ポルノグラフテーIN OKINAWA shine on the beach 

2005年07月23日(土) 18時00分
えー、どこから書きましょうか…
まずラバップに一言。

ペットボトル持ち込み不可!?

そんなの最初っから言えよ!!!
買って来たじゃんか、500mlも。コップに1杯分移されて没収されんのかよー
悲しいね。


じゃ、レポするかっ!

会場に入ると上海ハニーと洋楽らしき曲が交互にかかってて、べた沖縄な空気。
またそれが浮かれさせるんだけど。
ビキニ姿のお姉ちゃんや浴衣ではんなりお姉さんがちらほら。みんな浮かれてます。
しばらくすると場内アナウンスが…!?ボビー!?ぎゃーじんさんですよ。さすが琉球!英語の発音は上手なのに(当たり前か)ちょっとかみかみなのも超ウケル!こんなんで拍手やら大笑いは初めて。
そんなこんなしてるうちにステージの音量が上がるっ!!いよいよメンバー登場だ!!

近!!!

いつものようにステージ下手から登場したのだけれども、最初に姿を見れたのは新藤。
人だ!ちゃんと人だっ!!

いつもはあー出てきた♪あー新藤〜ってなってたのに、あまりの近さに心臓が破裂しそう。
昭仁、サポメン、スタッフ、みんな人間サイズで見える…OH GOD!


用意が出来るなり陽気なサウンド、いきなり社員。
意外な出だしで会場のボルテージも一気に上がる。
ってかさー、新藤のパンツの色…なんて色?キモ青?靴はこげ茶の革、白地に赤で字の書かれたTシャツ。ギターには髑髏のステッカー。他は…覚えてません!あくまで自分目線なんで。

続いてメリッサ。昭仁の「もりおっ!」でベース音が響く。今日はしっかり音出てました。
いえーっ!はいっ!なんて煽られてみんな飛ぶ飛ぶ!NAOTOさんも飛ぶ!

もういっちょ、PRISON MANSION、新曲。これカッコイイよ!昭仁の高音もちゃんと響いて気持ちがいい。早くCD買って歌詞見たい、だってみかん星人って聞こえたから気になって。

A 

2005年07月23日(土) 18時30分
再びMC。
気持ちよさ気に昭仁が口を開く。「えー改めましてポルノグラフテーです。やっと涼しくなってきたけど、こっから下いらんような…はさみある?」ってパンツの裾を切ろうとする。上はハブ柄のシャツ。
しばらく二人の漫談?が続く。空港からの浮かれ具合が酷くて、ずーっとなはなは言ってたり(ここでサポメンなはなはをやってた)。みんな浮かれ過ぎらしい。
何でこんなにテンション上がるんだろうって新藤の問いに昭仁があれこれ言ってみるが、全否定されてぐだぐだになって、まぁいっかで決着。
「リハばっかでまだ泳いでない。ほんとばっかじゃないの!」って新藤が怒ってた。
どっから来たのアンケートで遠征組がほとんど前のブロック占めてたね。その中に多数ビキニの子がいて、「君ら、素敵♪」って新藤だけじゃなくみんな嬉しそうな顔してた。
MCが長いせいか座らされた。「ヒーローショーやってるみたい」って昭仁がファイティングポーズをとって新藤に向くと、新藤もそれに応えて危うく違うショーが始まるトコだった。

座らされたのは、日も暮れてきてこの黄昏時に合う曲をいつもと違う聴き方をして欲しいからだった。
そして黄昏ロマンスのイントロが。これはベストマッチだよ〜

!?昭仁じゃない。もしかして…

新藤が歌ってるー!!ネットで全力カットされたあれの再来ですよ!!

まさかここで聴けるとは思わなかった。初めて聴いた新藤の歌声…感激。
歌唱力は言うまでもないけど、新藤の想いが込められた言葉たちが新藤の口からこぼれてる。そんな彼の歌声を聴いて胸を打たれた。素敵なことしてくれんな、マジで。
でもさ、作詞者なのに途中わかんなくなって昭仁に助け求めた顔が可愛かったな♪

そして うたかた。

B 

2005年07月23日(土) 19時00分
団体も従え、「踊る?」と煽る昭仁。みんな待ってました!とばかりに立ち上がりアゲハ蝶。
異国繋がりだけど、外国じゃない。でも自分の知ってる日本じゃない音になってた。しかもアゲハ沖縄バージョンの振りがここで出来ました!サビ前のとこ(Bメロ?)で両手を上げ左右に振るんです。ららら〜も大合唱になって気持ちよかった!しかしながら、あのツースリーはまだ浸透してません。

やたらテンション上がってる風の昭仁、マイク遠いのに「さぁっ!」って叫んでもっかい「さぁっ!」ってマイク通して気合入れなおして、馬鹿騒ぎする気満々。
「最高のサーフミュージックを作ったから、みんなアホになれ!行くぜ!」
やたらテンション高くドラムが入り、ギュイギュイ新藤が攻める!!何だこの曲は!?ベンチャーズっぽいぞ?99か?

と、思いきや。

「この番組ではみんなの〜」と聴き慣れた歌詞が。テンポがMアワーの倍くらい速くて、あれよあれよと言う間に一気にサビまで突き抜ける!凄い!しかも昭仁かんでない!!
とにかく早い!あの振りももちろん倍速!みんな必死でついてくが、意識朦朧!!

「聴いてもらったのは、ミュージック・サワーでした!悪ふざけしちゃいましたっ!」

どっと会場が沸いたね。サワーかいなっ!めっちゃしんどいわ!
そのテンションのまま「まだ盛り上がっていくぞー!盛り上がってくぞー沖縄カモーーーーーン!!!」と昭仁の絶叫でドリーマーへ。

このテンションに上限はないらしい。ならどこまでも上がっていくのみ!私も絶叫!やたら楽しいこの時間、どうしてくれよう!?

そうそう、ドリーマーって、手拍子以外に何かいい振りないっすかね?

そんな事考えてたらプッシュプレイへ。拳突き上げて歌って軽くヘドバン。
ってか新藤のノリに合わせたら結構なんのよ、どの曲も。あれもやったよ、ポンプちゃんの前で“今聞きたい”のとこで右、左、右!って新藤がやってるやつ。あれは外せない!

C 

2005年07月23日(土) 19時30分
そ・し・て!例のジュクジュク…来たーっ!!センラバ!!
もう昭仁が何を言ってるのかしっかり聞き取れません。彼もちゃんと言葉を発していたのかわからんけど。

今回も色んな注文が殺到したよ。悩ましく、とか悲しそうに、とか。
この高いテンションでそんな注文聞けるかーっ!ばかー!
また春みたく違う曲に行くのかな?どうかな…うを〜っ!センラバ!まんま!やった!
もう息も切れ切れ。強いわ、このヴォーカリスト…
そんな彼の目を盗んで、必死に煽ってる時に新藤がタオルで隠した黄色くて泡の立つ美味しい飲み物をサポメンに回して飲んでいたが、昭仁、それに気付けず。
新藤がケツ出してNAOTOさんがヴァイオリンでモザイクかけてた。昭仁も脱ごうとするがもがいて結局脱げずにちきしょーって感じでベルト外しっぱなし。ハブシャツは勢いよく脱げたのにね。

「まだ行くよ、まだ行くよ〜」と続けてネオメロドラマティック!!
いったいどこまで上っていくんだ!?レベル40もいるのに、大丈夫か?
こっちもちょっとバテてきた所に今度は巨大バーナーから炎がっ!!

熱い!びっくりより熱いって!

新藤のギュイーンってので炎が上がるんだけど、最後のサビ前がさ〜ギュイーン長いじゃん。

めたくそ熱いっつーの!焼いて喰らう気か!!

最後は新藤とNAOTOさんが目を合わせて、前に出てユニゾンプレイ。

「まだまだ行けるか?」…ってどこまで行くねん。ま、頑張るけど。
「じゃ行こうかーカモーン!!」   うへ〜必死に付いて行きますぅ…

ウォーウォーウォーウォーーオッ!Mugen。
いったい何分このアップテンポ続けてるんだ?体が勝手に動いてるけど意識は薄いはず。
爪が食い込むくらい強く握って拳を振り上げ…歌う!

D 

2005年07月23日(土) 20時00分
いやぁ〜、気持ちいい!気持ちいい!!たまらんわ。
久々に奴らを呼ぶ声で「アンコール♪アンコール♪」ってやつ聞いた。別に何だっていいんじゃないの?どっかでそれを非難してるような声が聞こえたけどさ。ポルノチャチャチャじゃいけないって事は無い。けど揃った方が勢いもついていいのも知ってる。

割と早めの再登場。客に拍手を送るメンバー。
「アンコールありがとうございますっ!」 いえ〜っ!!
「もうちょい、と言わずもっとやろか?」と昭仁が言うとみんな大はしゃぎ♪
そしてヴィンテージ。

(私の心の声)えー?またやるん?結構この曲やってるよな…ほかにも聴きたい曲あるんだけども、それはやらんのかい?もっとガツッと盛り上がる曲あるじゃん。

はい、あくまでも私の感想ですから。すんません。

NAOTOさんが手拍子やらを先導して淡々とやり過ごしました。


話がトロピカルビーチ→折古浜になり、新藤曰く折古浜は「おばちゃんばーっかり」だそうですが!?続いては狼。
これは嬉しかった。聴きたかった。ライヴ前にあれ聴きたいねーとか話してた中にあった、狼。南の島で聴けるなんて、最高!さっきとは対照的にノリまくってた。

「さあ、ここからは…PV撮影をしますっっ!!」 うわ〜いよいよ来たよ。ホントにやるんだ〜メンバーは準備のため引っ込み、代わりに大きな黒い外人さんが出てきた。
「みぬさん、こんぬぃちわ!僕は群馬県から来ましたタカラダです。田んぼの田に体と書いて田体です。」とちゃんと自己紹介しましたよ、彼。最初のアナウンスも彼だったのね。
何だかね、面白い事ばっかり言うのよ。渡る世間は鬼ばかりの再放送みてるか?とかゴーやチャンプルー生で食わせるぞ!とか散々煽って突然「だまれっ!」とかね。それに某CMに声出演してるらしく、驚きの声があちこちから。

そんなこんなして盛り上げられた私。田体さんと入れ違いにメンバー再々登場。

E 

2005年07月23日(土) 20時30分
「じゃあ、大仕事終わったところでメンバー紹介!」今回のサポメンは浮かれ隊と命名されました。

「まずはonキーボード、ただすけ!」 ただ〜すけ〜っ!サンキューただすけっ!Mちゃんの分まで叫んできたよ。

「浮かれ隊の番長、onマニピュレート、Nang-Chang!」 ナーンチャーン!いつもの胸トントンイェー。サンキューナンチャン!

「蝉が大嫌いな男、onベース、森男!」 えぇえぇぇ〜あんなでかい体して蝉駄目なんかい!もーりおー! サンキュー森男!

「美白の皇太子、onヴァイオリン、NAOTO!」 いくら日焼けしないようにって、ずっと長袖はつらいぞ?なおとーっ!変身! サンキューNAOTO!

「ご老体、onドラムス、ポンプちゃん!」 サンキューポンプちゃん!
ここで新藤が「朝からプール行ってんじゃねーよ、なっちゃんと健太と。パパやってんじゃねーよ!」とポンプちゃんを見ながら皮肉。

「残るメンバーはポルノグラフィティの…や、違うわ。ポルノグラフテーやった!」ははは…って昭仁の素の笑い声、朦朧としてるみたい。
「onギター、ハルイチ!」 ハルイチ〜!!めいっぱい叫ぶ。とにかく叫ぶ。
晴「ライヴが終わったらそこのビーチに集合じゃ!泡盛飲むぞー!」 きゃあぁぁ〜ですよ。そんなん言ったらホントに行っちゃうぞ♪
昭仁の紹介は新藤が。
「名前なんじゃっけ?飲むとめちゃくちゃうざいのは?コールもかからんのに勝手に一気して吐き出すヤツは?沖縄で一番テンション上がってるのは?ボーカルは?」 アキヒトー!!
かなりアホな紹介されたもんだな、昭仁。沖縄で〜って紹介の時にすっごいアホな顔とポーズしてた昭仁。

「さっ、ラスト1曲!どうしたい?」 いや、わかってるくせに聞くなんて。

なぜドSになるん?

飛びたいに決まってんじゃん!言われなくたって飛んでやるっ!!飛ばずに帰れるかってんだ。
「飛んで帰るぞ沖縄!さ、行くぞラスト1曲、ジ レンマー!!」

F 

2005年07月23日(土) 21時00分
「君ら最高じゃ!ホンマにありがとう!」締めはやっぱ昭仁の高飛びで。本人も絶賛の高飛び、やっぱ高いなぁ〜!
もう、出し尽くしたね。今までのライヴで一番出たかも。

オンステージ7人手を繋ぎ、っせーのーでっ!  もう、感激で言葉がみつかりません。
そしてお辞儀。ただすけだけ右手を高く上げて飛んでる風でした。
ポンプちゃんが最前列の誰かにスティックをプレゼントしてました。
笑顔で浮かれ隊は下がって行きました。

残った二人、まず昭仁が上手に、新藤が下手にそれぞれお礼に。
最前にいたビキニのねーちゃんの前でしゃがみ込む新藤!両手で頬杖つきながらまじまじと眺めてる。

おいしいじゃねーか!!そんな風に見つめられたら死亡しますって!!

そしてパイプをすり抜けて建物の壁に登り始めた!うーわ…めっちゃすぐそこやん。気絶しそ。
客席を見下ろしてビを見つけては「ありがとう」と言ってました。
そりゃね、あなたのリクエストだもの。聞いてあげたいじゃない。みんなあなたを好いてるのよ。

そしてさらに登る!!ちょっと落ちそうだけど大丈夫か!?って目でみんな心配そーに見守る。
一番上まで行ってちゃんとお礼できたみたいね、新藤さん。降りる時も気をつけてよ。
二人場所交代で昭仁がステージの端まで来てぐるりと見回して拍手を送る。
こん時の昭仁の目、うるうるしてた。今にも泣きそうな目してた。それを見て私ももらい泣き。

そして二人、中央へ。生声ですよ。サマースペシャル最後の声ですよ。

新藤「またやろーねっ」  やるやるっ!
昭仁「またっ 逢いましょう!!」  いぇーっっ!!

レポ後記 

2005年07月23日(土) 21時30分
ステージが終わって、本当に来て良かったなと感動しつつも
隣の方と激しくぶつかったりしてたので謝罪。「それでこそライヴだから!」と気持ちのいい返事を頂きまた感激。

バックでBEGINの涙そうそうがかかってて、そこでもまた…

こんなスペサルなライヴ、またやって欲しいな。




とまぁ、こんな感じでした。本当はもっと色々あるんです。
自分の覚えていない話や動き、ここでは語れないエピソード…
思い出したのはここに追記していきます。

・Mサワーの時、昭仁が曲にのって昔っぽい変なダンスしてた。
・センラバの時に、ハブ柄シャツをいやらしく脱ぎ脱ぎしてぶんぶん回してどかーん!と投げてました。
・「水かけちゃってもいいですかー!?」と昭仁が家庭用のホースを持ち出して、客に水かけてた。多分15列目位までしかかかってないんじゃないかな?ここもちょっとSになってた。
・MCの時とかに新藤が浮かれたエリマキトカゲな感じではしゃいでた。

今んトコ、こんだけです。
こんなのもやってたよ〜とか別目線で見ていた方。
ライヴ中の面白エピソードあればそっと教えてください。

・メンバー登場の時とMサワーの前半で稲妻サンダー99が使われてました。
(たかさん、ぷくちゃん情報提供ありがとうございます!)


YMAC2005@横浜 

2005年09月24日(土) 16時30分
台風が接近していた横浜市、その日は予想通りの大雨。
カッパを着込んで会場となっている横浜市赤レンガパークへ向かう。
縦長の配置になっていたので、Eブロックの私からは肉眼ではステージ上の人物を確認できず…
人もごちゃごちゃしていたのであまり身動きも取れなかった。
時間も経ってるのでうっすらだけど軽くレポしまーす。


会場に入るともうすでにオープニングアクトで、オーガスタの長澤知之さんが歌ってました。
声が高く、声だけ聞いたら女性みたいだったなー。
その次に出てきたのがこれまたオーガスタ所属のアナム&マキの登場。
透明感のある声で、爽やかに曲を披露していきました。
後はまさよしが始まるのを待つだけ〜と思っていたらまた1人出てきた。
客席前方で歓声が上がったのでモニターを確認すると、スガシカオ!!
「まだ時間があるので、歌ってもいいかな?」と3曲歌いました。
聞いた事あるんだけどタイトルがわからないや…ごめんなさい。

で、彼が引っ込んでった瞬間に雨が滝のように降ってきて、これ大丈夫か?
この雨の勢いはあの2人より凄いな、と本編が始まるのかかなり心配だった。
けどちゃんと始まりました!いよいよステージにまさよしが登場!


今回のタイトルはYMAC2005。その最初はY→Yellow Timeでスタート!
「あったまって〜!」のまさよしの叫び声で、キター!デビュー曲『月明かりに照らされて』
やったー!これ1発目にやって欲しかったの〜生で聴くのは初めてかも。
次はドラムとパーカッションがリズムを刻み、徐々にギターが入って『ドミノ』
すっかりステージは見えませんが、モニターもちらっとしか見えませんがノってます。
コールアンドレスポンスもちゃんとあり、かなり乗り気で叫ぼうと思ったら
周りの皆さんが大人しいこと…なのでちっちゃくなっちゃった。
ここでMC。
 

YMACA 

2005年09月24日(土) 17時30分
私の知っているスクリーミンのタイトルは’97…
でも曲は同じ。「あーふぉあぃっ!」って叫んだらモクモクと煙幕が!
だんだんステージが見えるようになったら何と!じいさん3人になっていた。
白い付け髭でね。軽くコントですよ。はい。
まさよしが今33歳だから…83歳の設定かよ!
50年後にこのライヴを振り返るみたいなコントだった。

「あの時は雨が降っていたのー」
「そうじゃのう!」とか。何か色々言ってた。
「あの時に流行った歌はのまのまいぇいか?のまのまのまいぇいか?」とか。
「あの頃に戻りたいのぉ〜」で髭を何事もなかった様に外して
「1・2・3〜4!」で『勝手にしやがれ』へ。

なぜ?なぜシェリー?わかんないけど歌は知ってたので一緒に。
♪あ〜あああ〜あああ〜はみんなで合唱でした。
まさよしが歌う勝手にしやがれもいいなぁ。とても新鮮だった。

徐にポロポロギターを弾き始めたまさよし。『僕はここにいる』
彼が主演したドラマ、奇跡の人の主題歌です。
ドラマは見てなかったけど、苦しい愛を感じる詞で何回泣かされた事か…

ここでコイルの佐藤さんがでてきて『未完成』をセッション。
口ずさめるのにタイトルが出てこない…って事ないっすか?
この時の私はそんな状態でした。
タイトルがわかったのはかなり後でした。
いやっこれもいい曲なんですよ!私が不甲斐ないばっかりに…

「休憩でーす」と言って一旦引っ込むメンバーたち。
そう、なんせ3時間半くらいあるからね。
私らも雨の中そんなに長い時間立ちっぱはキツイので少し喜。
Yellow Timeはここで終了。18:35くらいだったかな。
2005年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:bbb_bs_porno2
読者になる
Yapme!一覧
読者になる