明日から 

2006年10月16日(月) 23時15分
週末まで東北へ出張です。
最近購入したウォークマンへ「どっさり」と楽曲を
転送中です。4GBあるので余裕ですね・・・

ルツェルン祝祭管弦楽団演奏会 

2006年10月15日(日) 12時12分
昨日の演奏会は感動ものでした!

まず、席がよかった。LB列の一番前列・・・つまり指揮者を真横から
見る位置です。コンバスは正面に見ることが出来ます。

アバドの表情・一挙手一投足をじっくり観察・・・

音楽は、メインがマーラーのSym No.6「悲劇的」
演奏時間は1時間を超す大曲ですが、時間を感じさせないぐらいの勢い
で進行していきます。まさに、「音の塊」をぶつけられるような感じでした。

終楽章が終わっての静寂・・・指揮棒を下ろすまでの時間のながれ・・・
20秒以上はあったでしょうか?会場全体が静まり返り、まさに舞台と客
席が一体になった瞬間です。

その後自然と湧き上がる拍手、それが嵐のごとくになるまでそう長い時間
はかかりませんでした。

実は、先月に某国内オケの気の抜けたマーラーを聴いていただけに、今
回は「マーラーの曲はこう演奏するものだ」という指揮者の心を聴いたよう
な感じがしました。

鳴り止まぬ拍手の中、オケのメンバーがそれぞれの表現で感動を分かち
合っていたのも、今回の演奏の成功を物語っています。

その後、楽屋口まで降りていきましたが、そこには100人近い聴衆が・・・
結局サインは「マエストロがお疲れ」なので頂けませんでした。残念!

ザビーネ・マイヤーさんや、ラインホルト・フリードリヒさんにも間近で接する
ことができ感激です!!

感動・感激の一日でした。

ルツェルン祝祭管弦楽団 

2006年10月14日(土) 9時04分
今日は、ルツェルン祝祭管弦楽団の演奏を聴きにサントリーホール行ってきます。

http://www.suntory.co.jp/suntoryhall/sponsor/061011.html

アバドの指揮での演奏会を聴くのは、なんと・・・1991年に楽友協会でのウィーン
フィルのニューイヤーコンサート以来です。
コンサート終了後サインを貰いに行ったのですが、数人前でストップ! 残念!!
ただ、楽屋から出てくるアバドを数十センチの距離から拝めたので、まぁ「よし」と
しましょう・・・

今日はどうかな?

引越ししました 

2006年10月14日(土) 7時26分
このたび Livedoor Blog から引っ越しをいたしました。

今後ともよろしくお願いいたします!!
プロフィール
名前:ゆう
趣味:星を観ること
楽器を弾く(コントラバス)こと
楽器を吹く(テューバ)こと
写真(銀塩・デジタル)
旅行などなど多趣味です・・・
2006年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
メールはこちらから!

TITLE


MESSAGE

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:bass_kosyu
読者になる
Yapme!一覧
読者になる