プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:bcfqrvypsimize
読者になる
2010年07月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる
アナリストに聞く製薬業界の動向(上)―舛添憲司氏(ドイツ証券シニア・アナリスト) / 2010年07月27日(火)
 製薬企業の今期第1四半期決算の発表が、今週から来週にかけてピークを迎える。4月の薬価改定の影響が注目される中、今後の製薬業界の展望についてドイツ証券シニア・アナリストの舛添憲司氏に聞いた。

―製薬企業各社の前期決算と今期予想をどのように評価されますか。

 昔は中間と本決算しかなかったので、さまざまなサプライズがありましたが、開示が四半期ごとになってからは、そういうサプライズはほとんどありません。今期の計画についても、ほぼ予想通りという印象です。
 ただ、新薬の特許の問題について、これまでは「特許が切れるので厳しくなりそうだ」との懸念で終わっていた話が、現実問題として会社計画の中にも組み入れられるなど、「本当に厳しい」ということが確認できました。大手の武田薬品、エーザイ、アステラスは影響が大きいと思います。

―何か目新しいことはありましたか。

 1つ新しいことと言えば、小野薬品が今期の計画の中でかなり低めの数字を出してきたということがあります。これは主力品がいまだに長期収載品だからという理由が考えられます。
 小野薬品は前期の4-12月は堅調に推移していました。それが1-3月には、かなり売り上げが落ちていました。これには考えられる原因が3つあります。まず、2年に1回の薬価改定が今年4月にあったので、薬価改定前の医療機関の買い控えがあったこと。それと、今年は花粉の飛散が少なかったため、小野薬品の主力品のアレルギー性鼻炎治療薬オノンの売れ行きが低調でした。3つ目は診療報酬改定の影響による後発品の伸長です。ただ、どれがどのくらい影響したのかまでは検証することができません。

 もう1つのトピックとしては、薬事法違反で今年4月17日から25日間の業務停止処分を受けた田辺三菱製薬です。行政処分の影響は不透明ということで、今上半期の計画は出さなかった一方で、通期の計画は出しました。ただ、数字の前提条件はほとんど開示しませんでした。
 精査をしたものではないので、7月29日の第1四半期の決算発表時に修正が起こるだろうとみています。

―田辺三菱の行政処分の影響については、アナリストによって見解がかなり分かれましたね。

 田辺三菱をバイ(買い)にしているアナリストは皆、「限定的な影響」、田辺三菱に対し弱気のスタンスを取っているアナリストは「影響もあり得る」と。
 わたしは、よい数字が第1四半期は出て来るとみています。田辺三菱は2000人のMRがいますが、行政処分の25日間は営業活動ができず、その分経費は削減されています。
 一方で売り上げを見ると、薬価維持加算の恩恵を受けた関節リウマチ治療薬レミケード、脳保護剤ラジカットが堅調に推移しており、長期収載品の特例引き下げを受けた抗血栓薬アンプラーグも数量ベースで健闘している感じです。医薬品は一般的な消費財とは違います。若干の取引停止は出ているようですが、それは売り上げ1億円未満の薬で、他で代替できる製品についてです。

 また、今期は「販管費」が全体で160億円減ると見込んでいることを同社は明らかにしています。100億円については、昨年、米バーテックス社との契約変更に伴い、研究開発費を余計に使ったという特殊要因です。残りの60億円は、年金債務のところでの人件費のコストカットなどによるものです。
 MR2000人分の経費がどのくらい削減されたかは分かりませんが、10億、20億円程度と予測できます。その上でトップラインが堅調であれば、利益が計上されます。前期の第1四半期の営業利益は225億円です。人件費の改善と、MRの経費削減をそれぞれ10億円とみても、第1四半期の営業利益は昨年を上回る可能性があると当社ではみています。

―後発品メーカーについてはどのようにみていますか。

 マーケット全体の閉塞感の中で、国が後発品を後押しして、決算が出て来たら増益、というケースも見られます。市場には、「国策イコール買い」という言葉もあります。

 ただ、今後は後発品メーカーも厳しくなると思います。第一三共エスファや興和テバなどの参入で、競争がより激しくなる可能性はあります。
 また、「日本の後発品は高いのではないか」という意見もあります。昨年11月の事業仕分けで、長期収載品の値段を下げた方がいいのではないかという議論が出ましたが、その翌日、何が起こったかというと、新薬メーカーの株がかなり下がりましたが、後発品メーカーも下がりました。要するに、長期収載品の値段が下がるということは普通に考えれば、後発品はさらに下げなくてはならないだろうということです。後発品の値段が下がらなければ、後発品を使わずに長期収載品を使えばいいわけです。つまり、プライシングプレッシャーが掛かってくる可能性はあります。


【7月27日19時34分配信 医療介護CBニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100727-00000007-cbn-soci
 
   
Posted at 21:14/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
Powered by yaplog!