakurako
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/bcoredsteos42r/index1_0.rdf