他マーケティングとの連携

May 04 [Mon], 2015, 7:40
電話が普及して、かなりの年月が経過した時点で普及する事になったテレマーケティング。
そのため普及は速く、あっという間にマーケティングの主流のひとつとなり得ました。
1990年代になると、あらゆる部門においてテレマーケティングが利用されていたと言っても過言ではないでしょう。

しかし、時代は常に変遷していき、マーケティングもそれに合せるように、様々な新しい戦略が必要とされてきます。
特に、インターネットが普及した1990年代後半、さらにはネット上でのコミュニティが確立された2000年代といった時代においては、ネットやダイレクトメールを利用したマーケティングが主流になっていきました。

こういった時代の流れの中で、テレマーケティングが取り残される事なく、主流のひとつとしてあり続けた理由としては、これらの新たな技術との連携、融合が挙げられます。
電話というものは直接対話というコミュニティであり、これはメール等のやり取りだけでは発揮できない効果があります。
そのため、ダイレクトメール、インターネットといった他の様々なメディアを補完するという立場で、テレマーケティングは生き残ったのです。
とはいえ、補完するだけの立場であれば、主流とはいえませんね。
テレマーケティングは、決定的な一手を担う戦略として、他のマーケティングに組み込まれる事が多いのです。

たとえば、ダイレクトメールによるやり取りで顧客を得たとします。
しかし、メールの一方的な配信は、なかなか特定の顧客だけに行うという事はできず、どうしても文章が与える印象は事務的になってしまいます。
そうなると、なかなか優良顧客へは育ちません。
そこで、電話による対話が重要となってくるのです。
直接のコミュニティ、しかも一対一の会話を行う事で、信頼、安心感を与える事ができるのです。


イエメン ペンパル

愛知御津駅 アルバイト&パート求人 日払い、高い時給
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:あつしbcg4rqwx
読者になる
2015年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/bcg4rqwx/index1_0.rdf