のぞみって速いのね 

September 25 [Sat], 2004, 22:33
 無事に葬儀の日程も終了したので帰ることに。帰りは日に2便しかない徳山駅に停車する「のぞみ」に乗ってきました。東京まで4時間20分!とにかく速い。実は新幹線に乗るのは27年ぶりのことの今回の帰郷,以前は10時間くらいかけていたのになんと半分以下で着いてしまうんです。飛行場が遠いのでJRを利用するしかないんですがこれほど近いならちょくちょくと・・・・・いやいや運賃は値上がっているんです。特にのぞみはひかりより高いので,頻繁には無理ですね。四十九日はどうしようかな。

12年ぶりの帰郷パート2 

September 24 [Fri], 2004, 21:11
祖父享年93歳でした。本日の葬儀も滞りなく終了し、火葬後に自宅へ帰ってきました。祖父宅には生前趣味にしていた手作りの船の模型が所狭しと並んでいます。数が多いのではないんです。ひとつが2メートル級のものなので・・・・。日本丸が2隻、大和が2隻、その他もろもろ。孫に形見分けということで一隻、大和をもらいました。この大和、10年ほど前に我が家に来たとき船の科学館に行って模型を見学しすべての部品を木材や鉄材から手作りして作り上げた思い出の一品。そして祖父が元気だった頃を思い出させてくれる大切なものです。

今回、全員ではありませんが従兄弟も集まりました。実は坊主頭が一番年長で40歳、以下38歳、34歳、33歳、30歳、25歳、23歳、22歳が二人、20歳と10人。1人事故でなくなっていますので11人ということになります。ところがこのうち面識があるのは30歳の従兄弟までであとは坊主頭と年が離れているので実はほとんど面識なし。初めてあった従兄弟も二人ほどいました。もちろん会話が弾むのは無理な話、なんとなく親戚なのに他人行儀でした。でも、小さい頃に遊んであげた子は今でも「にいちゃん」と呼んでくれて、懐かしさもひとしおでした。次にあえるのは来年の一周忌かな。

12年ぶりの帰郷 

September 23 [Thu], 2004, 23:29
 坊主頭の生まれ故郷は山口県下松市です。祖父母を残して家族で上京してからは遠いこともあり,なかなか帰郷することが出来ていませんでした。最後に帰ったのは平成4年のこと。若かりし坊主頭は単車に乗って千葉〜山口〜大分との超長距離のソロツーリングに行ったのが最後でした。この時は行きは気合いが入っていたのですが帰りは疲労に負けて宮崎からフェリーで帰ってきてしまいました。今でも忘れませんが本州と九州を結ぶ関門橋の手前でパーキングに寄ったとき,ちょうど橋が改修工事中でたくさんの工事関係者の方がいて,坊主頭の単車のナンバーを見て「千葉から来たのか?すごいなあ〜」とみんなで寄ってきました。色々話をした後,出発の時約20人が拍手と万歳三唱で見送り・・・・。感動はもちろんしたし,うれしかったんですがそれより・・・・恥ずかしくて恥ずかしくて。いい思い出です。

話はそれてしまったんですが実は今,その山口県に来ています。昨日の深夜に祖父が亡くなったとの連絡が入り,朝になってから仕事の段取りをした後、新幹線に飛び乗ったのです。12年ぶりの帰郷はとても突然のことでした。新幹線に乗るのはなんと27年ぶりでちょっと、どきどき・・・・。約6時間で千葉から山口県まで着いてしまいました。のぞみは本当に早いですね。ついてすぐ通夜でやっとホテルに今入りました。長い一日でした。帰りはあさっての予定です。

仕事の負担が・・・ 

September 16 [Thu], 2004, 18:41
 職場で人員削減がありました。いやいや坊主頭はリストラされていません。でも,今まで2つの係であったものが1つに統合されてしまい,現場に出ていた坊主頭は否が応でもデスクワークもせざるを得ない状況になりました。ところがこれがキツイ!慣れぬ事務仕事にすでにお手上げ状態・・・・パソコンの前には資料の山。いきなり帰りが遅くなり嫁からは「今日は帰ってこない日だっけ?」とメールが入るほどに。なにより,夜もとっぷり更けてから自転車のライトを頼りに家に帰るのが淋しいったらありません。なにせ政令指定都市の千葉市内とはいえ,家は外れの方で殆ど車の通行量もなく街灯もまばらなんです。気が重くなるのに拍車をかけてくれます。

打ち上げにて 

September 13 [Mon], 2004, 20:31
昨日の都連終了後の打ち上げの席で毎年お出でいただいているジャズ評論家の瀬川昌久先生がわざわざ当バンドの女性トランペッターにお話をしにうちのバンドのテーブルまで来てくれたのですが残念なことに所用で先に帰ってしまっていました。以前「インドの歌」のソロをとったときにも絶賛してくれたとのことで,今回も「A列車で行こう」のソロを聴いてのことでした。とても懐かしくよき時代の味のある音を毎回絶賛してくださる瀬川先生,そしていつまでも艶やかなソロを聴かせてくれる女性トランペッター,お二人とも最高です!坊主頭も音が出なくなるまでトロンボーンを吹き続けたいと思いました。

消えた7拍(あう〜) 

September 12 [Sun], 2004, 23:59
 終わりました,都連のコンサート・・・・そして苦い思い出も出来ました。ソロの曲のいつもはぜんぜん間違えたことのないフレーズが本番「7拍」頭からぶっ飛びました。客席ので聞いていた妻は帰ってから「冷や冷やしたけど立ち直ったね」と一言。本番に弱い坊主頭が見事露見してしまいました。でも不思議と緊張はしなかった。次の機会(あればですが)があれば完璧に・・・・おっとこんな事を書いては墓穴を掘るだけか。でもいつも一緒に吹くことが多い妻や吹奏楽団の人達からは「初めてじっくり正面から音を聞いたけどバストロってあんな音なんだ」となんだかよくわからない批評をいただきました。ちょっと怖いけどビデオか録音した音を早く聞いてみたい気がします。なににせよもう少し気合いを入れて練習すれば良かった。譜面は完璧に覚えたと思ったのに・・・・「まさかという坂がある」というのを身をもって体験しました。終わってロビーでぼんやりしていると女性のお客さんから「よかったですよ!」と一言声をかけていただきました。メンバーの家族の方だったのかな?少し救われた気がしました。もちろん終了後の打ち上げで恒例の佐藤秀也さんの好評では「バストロ間違えただろう大馬鹿者」と一言(ホントは一言じゃないかも)ありました。まあいい経験をさせていただきましたということで,もう寝ます。

いよいよ・・・ 

September 11 [Sat], 2004, 2:45
来る日曜日!東京都社会人ビッグバンド連盟のコンサートがセシオン杉並で行われます。坊主頭の所属するジロー吉田とブルーハーバージャズオーケストラも例年通りトップでの出演。そして,実は坊主頭にとって初体験(フルバン&バストロ)・・・・・のソロがあります。今日の夜が最後のリハで,後はホールでのゲネプロのみなのに仕事でやっと今帰宅しました。譜面は何とか覚えた・・はず。生まれてから一度も緊張したことのない坊主頭最大の緊張の場面がもうすぐやってきます。頑張ります・・・・・。

印象が薄い? 

September 06 [Mon], 2004, 18:46
どうやら坊主頭は印象が薄いらしく,何度かあった人はおろか,何年か仕事を一緒にやっていた人にもすぐに忘れられてしまいます。坊主頭自身は一度あった人はなかなか忘れないので,見かけると気軽に声をかけてしまうんですが,そのたびに「誰だこいつ?」といった顔をされることもしばしば・・・・。そんなわけで知っている人に会っても坊主頭のことをわかっているかどうかと「顔色」をうかがうことが多く,かえって不審者に見られてしまうことも。最近一番ショックだったことは仲人に知らんぷりをされたこと・・・・ああ悲しい

MP part2 

August 30 [Mon], 2004, 18:58
以前にも紹介したBS-Trombone Mauthpiecesのリムのメッキが上がってきてから約2週間が過ぎ,結構吹き込んできて昨日の本番を迎えました。3062AFでの使用でしたがカップの組み合わせは深めのやつです。やはり浅いカップだと音程が上がって不安定になるので深めのやつを使いました。このMPのリムは意外なことに今まで使っていたGWより厚いんです。ただ若干リムが丸いんで唇に当てたときの自由度が高く感じます。ホールでの響きも申し分なかったんですが,定員300名ちょっとの小さいホールなので広いところだとまた印象が変わるかもしれません。さて6Bの場合ですと浅いカップを使えばなかなかいい感じなんですがGWとの相性の良さも捨てきれず,試行錯誤の毎日です。ただ,来月はフルバンの本番・・・・しかもどソロが一曲・・・・・・・・暗譜が怪しい・・・・頑張ります

夏のイベント 

August 29 [Sun], 2004, 15:59
今日は吹奏楽の本番でした。定期コンサートは春にやっているんですが,夏は少し規模を小さくしてこぢんまりとしたファミリーコンサートです。私自身,少々練習不足で不安を抱えての本番でしたが,なんとか乗り切ることができました。こういう本番の時はよく業者さんに録音を依頼するんですが今回も例に漏れずお願いしました。セッティングなどを見ていましたが録音には「DAT」を使っていました。私もDATの愛用者なんですが,ここで考えたのが「自分で録音できないか?」ということです。いきなり本格的なものは無理でしょうが,少しずつ充実&勉強すれば・・・・・。今後の楽しみが増えました。(お金もかかりそうだなあ)
P R
■プロフィール■
■坊主頭
パオパオ
■社会人ビッグバンド「Jiro Yoshisda & Blue Harbor Jazz Orchestra」バストロンボーン奏者
■その他は「CONTENTS」の各コーナーをご覧下さい
メールはこちらから!
カテゴリアーカイブ
最新コメント
アイコン画像**
» 急逝 (2014年04月19日)
http://yaplog.jp/basstrombone/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:basstrombone
読者になる
Yapme!一覧
読者になる