ンテンツを修正するとき

July 30 [Wed], 2014, 12:01
富士山を登ったら何が得られる?登山前に期待することトップ3
@DIME 7月29日(火)9時50分配信
写真を拡大 写真を拡大
富士山を登ったら何が得られる?登山前に期待することトップ3
夏季の富士登山者数は、毎年30万人前後だが、小・中学校の夏休みが始まるこの時期から8月中旬までが、最も登山者で混み合う
 富士山は、世界遺産登録後から2度目の登山シーズンを迎えている夏季の富士登山者数は、毎年30万人前後だが、小・中学校の夏休みが始まるこの時期から8月中旬までが、最も登山者で混み合うまた、直近の調査(2014年6月17日発表済み)では、「今後、富士登山をしたいと思う人の割合」が6割を超えるなど、多くの方が富士登山に高い関心を示していることが分かっているここで疑問となるのが、決して楽な道のりではなく、時には危険も伴う富士登山に、何故こんなにも惹かれるのかということ富士山エリアをガイドするウェブサイト「フジヤマNAVI」を運営する富士急行株式会社は、人々が富士登山に魅了される理由を紐解くため、富士山5合目での
「富士登山の直前と直後の意識比較調査」を実施した

 調査の結果、登山直前、「頂上まで登り切る予定」と回答した人の割合は98.5%で、そのうち、実際に登り切ったのは87.0%となり、11.5%の人が頂上まで辿り着くことができなかったという結果になったまたね登山者の4人に1人は「絶対にまた登りたい」と、富士登山に強い意欲を示しており、“また登りたい”の回答と合わせて、登山者の8割以上が再び富士登山したいと思っていることが明らかになった富士登山では、登山前の期待以上に「忍耐力」「助けあう気持ち」「体力」が得られるという結果になった

 富士山5合目で、これから登山に向かう人に「富士山の頂上まで登りきる予定ですか?」と尋ねたところ、98.5%の人が「はい」と回答富士登山の際は、ほぼ全員が頂上を目指しているようだ一方、それらの回答者に対して登山後に行ったアンケートでは、「実際に、頂上まで登り切ることができた」割合は87.0%だったその差である11.5%の登山者は、頂上を目指しながらも辿りつけなかったようだ10人に1人が断念してしまうことを考えると、やはり富士登山は楽な道のりではないことがわかる富士登山はかなりハードルが高いと言えそうですが、その大変さを味わった登山者は、再び富士登山をしたいと思うものなのか? 

 その疑問を明らかにするため、登山直後の人に「富士登山に対する意向」を聞いたところ、「絶対にまた登りたい」と強い意欲を示す人の割合は26.6%と、約4人に1人に上った加えて、「また登りたい」が54.7%となり、合わせて81.3%の人が再び富士登山することへ意欲を示した

 前問までの結果から、富士登山が予想以上に困難で、登山後には疲労感や体調がすぐれないこともあるが、それでも富士登山には、人々を惹きつける魅力があるようだでは、実際に登山した人は一体に何に惹きつけられたのかそのヒントを探るため、「富士山に登って驚いたことや感動した事」を自由回答で尋ねたところ、上位には、富士山に登ったからこそ体感できる「雲海の素晴らしさ」(6.3%)、「自然の素晴らしさ」(5.7%)、「ご来光の素晴らしさ」(5.2%)、「景色の素晴らしさ」(5.2%)が挙がったまた、「自分が、まだ登山できると自信を持てた」(1.6%)、「大きな達成感を得たこと」(1.6%)など、困難な富士登山に挑戦できたという精神面での充実を、感動した事柄に挙げた人もいた

 富士登山することで、何かを得られると期待している人も少なからずいると思われるが、実際には何が得られるのか? これも登山前の期待と、登山後の実態をアンケートで顕在化した 登山前は、得られると期待することの第1位は「達成感」(82.2%)、第2位は「自然のパワー」(55.3%)、第3位は「忍耐力」(27.7%)となった

 一方で登山後、実際に得られたものとして、第1位と2位に大きな変化は見られなかったが、3位以下に特徴的な違いが表われた「忍耐力」は第3位と順位は変わらなかったが、割合は11.4%のアップとなったさらに、登山前は6位だった「助け合う気持ち」が19.0%も伸び、登山後は4位に「体力」も、14.4%増加するという結果に富士登山では、「忍耐力」「助けあう気持ち」「体力」の項目を、事前の期待以上に得られたと感じるようだ

 今回の調査結果を受けて、「フジヤマNAVI」編集担当は以下のようにコメントしている

 今回の調査は、なぜ毎年多くの人々が富士登山に挑戦するのか、その動機を解明するための示唆に富むものでした富士登山は、5合目から登るルートでも登りと下りで10時間前後を要しますさらに、その道のりでは高山病、低体温症、脱水症状、天候急変、紫外線によるダメージなど、様々な危険性が潜んでいますこのように
決して楽ではない富士登山ですが、直近の当社調査では、「富士登山をしたいと思う人の割合は6割以上」という結果が出るなど、人々の富士登山意欲は非常に高いことが明らかになりました当編集部では、毎年多くの富士登山者が山頂を目指す理由を探るため、今回の調査を行いました富士山5合目で、登山直前の人と登山直後の人にアンケートを取ったことで、その瞬間の新鮮な感情を結果に反映できたと思います調査からは、“やはり予想以上に富士登山が過酷であること”、加えて“その過酷さに勝る魅力があること”が分かりました特に、登山直後、疲労困憊の状態でも8割以上の方が“再び、富士山に登ること”への意欲を示したことが、富士登山の魅力を如実に物語っていると感じます


【調査概要】
◆調査名: 富士登山の直前と直後の意識比較調査
◆調査対象者: (1)富士登山を行う直前の人264名(2)富士登山を行った直後の人192名
◆調査場所: 富士山の山梨県側5合目にある施設「富士急雲上閣」(運営:富士急行)
◆調査方法:
(1) 富士登山を行う直前の人:「富士急雲上閣」周辺にて対面記述式アンケート調査
(2) 富士登山を行った直後の人:(1)の回答者に、アンケート用紙を渡しておき、登山後に「富士急雲上閣」にて回収基本的に対面記述式で対応し、夜間のみ回収箱を使用
◆調査期間:2014年7月11日〜7月13日
する
マイナビニュース 7月29日(火)9時30分配信
Office 365サイト活用入門 第14回 Office 365でアンケートを回収する
写真: マイナビニュース
○SharePoint OnlineのアンケートWebアプリ

アンケートを回収するにはいろいろな方法がありますが、アンケート回答者がWebサイトにアクセスできるのであれば、Webサイトにアンケートフォームを作成するのが効率的です

【もっとほかの写真をみる】

さらに、アンケートフォームへの入力をその都度アンケート主催者側にメールするのではなく、入力データをWebサーバ上のデータベースに保存していつでも取り出せるようになれば、集計作業までを半自動化できます

SharePoint Onlineではこうしたアンケート回収用のWebアプリをあらかじめ用意していますので、非常に簡単にアンケートをとることができますただし、デザインやレイアウトは基本的にあらかじめ定められているものですので、ほとんど変更できません

○SharePointのアンケートWebアプリでアンケートページを作成する

SharePoint Onlineサイト上にアンケートページを作成するには、次のようにします

(1)Office 365のサイトにサインインし、チームサイトを開きますサイドバーメニューの「サイトコンテンツ」クリックして、サイトコンテンツのページを開きますこのページに「アンケート」のアイコンが表示されていないときは、「アプリの追加」をクリックしてください

(2) 手順(1)で「アプリの追加」をクリックしたときは、アプリ一覧ページをスクロールして、「アンケート」をクリックしてください

(3)新規にアンケートコンテンツを作成するウインドウを表示します「詳細オプション」をクリックしてください

 「名前」にアンケート名を入力して「作成」ボタンをクリックすると、内容が何もない空のアンケート(白紙のアンケート)を作成しますまずはアンケートだけ作成しておいて、あとで内容を設定することもできますが、一般的にはコンテンツ作成時にアンケート内容を設定することが多いでしょうその場合は「詳細オプション」をクリックします

(4) アンケート内容を入力しますまず、「名前」、「説明」を入力し、アンケートを記名製にするか無記名にするか選択し、1ユーザーによる複数回答を有効にするかどうかを選択して、「次へ」をクリックします

複数回答を有効にしないとき、Office 365のユーザー名で回答者が識別され、1人のユーザーがアンケートに2回以上回答することはできなくなります

(5) アンケートの設問項目を1問ずつ作成します1問を設定したら「次の質問」ボタンをクリックしてまた、次の設問を入力しますすべての設問を入力し終えたら、「完了」ボタンをクリックしてください

選択した質問のタイプ(テキスト、選択肢、数値等々)によって、設定項目が変わります

(6)全ての設問を入力し終えると、アンケートコンテンツの作成が完了し、設定内容を表示します

メール等でSharePointサイトのアンケートページを案内するときは、ここで表示されるWebアドレスをコピーするといいでしょうまた、このページでアンケートの質問の追加、順序の変更、アンケートコンテンツの削除など、設定を変更(または削除)できます

○アンケートへの回答

アンケートに回答するときは、アンケート主催者から通知されたURLにアクセスするか、Office 365サイト(SharePoint Online)のサイトにアクセスし、サイトコンテンツから探します

(7)Office 365サイトでサイトにアクセスし、サイドバーメニューの「サイトコンテンツ」をクリックします

「最近使った項目」に目的のアンケート名が表示されているときは、直接アンケート名をクリックしてもかまいません

(8)コンテンツ一覧から回答したいアンケートを探してクリックします

(9)アンケートコンテンツが表示され、現在の回答状況などの概要が表示されますアンケートに回答するには、「このアンケートに回答する」をクリックしてください

(10)アンケート回答ページで回答を入力し、「完了」ボタンをクリックします

○アンケート集計結果を見る

アンケートの集計結果は、アンケートコンテンツページから確認できますまた、結果をExcelにダウンロードすることもできます

まず、手順(9)の画面を開いてください

(11)アンケート概要の表示の下にある、「回答の概要をグラフで表示する」(手順(12)へ)または「すべての回答を表示する」(手順(13)へ)をクリックします

(12)「回答の概要をグラフで表示する」では、アンケートの集計結果を自動的にグラフ表示しますただし、グラフの自由度はありませんので、好みのグラフを作成するためには、手順(14)〜(15)でExcelにエクスポートし、Excelでグラフを作成するといいでしょう

(13)「すべての回答を表示する」では、すべてのアンケート回答をテーブル形式で表示しますこの内容は、手順(14)〜(15)の方法で、Excelにエクスポートできます

○アンケート結果をExcelにエクスポートする

 アンケート結果をExcelにエクスポートして、Excelのブックに保存することができます

(14)アンケートコンテンツのページで「操作」をクリックし、「スプレッドシートにエクスポート」をクリックします自分のPCのフォルダ(デスクトップ等)に保存してください

(15)ダウンロード保存したファイルは、ExcelブックそのものではありませんOffice 365(SharePoint Online)に接続してデータをExcelに読み込むための接続ファイルですこのファイルをダブルクリックして開くと、SharePointサイトからアンケート結果データをExcelに取り込みます改めて、ExcelでExcelブックとして保存してください

○アンケートコンテンツの修正

作成済みのアンケートコンテンツを修正するときは、次のようにします

(16)アンケートコンテンツのページで「操作」をクリックし、「質問の追加」または「アンケートの設定」をクリックしますまた、直近の調査(2014年6月17日発表済み)では、「今後、富士登山をしたいと思う人の割合」が6割を超えるなど、多くの方が富士登山に高い関心を示していることが分かっているケース コピーまた、直近の調査(2014年6月17日発表済み)では、「今後、富士登山をしたいと思う人の割合」が6割を超えるなど、多くの方が富士登山に高い関心を示していることが分かっているシャネル Chanel シリコンまた、直近の調査(2014年6月17日発表済み)では、「今後、富士登山をしたいと思う人の割合」が6割を超えるなど、多くの方が富士登山に高い関心を示していることが分かっているiphone5 シリコンケース ブランド
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/bcgdfges/index1_0.rdf