アオゲラでキム兄

February 20 [Mon], 2017, 12:13
インフルエンザにならないようにするために効果的だといわれているものに乳酸菌があります。およそ1年前に、小学生に乳酸菌がたくさん入っているヨーグルトを食べさせたところ、インフルエンザになる児童の数が大きく減ったというテレビプログラムを見ました。



私の娘が受験生でしたので、それからというもの、ずっとヨーグルトを食べさせています。特に乳酸菌が腸まで届くという謳い文句のヨーグルトが最もいいそうです。便秘解消に役立つものといわれているのが、乳酸菌入りのサプリです。

自分自身腸内環境を整えることの大切さはわかっていても、ヨーグルトや乳酸菌飲料などに苦手意識がある人もたくさんいます。
後、毎日乳酸菌が入った食べ物を口にするのは大変です。

乳酸菌が入っているサプリなら、お手軽にしっかり吸収することができますので、便秘が改善することになります。



そもそも、インフルエンザは風邪と異質なものと聞きます。



その症状は1日から5日ほどの潜伏期間をのあと、急激な高熱となって、その状態が3日から7日続きます。種類によって、筋肉や関節の痛み、腹痛や下痢等症状に小さな相違が見られます。



しかし、肺炎を伴ったり、更に脳炎や心不全を起こすケースもあることにより、甘くは見ることはできない感染症です。知っての通り、アトピーは大変にキツイ症状になります。暑い寒いを問わず1年中かゆみとの闘いになります。夏場は汗をかくのでかゆみが増し、冬場は乾燥のせいで痒みが増します。そして、食べ物にアレルギーがあることも多く、知らずに食べてしまうと、かゆみだけで終わらず腫れたり、酷い時には呼吸困難になる恐れもあります。便秘のツボでよく知られているのは、へそから左右に指2本分くらい離れたところにある天枢(てんすう)であります。



他にも、おへその下5cmくらいのところにある腹結というツボにも同じように効果があると思います。手首にも支溝(しこう)と外関(がいかん)というツボが存在します。便秘のタイプそれぞれによっても、効果があるツボが違うので、自身に適したツボを押すと改善に効果的でしょう。



以前、私は便秘がとてもひどかったのですが、今ではだんだん改善されてきています。効果があった方法は、毎日必ずヨーグルトを食べる事でした。友人がこの方法で成功したという話を聞いて、私もやってみようと思ってヨーグルトを買いこんで毎日食べてみたのです。この方法を続けているうちに、お通じが改善されてきて、便秘をすることがなくなりました。仮に便秘になっても、薬に頼れば簡単に、解消できると思いますが、薬に頼ってばかりなのはダメなので、、やはりまず最初に食生活を見直してみてください。実際、食物繊維が豊富に含まれた食べ物を摂ることが効果的で、不溶性水溶性、両方の食物繊維を一緒に摂るのが大事です。
野菜、きのこ、海草などもすすんで摂ってください。
乳酸菌が身体に良いものだということは有名な事実ですが、実は有効ではない説もあります。

この説も事実かもしれません。それは、それぞれ個人差がありますし、結局、乳酸菌はあくまでも菌であるため、すぐに効く薬ではないからです。



とりあえず、自分に合うかどうか試した後で判断するべきです。
オリゴ糖は乳酸菌の数を多くする成分としてクローズアップされています。オリゴ糖を摂取した乳酸菌の働きが強くなり、腸内の悪玉菌が増えるのを抑制し、お腹、環境を良好にしてくれます。乳酸菌とオリゴ糖は双方とも腸の働き向上や健康促進にはなくてはならない成分ということができます。



元々、乳酸菌、ビフィズス菌は乳酸を作り出すという部分では同じなのですが、ビフィズスは、さらに、酢酸などの成分も、作る力があるらしいです。

だから、ノロウィルス対策に効果的と考えられているのですね。このごろは、いろんな感染症についての話を聞くので、意識しながら摂るといいかもしれません。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ハルヒ
読者になる
2017年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる