仕事できちんと使用できる英語力

May 31 [Fri], 2013, 16:11

今は読解ではイーメール問題が多数出題されるトレンドがあるようです。ニュース英語などは間違いなくヒアリングと英語表現を磨くのに役立ちますしボキャブラリーも増えますから使用してみてください。

実際の入試の英語のテストでは、全問題に解答するには時間が厳しいなこともあるので、きっちりできる問題から回答する戦術がよいでしょう。基本的に合格するには入試英語では満点を取る必要はないので、点数をとりやすいところに集中して勉強するのが賢い仕方です。

多少の挑戦の覚悟があれば、受験英語で圧倒的な点数もさほど不可能ではありません。受験英語や英検のリーディングでは独特のボキャブラリが使われることもありますから、全てのボキャブラリーを知らなくてもそこそこでも文脈で判断できるワザが欲しいですね。

いくら実用的でも、ダイスキでないことを児童の英会話教育に取り入れたら学習意欲は下がるので敬遠するすべきです。子どもにとっては英語は音声を通して勉強するほうがいいので、そういう教育課程を検討してみてください。

いずれにせよ、英語の先生の発音を聞いてしっかり真似できるのは8歳くらいまでという考え方が一般化していますね。子供は英会話を記憶するというより、英語を身体で感じるということを尊重するようにしてください。

子どもはきれいな英語の発音を身につけますが、重視すべきことは、どんな需要にも応えられる中身のある英語力を身につけることです。英会話のネイティブ・スピーカーでなくても、経験が豊かなら秀逸な日本人の講師のほうにも意味があるものです。

仕事できちんと使用できる英語力はTOEICだと900点以上なので困難なことのように思えるかもしれませんが、誰でも可能性はあります。あとイディオムはそれだけ暗記してもNGで、用法もきっちり記憶しないと意味がありません。

アコムの審査が厳しい
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:bccehpkl
読者になる
2013年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/bccehpkl/index1_0.rdf