震災で雇い止め・解雇が急増=1カ月で49%拡大

May 05 [Thu], 2011, 23:21
厚生労働省は非正規労働者の雇い止めや
解雇に関する全国集計結果(4月17日時点)
を発表したそうです。
集計は3〜6月の実施と予定が対象。

前回調査(3月18日時点、2〜5月対象)に比べ
49.1%増の6806人に上り、雇い止めや解雇は
年度末に例年増える傾向にあるが、
今回は東日本大震災の影響で急増したとか。

対象者のうち被災事業所の労働者は3155人で、
被災状況別に見ると、建物・機械の倒壊・流失が1912人、
部品の供給制約が584人、風評被害・観光客減少が353人、
福島第1原発事故による避難勧告が119人
などとなったとのこと。

これは、自殺者年間3万人では済まなくなりますね。
特に製造業への影響は深刻みたいです。
自動車業界や半導体業界など、大打撃を受けているよう
ですし、観光業などのサービス業も、海外からの観光客が
激減しているので痛手が大きいようです。
関東の農業も、事態は深刻。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110428-00000027-jij-pol


ジャムおじさんがジャムパンマンを作らない理由

May 04 [Wed], 2011, 18:42
いまインターネット掲示板で「ジャムおじさんがジャム
パンマンを作らない理由」という話題が盛りあがって
いるそうです。

なんでも、ブログサイト『2chコピペ保存道場』には
「バイキンマンは本当はバイキンマンではなくジャム
おじさんが初めてパンの擬人化に成功した初号機
・ジャムパンマンだった。しかし彼は全身がパンで
出来ていたため彼の体は少しずつカビに侵されていった。
新しいモノを造ればいいのだが、それは全く別のモノ。
このまま朽ちていくしかない・・・そう告げられた
ジャムパンマンは降りしきる雨の中、工場を飛び
出して行った」という情報も書き込みされていたとのこと。

本当でしょうかね?
アンパンマンの作者、やなせたかしさんに聞いたら
分かるのではないでしょうか。わたしは毎週金曜
アンパンマンを録画して見ていますが、ジャム
パンマンがいない、なんて今初めて気づきました。

とにかくキャラクターが多いですよね、さすがギネスに
登録されただけのことはあります。
パンとはまったく関係ないキャラクターまでいて、
これなら誰でもどんなキャラでも作れるな、と思います。
ピアノマンとかニガウリマンとかタンポポちゃんとか、
etc...なんでもありですからね〜。

http://news.ameba.jp/20110427-3/


絢香も発症した「バセドウ病」とは

May 04 [Wed], 2011, 12:42
女性に多いバセドウ病についての記事。のどぼとけの下あたりに
ある甲状腺はミネラルの一種、ヨードを使って甲状腺ホルモンを
作っているが、このホルモンが過剰に分泌されるのがバセドウ病
だそうです。

甲状腺が腫れあがり、さらに進行して甲状腺クリーゼになると
嘔吐や下痢、最悪の場合は意識障害や生命の危機にかかわる
こともあるとのこと。
甲状腺ホルモンを抑制する抗甲状腺剤を数年にわたって服用
すれば、進行を食い止めることができるとか。なお、ヨードが多く
含まれる昆布など海藻類は甲状腺疾患の患者は控えたほうがいいとも
いわているようです。

バセドウ病とは対照的に甲状腺ホルモンが不足するのが橋本病で、
逆にこちらは代謝が悪くなるので太りやすくなったりうつ症状が
出たりするみたいですよね。

わたしは、橋本病の方が怖いなぁ・・・だって何もしなくても
太ってしまうんですよね?
太りたくない願望の強いわたしとしては、それは相当にきついです。
ヨードといえば、放射性物質のひとつ。
放射能漏れ、どうなっているのでしょう?
怖くてその手の記事やニュースは見ないようにしているので、
現状把握できておりません。

http://news.ameba.jp/20110427-140/


スマホ調査、女性のほうが機能重視

May 03 [Tue], 2011, 19:31
NHN Japanは26日、「スマートフォン利用に関する意識調査」
の結果を公表したそうです。男女比では、男性は「ツール」
として、女性は「ライフスタイルの一部」という、スマホの
位置づけの違いが読み取れるとのこと。

まず「スマートフォンを選んだ理由」について質問した
ところ、全体では「新しいものに対する好奇心」が59.8%で
もっとも高く、次いで「スペックが高くPC代わりに使いたい
から」が55.0%で続いたとか。

わたしは、もちろん好奇心もありましたが、なにより停電時の
暇つぶし目的に、というのが買った一番の理由かもしれません。

なお、スマホでダウンロードするアプリとして
もっとも支持を集めたのは「ゲーム系アプリ」(44.8%)で、
次いで「新聞、ニュースサイトなどのニュース系アプリ」
(42.8%)となったようです。

ゲーム系アプリ、ひとつもダウンロードしていません。
わたしも、どちらかというとツールとして使っている方が
多いかも・・・男性脳なのかしら?
知人などは、モバゲーやらGreeやらで野菜を育てたり
アバターを作ってなにやらしたりでハマっていますが、
どうにも面倒でやる気にならず。非生産的と思えてならないのです。
でも、どうせパケホーダイだし、登録だけでもしてみようかな?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110426-00000028-rbb-sci


電力不足「猛暑のまち」直撃 群馬・館林市

May 03 [Tue], 2011, 9:46
今夏の電力不足問題で「猛暑のまち」として
知られる館林市がピンチを迎えているそうです。
市は当初、夏までに公立小中学校や幼稚園にエアコンを
完備して猛暑対策に万全を期す構えだったが、
節電のため使用が制限される可能性が出ているためだとか。
公立小中学校や幼稚園にエアコン、ですか。
財源はどうするのでしょう。

同市では、平成19年8月に観測史上最高気温となる
40・3度を記録、昨年夏には最高気温35度以上の
猛暑日は41回あり、日本で最も多かったとのこと。
なぜ群馬が?南の方より群馬の都市が
一番暑かったというのが不思議でなりません。
今年も引き続き、猛暑のまちに指定されるのでしょうか?
大変ですね・・・。

暑さ対策として、今夏は東武伊勢崎線の館林駅前広場に
設置されている「クールクールゾーン」のミスト発生装置の
ノズルを増設するほか、市内のコンビニ店などと提携し、
熱中症などを訴える人を保護する「かけこみ協力店」を
設置する予定だが、こうした対策に影を落とすのが、
電力不足による節電とのこと。
これはどこも平等でしょうから、仕方ないでしょうね。

やはり夏の計画停電は免れないのでしょうか。
天気予報でみたところ、去年とまではいかなくとも
暑さの厳しい夏となるとのこと。
今から、エアコンなくても過ごせるよう何か対策を
練っておかねば!
特にお年寄りや病人、小さいお子さんのいるご家庭は、
頭が痛いでしょうね。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110427-00000518-san-soci