【 更新情報 】

スポンサード リンク

自分に合ったバットでスイング・スピードを上げる

打席内でしっかりと自分のスイングが出来て、鋭い打球をより遠くに飛ばす…
それはすべての選手の願うことである。
それには自分に最も合ったフォームでスイングし、これだと思う感覚に合ったバットを使うことだ。
バットを選ぶ時、なにを最も重視すればいいのだろう?それは「ヘッド」の位置だ。
バットを振りぬくためには、しっかりとした強いスイングが必要だが、力のある選手にはトップバランスのバットをお勧めする。パワーに自信のない選手には、ヘッドバランスが多少手元寄りに存在するミドルバランスのバットがいいだろう。ヘッドが手元寄りに寄っていることで、バランスがよく、パワーがなくてもスイングしやすい。

ヘッドの位置が同じでもバットの形状によって、重心の感じ方が全く違ってしまうのをご存じだろうか?
一般的に長距離打者タイプの選手は「トップバランス」でバットの傾斜が長いタイプがお勧めだ。
バットの傾斜が長くストレート部分が短いため、重心はよりヘッド寄りになっているが、力強いスイングに出来る選手には、よりいい結果が得られるだろう。
いまひとつ力に自信のない選手には、「ミドルバランス」でバットのストレート部分が長いタイプが使いやすいだろう。傾斜部分が短く、ストレート部分が長いタイプは重心が手元寄りになるため、振りやすさが増す。
同じ長距離打者であっても、スイングフォームもスピードも異なる。
バットの形、重心と様々なものがあるので、デザインや色に迷うことなく、出来るだけ数多くのバットを試してみよう。振ってみたとき自分に最もシックリとくるバットに出会うことが、強打者への近道といっても過言ではない。

打撃でタイミングが合えば打てる

「懐の深い打者」という表現を聞いたことがあると思うが、懐が深いとはどういう意味であろう?
タイミングというもの自体が、説明のしにくいものであり、それぞれの感覚で感じるものであるが、一言でいうと、投手に合わせながらも、自分の間合いでボールを見ることができる打者のことである。
打席に立ったとき、始動が遅く慌てることはないだろうか?見ているひとからは、ほんの一瞬のことなのだが、始動が遅いと長くボールを見れない。
早かったり、遅かったり、間が取れていないのだ。できるだけ早めにゆっくり始動を開始し、
長くボールを見る。それができれば、ボールだと思ったらバットが止まるし、ストライクが来たと思ったら一気に振り抜ける。これがいわゆる「間」なのだ。タイミングを合わせるとは、投手の動きに自分が合わせることである、相手投手はこっちに合わせて投げてくるわけではない。
だから一瞬の間に投手の動きに合わせる必要がある。タイミングは投手が動きだしたころから合わせる。
そのためには、自分の中で動きを小刻みにし、いつでも動けるように準備をしておく。
自分自身のタイミングに呼び込んで打つことができれば、確率は高くなるが、そうは問屋が卸さない。相手投手はあの手この手でタイミングを崩そうとしてくる。それらに対応できるように、常に動ける準備をしておく必要があるのだ。

利き腕で押し込む!

ホームランバッターのほとんどが、押し込むほうの腕を利き腕にしていることはご存知であろう。
今は引退した清原、カブレラ、世界のホームラン王の王貞治監督であっても例外ではない。
もちろんこれは、土台となる下半身、さらにリードする腕を始点とした「振りぬく力」があって、押し込む力が生きてくるのだが。インパクト後にしっかり振り切る!そして押し込まないと打球に力は伝わらない。フォローでしっかりと押し込む感覚を身に付けてほしい。
また、手首の使い方を意識しているだろうか?右打者と左打者とではまったく違うのだ。手首の使い方は難しい。右打者は塁側に向かう、重心も前にいくので押し込める。どうしても左打者は重心が逃げてしまう。なので手首はあまり返さず、逆方向へ打つことに意識をもっていこう。
だれにでも調子の悪いときはある。そんなとき自分の姿勢をチェックしてみよう。調子が悪くなると姿勢も悪くなり、前に倒れるような猫背になってしまう。そうなるとうまく身体がうまく回転ができなくなってしまう。前かがみになると腹筋に力が入らない。そんなときは背筋を伸ばすようにすると、
体幹に力が入りうまく回転するはずだ。


一気に振り切れ!

バッターボックスに立ち、ピッチャーと向かい合う時、ホームランや、スリーベースヒットを狙う気持ちはよくわかる。だが、打つ!打ちたい!という気持ちが先行し、気持ちだけではなく、カラダがボールに向かっていく…よくあるパターンだ。だが、これでは速いボールがさらに速く見えてしまい、ミートの確率は当然下がる。カラダの力が使えないので、当然の結果だ。
では、確実にミートし、打球の距離を伸ばすのにはどうしたらよいかそれは、ボールを呼び込むことだ。
テイクバックで少しでもカラダを後ろに引く必要があることは、理解してると思う。
野球でのこの後ろに引く動作と気持ちが、ボールを呼び込むにつながるのである。呼び込む感覚…漠然としてわかりずらいのだが、自分がボールを捕るときを思い出してみよう。
ボールの勢いを殺すために、無意識にもクッションを効かせているはずだ。まさか、全身でボールにぶつかっていく動きはないはずだ。ひと呼吸おく、ためる、クッションを効かせる、さまざまな表現の違いはあっても、これは全てボールを呼び込むことなのだ。
テイクバックを開始する際、意識を軸足の内腿におくことによって、カラダ全体が後方に動く。
この感覚が身につくことによって、自然にカラダ全体でボールを呼び込むことにつながるのだ。
野球でこの呼び込むという動きはとても大切な動きなのである。

軸足の粘りが飛距離を生み出す

常日頃、カラダを支えている下半身。野球のバッティングでは、この下半身の力をフルに使うことにより、バットヘッドに力が伝わり、打球は驚くほど飛ぶようになる。
では、粘りとはなんなのだろう。自分のバッティングを想像してみよう。
バッターボックスに立ち、テイクバックの動きに入る時、ひざはどの方向を向いているだろう?
テイクバックのときのひざはホームべース方向を向いてるはずだ。そしてフォロースルーでは、ピッチャーの方向に向いている。
この移動の動き、すなわち回転が一瞬のうちに行われ、軸足がのヒザがピッチャーの方向に向くのをギリギリまで我慢することにより、下半身に「張り」が生まれ。このパワーを一気に解放することにより、パワフルなバッティングにつながるのだ。
では、軸足の粘りは具体的にどうせうれば出るのだろうか?それは軸足のカカトに意識を持ってみよう。
いままで、ここでカカトをあげていただろうと思うタイミングを一瞬でいいので遅らせてみよう。初めは違和感を感じるだろうが、この軸足のカカトが浮くタイミングを、いまよりもほんの少し遅らせるだけで、軸足がピッチャー方向へ向くのを遅らせ、きっとヒザの粘りを感じることだろう。野球のバッティングには下半身の力を味方につけることにより、思いがけない結果が生まれるのだ。