下山で鮫島秀樹

July 31 [Sun], 2016, 15:46
看護師産業看護師とは、企業を職場とする看護師を指します。



看護師といわれると病院とかクリニックを思い浮かべるでしょうが、医務室などを設けている会社もあり、そういう場所に勤務する人もいます。



仕事の中身、役割といったことは勤務会社により多様ですが、従業員の健康を守り、管理することは必ずすることだと思います。看護師の当直が16時間などにおよぶ長い時間の勤務となっていて、仮眠を勤務時間中にとることができるのです。国の指針により月に8回までと定められていますが、その範囲に収めることが困難な場合が増えています。





勤め先の勤務形態によっては、とても不規則な生活を送るようになったり、過労になりやすいのも、看護師を辞める割合が高い理由の一部と思われます。







看護師の資格を手にするには、何通りかのコースが考えられます。



看護師の資格を取るためには、国家試験を受ける必要がありますが、すぐに受験することは認められません。







受験資格を手にするために看護専門学校(3年間)とか看護系の短大(3年間)でなければ、看護系の大学のいずれかで、看護に関して学ぶことが必要です。看護士の場合、求人はいっぱいありますが、望んでいる条件の求人があるとは言えません。看護師の資格を所持している方で就職できればいいと思っている方は多くないでしょう。できるだけ給料が高くて職場の環境が良く、夜勤がない場所で働きたいと思う方が多いです。





望み通りのところに転職するには、情報の収集が重要になります。





看護師の勤務状態は、異業種と比較して特殊である上に職場によっても違います。体制は一般的に、2交代制とか3交代制のシフトで勤務が組まれているというケースが多いでしょう。







2交代制ですと約3割ですが、3交代制ですと約7割となっていて、3交代制の病院の方が多いといえます。





しかしながら、2交代制の方が休みが多く取れるため、2交代制がいいと思う看護師も少なくありません。





看護士になりたい理由は実際、どんなことをきっかけにして看護師を志望するようになったのかを交えるとイメージが良くなります。転職の理由はこれまでに経験したことを活かしたいもっと誰かの役に立つスキルを身につけたいなど、前向きなイメージを持たせられるものにします。これまでの職場に対するマイナスのことは言わないようにしましょう。







昨今は高齢化社会が進み、看護師は福祉施設などでもニーズが増加傾向にあるのです。

それだけでなく、大きな会社になると医務室があり、そこにも看護師がいて、健康相談や健康診断、精神的ストレスなどのケアを行っております。このような時は、社員としてその会社に入社することもありえるでしょう。



全国において、看護師の年収は平均して437万円ほどです。



でも、国立や私立、県立等公立病院で職を得る看護師は、公務員勤務であるため、年収は平均して593万円ほどになります。



公務員看護師は給料の上昇する率も民間より高く、福利厚生の面でも充実しています。準看護師の場合、看護師より、平均年収が70万円くらい下がります。

高校に進むときに衛生看護科に入学すると、国家試験の受験資格を他の方法よりも早く手に入れられるため、一番早く、看護師の資格を得ることができるでしょう。ただし、途中で看護師以外の職業に就きたくなっても変更するのは簡単ではありません。

さらに、最短5年で試験の受験資格を得られるのですが、試験までの期間が短いために勉強時間や実習をする時間が足りずに試験に合格するのが簡単ではないという面もあるそうです。産業看護師は従業員の健康が保てるように保健の指導やうつ病防止のメンタルケアも行います。産業看護師の場合は求人が一般に公開されていないため、ハローワークなどで見つけるのは無理かもしれません。興味がある場合は看護師専用転職サイトを利用してください。転職サイトなら産業看護師の求人もたくさん掲載されています。



看護師の資格を取るための国家試験は、1年に1度行われます。

看護師の人数の不足が問題となっている日本にとっては良いことに、直近数年の看護師資格の合格率はおよそ90%と非常に高い水準を持ち続けています。







看護師の資格のための国家試験は、大学の入学試験のような落とすための試験とは異なり、一定のラインを超えることができれば合格可能な国家試験です。



看護師の働き先といえば、病院という想像が妥当でしょう。しかしながら、看護師の資格を活かせる職場は、病院以外にも様々あります。



保健所で、保健師の方と協力して、地域にお住いの方の健康上の様々なケアをするのも看護師の役目です。また、福祉施設にはドクターが常駐しているところは少なく、大抵の医療行為を看護師が行います。



修学旅行やツアーなどに一緒に行って、けがや病気の応急処置、病院の手配といったことをする看護師もいます。結婚していて、子供がいたりする人は土日を休みにできたり、夜勤がない職場を求めています。



病院ではないところで働くのであれば、そこに適した専門の知識を備えている認定看護師や専門看護師の資格を持っていると、雇用される確率があがります。





看護師が転職をするには、将来の自分のことを想像して迅速に行動することが大切です。

さらに、何を重点的に考えるのかを決めておく方がいいでしょう。

将来どうなりたいかをきっちりと考え、その希望が叶えられそうな転職先の情報をちょっとずつ収集してください。

年収や職場環境や勤務形態など、自分にとって重要な条件も挙げておきましょう。看護師国家試験に合格するよりも、断然、看護学校を卒業する方が難しいことだという人もたくさんいます。看護学校はそれほど厳しく、レポートの提出が遅れたり、試験に落ちるなどのちょっとしたことで留年してしまうようです。

そういう厳格な学校を卒業して、国家試験もパスした方には、ぜひ看護師の職に就いてほしいですね。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yuduki
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/bbj8eiugnotth5/index1_0.rdf