就職祝いの最低限のマナーとは

October 14 [Tue], 2014, 9:51
就職祝いや入学祝など人生の節目には多種多様なお祝いごとが存在しています。ふつう就職祝いというのは、お祝いをごく親しい間柄同士でやり取りするものです。マナーを細かく気にすることはないかもしれませんが、両者が守らなければならない程度の礼儀はあります。卒業と就職はほとんどの場合同じ時期になります。卒業祝いと就職祝いとが重なる場合は、就職祝いとして就職祝いの方を重視して送るのが常識だそうです。就職先が決まったら、できるだけ早く就職祝いを贈りましょう。入社式の前までにできれば渡したほうが良いでしょう。入社式後のなるべく早い時期までに、どうしても遅くなってしまった場合には贈るように心がけましょう。日頃の付き合いの程度や血縁関係の近さのほか、送る方の年齢によっても違いますが、お金で送る場合は、5,000円から20,000円が相場だといいます。もしお祝いのお金をのし袋に入れて贈る場合は、表書に御祝とか就職御祝と書くと良いでしょう就職祝いのお返しは、慣例としてはしなくて良いそうです。感謝の気持ちは電話やお礼状でなるべく早く伝えましょう。普段から仲の良い人への連絡なら、メールでも問題ありません。とくに形式にこだわるのは不要です。就職御祝いとしていただいたもののだいたい3分の1から2分の1を目安にお返しをする場合にすると良いでしょう。
贈り物で大切なこと
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:たいがe5gm
読者になる
2014年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/bb5tfjsf/index1_0.rdf