2月8日のオンバトを観て 

2008年02月09日(土) 18時21分
出ていた4組とも比較的笑えた。ラバーガールは勿論、風藤松原、チーモンチョーチュウも笑えたし、ハイキングウォーキングもそこそこ良かった。(彼等は実力はある。が、ネタの本数を増やす事を意識しているのか作り込みが足りない)

が、今回の一位で4連続オンエアのランチランチには、まったく笑えなかった。ネタが酷い訳でも間が悪い訳でもないのに…。

考えられる理由は幾つかある。まず感じたのはキャラの不快感。これは人がキモいとかそういう事ではなく、「明らかに姿形がボケっぽいキャラ」がツッコんでいた不快感である。つまり、「いつか面白い事をやるだろう」という観てる側の意識とは裏腹に普通にツッコミ続けると、拍子抜けしてしまうのだ。

次長課長も品川庄司もフリートークでは不細工側がツッコむが、ネタでは男前がツッコんでいる。横に面白顔がいるのにそれを利用しないというのは「笑いに対しての不真面目さ」を感じてしまう。

普通顔の方がツッコミが下手…とかの事情はあるだろうが、それならそれで不細工の方に真面目な恰好をさせてほしい。手を上げた時に腹が見えてしまう恰好をしておいて、そこに触れないのは反則だ。もっと、やり方を考えて頂きたい。

自分のペース 

2008年02月05日(火) 9時19分
2月になって初か。

意外とやることあったな…。例えば映写室に中学生が見学に来たり、シナリオの期限がWで迫ってたり、人生初のガンダムを観たり、この前書いた男はつらいよを観たり…ま、後半は「やること」には入らんけど。

でも身体の調子も良くなってきて、夏以来の充実感を味わえている。

やっぱり健康が一番だね。我なんて軽い方だし、むしろ周りの人に恵まれて幸せなので文句なんか言えないが、ふとした時に「健康でなに不自由なく生活てきたらどんなに生きていきやすいだろう」と考えてしまう時がある。

仕事仲間の人はインテリだったりちょっと変わってる人がいたりする。その人達は「自分の精神をぶっ壊して…」なんて事をよく話している。

確かにモノ作りをしていると「魂をすり減らす」という感覚は何となくわかるが、精神については身体が辛い時は常にぶっ壊れるので自ら壊してたら身が持たない。

昔から我は我のペースで行こうとは思ってるが、最近改めて「自分のペース」ってものが如何に大切であるかって事が解ってきた。

コンビの役割 

2008年01月30日(水) 9時22分
前から思ってた事だが、今地上波で活躍している芸人は幾つかのタイプに分けられると思う。

一番わかりやすいのは司会業をしている時だ。
まず、今のゴールデンタイムに欠かせないコンビ、ダウンタウン。彼等はお互いの立場を見事に活かし、今の地位を勝ち取った。浜田が司会をして松本は口をはさみつつ人をイジり、ボケる。
一見簡単な事のようだが、これは浜田の一流のツッコミ力と進行力がなければ成立しない。松本の縦横無尽のボケイジリに対して即座に反応するのは並の人では出来ない。勿論、20年以上コンビを組んでるからこその賜だが。

一方、松本の方はというと、これは我の考えた定義に当てはめた場合、最も素晴らしい才能をもった人物になる。

どういう事かと言うと…まず、ボケというのは「考え」タイプと「喋り」タイプに分けられると思うのだが、如何だろうか。

例に出すと、爆笑問題の太田がちょうどいい。ネタに知性が溢れ、古典的ユーモアを知っている彼のネタは計算された「考え」が埋まっている。だが、司会が下手だ。基本的には田中がやればいいのだが、喋りでの笑いは到底松本のものには及ばない。そもそもお喋り自体が上手い方ではない事が「考え」タイプである証なのだ。

では逆のタイプ、つまり「喋り」はいけても「考え」が微妙なのが雨上がり決死隊の宮迫だ。彼は今でこそキャラが確立され、俳優や歌手としても活躍しているが、ネタをやっていた時代はあまり面白いとは言えなかった。
当然、キャラや喋りはあんな感じだったので笑いはとるのだが、ネタセンスはあまりいいものではなく、コンビ共に「考え」タイプではないことが窺い知れた。

こうやって見てみると喋りで爆笑をとる松本のタイプはわかりにくい。が、彼は「考え」タイプだろう。「喋り」の人の笑わせ方は、明石家さんまの様に「自分から話しかけて笑わせる」というものだが、松本は違う。話した相手の反応をイジって笑いにするのだ。

つまり、自分からガンガン話しかけるタイプではない。松本が身内(後輩)等とばかり行動するのはその辺に理由があると思われる。では、何故人見知りの松本がここまでビッグになれたのか。…それこそが浜田の力だ。彼がお構い無しに話しかける事で松本が活かされるのだ。

結果、松本の凄い所は「考え」タイプにも関わらず、極限まで「喋り」に近づいている事なんだと思う。

野球大好き! 

2008年01月27日(日) 12時37分
我の好きなスポーツは数種あるが、一番好きなのは野球だ。

特に写真の小久保選手のバッティングが好きだ。見ていて気持ちがいい。

よく、野球の醍醐味はホームランではないと言うが、勿論そうだ。他のプレーがあってこそのホームランだと思う。しかし、やはりスカーン!とバットに当たった時の気持ち良さは他のプレーでは補いきれないものがある。

野球はいい。

我は他のスポーツも好きだが、野球は少し違う良さがある。

例えば、投げる、打つ、捕る、走る等、まるで別のスポーツかのような動きをするからだ。殆どのスポーツは全身を使うだろうが、ここまで違った動きをしなくてはならないスポーツは珍しい。

だから、小学校でエースで四番なんて奴がいたら、ほぼ間違いなく運動神経が抜きんでてるに違いない。

野球得意=運動神経抜群。

我に子供ができたら野球をやってほしい…。
嫌じゃなければ(>_<)

森山以外の音楽 

2008年01月26日(土) 23時34分
我が森山直太朗以外で好きな歌手は…沢山いる。しかし、この「好きな」という定義は難しい所だ。どこまでが好きで、どこまでが普通なのか。我の場合は「好きだなぁ」と思える曲が3曲あれば、その歌手が好きと言える事にしている。

その定義で当てはまる歌手…やはりバンプオブチキンだろうか。ジュピターというアルバムの辺りから好きなので結構最近だが、最初に衝撃を受けた曲は前述のアルバムに収録されているダンデライオンだ。

この曲は淋しがり屋のライオンがタンポポに話しかけて温かい涙の存在を知っていくというストーリー仕立てのもの。

悲しくも最後は少し笑顔にしてくれる結末。同じ動物のストーリー音楽で「K」という曲があって、それもけなげでカッコイイ猫の最後を唄ったものだが、我はダンデライオンの方が好きなのだ。その理由はメロディにある。

元々、ブルーグラス系やカントリー・ウエスタン系の曲が好きなのだが、このダンデライオンもスピーディーなウエスタン調なので余計に惹かれるのである。

前にも言った森山直太朗、チャップリンに加え、最近気付いた「男はつらいよ」の主人公、寅さんも、そしてこのライオンも、「切なさ」が垣間見える事が共通点。

自分の好きなもののジャンルがやっとわかってきた24歳の冬である。。。

男はつらいよ。。最高だよ。 

2008年01月25日(金) 0時20分
今アメトーク見てたら今回は「男はつらいよ芸人」だった。

我は寅さんがかなり好きなので、今は貧乏だが、ある程度お金が出来たらDVDを全部買おうと思ってるのだ。

各話、各シーンを憶えてる訳ではないが、男はつらいよの最後のシーン(毎回同じ音楽で終わる)がメチャクチャ好きなのだ。あの「チャーララ〜ァァン♪」と上がる部分ときたらもう!!(>o<)

たまらん!
お前の映画はたまらん!
と渥美さんと山田さんに言いたくなってしまうほどだ。

寅さんは日本人だけではなく、北アジアの人々には魅力がわかるらしく、我の知り合いの中国人や北朝鮮の某最高指導者も大好きなのだ。

これからも、寅さんを観直して、ココに綴っていきたいと思う。

では、また明日。
あばよ!(^O^)/

寒い時には長崎や! 

2008年01月23日(水) 22時11分
いやぁ〜( ̄ω ̄)

最近寒い寒いと思ってたけど、雪、降ったねぇ。

駅のホームで見た雪はキレイだった。思わずカメラで撮っちゃったけど、やっぱ携帯のカメラじゃ無理だね、あの美しさを写しだすのは。

さて、寒い時には温かいもの…ってことで、今日の食べ物は、「長崎や」の皿うどんです。(今日食べた訳ではない)

確か660円くらい。太麺と細麺があるけど、やっぱパリパリの細麺だよね。味も美味いし、実はチャンポンが有名らしいので、そちらを食べるのもよし。

店の場所は新宿の目立たないとこだけど、ノレンは目立つんで、パリ麺を是非(^O^)

漢字だと「蛮唐」? 

2008年01月23日(水) 1時43分
今日は「ばんかららーめん」に行ってきた。
少し濃いめのトンコツスープ……新宿ってトンコツばっかだな
(-_-)
嫌いじゃないけど、もっとバリエーションがあってもよかろうに。
ま、ホスト連中が酒飲んだ後に食うから仕方ないか(意味不明)

そういえば最近西口にラーメン屋ができる率が高い。東口に作ってくれ、我がいくから。
と、願望も訴えつつ今日の写真。大盛りつけ麺630円。あ、今日はお徳情報があります。
新宿の映画観た後にラーメン食いたくなったら、映画の半券持って「ばんから」へ。大盛りがタダになるから。
映画サービスデー(毎月1日)に1000円で映画観て、その半券で630円の大盛りつけ麺を食う…2000円以内である程度の贅沢。

本来同じ事をすれば、2530円だからね。我にとっては大きな差だよ
(o^-^o)

あ、我はつけ麺好きだからラーメンは二度と頼まないと思う。ので、つけ麺のみの味の評価をつけよう。

美味い。

少し酸っぱくしてあって、つけ麺特有のあの病み付き感が味わえる。麺は太め、メンマも立派、食い堪えがある。しかし、敢えて苦言を呈するとしたら2つ。

まず、チャーシュー。不味くはないけど…もうちょっとあるでしょ、と言いたくなる。次にカウンター席のイス。高いよ。あれじゃ姿勢悪くなって食べづらいじゃん。。。

ま、文句つけるとしたらこんなもんか。

ではね(^O^)/

ツッコミ個性・例3 

2008年01月21日(月) 20時40分
今日は「とろサーモン」について。

彼等は大阪の吉本出身だが、コテンコテンの漫才はあまりしない。どちらかといえばシュールなネタが多いのだ。

漫才という形式をとっても、相手を無視する、流す、等の「ツッコミ放棄」をしたり、あまりにもしつこいボケに対して強烈な一言を吐いて凹ませるという、ヘタをすれば客がひいてしまう危ないネタをする。

コントでも、何度も同じセリフを繰り返したりする。これは、積み重ねることで段々笑いが生まれるのだが、受け入れられない人には不快でしかないので、危険な方法なのだ。

だが、曲がった視点ながら実力はあり、お互いのキャラは上手く活かされている。

M-1をとるにはもう少し万人受けするネタを作った方がいいが、個性派を貫くのなら、今のままで良いと思う。

光る麺。略して… 

2008年01月21日(月) 20時11分
新宿ラーメン店、今日の紹介は…「光麺」。
基本的に新宿という街は、他の地域である程度売れた店が最終的に集う所なので、一号店等はあまり無い。

光麺もそのうちの一つ。本店は池袋にある。
写真の熟成光麺は730円。トンコツ系でコクがある。他にも塩や醤油的な味があり、それによってダシも違うらしいので楽しみなところだ。(ちなみに、普通のを頼めば、600円代で食べれる)

スープは飲みきりたくなる感じ。チャーシューも柔らかくてうまい。

ただ、これだけコクがあってトロトロしたスープなんだから麺をもう少し太めにした方がいいのでは…とも思う。我は細麺も好きだが、やはりもっと食いごたえがほいしい。せっかくスープが対応出来そうなのに、と欲を出してしまったりする。o(>д<)o


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:べるつ
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1984年1月5日
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 職業:フリーター
  • アイコン画像 趣味:
    ・お笑い-好きな芸人…

    パンクブーブー
    ピース
    オードリー
    我が家
    ラバーガール

    別格芸人

    ラーメンズ
    千原兄弟
    ・音楽-好きな歌手

    森山直太朗

読者になる
ラーメンが好きだ〜!
2008年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
最新コメント
アイコン画像オーディション情報
» 2月8日のオンバトを観て (2013年07月10日)
アイコン画像チャットレディー
» 2月8日のオンバトを観て (2013年07月02日)
アイコン画像美少女アイドル
» 2月8日のオンバトを観て (2013年06月26日)
アイコン画像在宅
» 2月8日のオンバトを観て (2013年06月15日)
アイコン画像yunyun
» 2月8日のオンバトを観て (2013年06月06日)
アイコン画像ゆんゆん
» 2月8日のオンバトを観て (2013年05月28日)
アイコン画像yun
» 2月8日のオンバトを観て (2013年05月20日)
アイコン画像遼平
» 2月8日のオンバトを観て (2013年05月03日)
アイコン画像裏バイト
» 2月8日のオンバトを観て (2010年02月26日)
アイコン画像逆援助
» 2月8日のオンバトを観て (2009年10月05日)
Yapme!一覧
読者になる