野球が一番速く上達する方法

May 28 [Wed], 2014, 22:23
野球は、スポーツですので、一番早く上達するには、文字や文章、図解の本でなく

一流選手の動く姿を見ることになります。

ただし、普通にプロ野球をテレビ中継で見るということではありません。

もちろんプロ野球のTV中継も野球の知識は吸収できるのですが、あまり野球に詳しくない場合には断片的な情報となります。

楽しむ分には全然良いのですが、野球が上達するということに直結はしないんですね。

きちんとプロ野球選手が、バッティング(打撃)を教えてくれる映像があれば、何度も何度も見返せて、実際にその場にバットを持ってスイング動作をしながら学ぶことができるんですね。

止まった画像や図解や文字でなく、しっかりと「動」的要素で野球の上達が分かれば、誰でも格段に野球が上達するんですね。

そういった野球上達DVDを紹介しているサイトがhttp://base-ball.net/となります。

一度、ご覧ください。僕もかなり参考にさせてもらっています。

やっぱり、野球の上達は専用に作成されたプロ野球選手が教えてくれる方法が間違いなく最短で上手になるんですね!


野球の打撃が格段に上達するフォームとは?

May 28 [Wed], 2014, 17:29
野球のバッティングって難しいですよね。

一見、バットを振るだけなので、簡単な様に見えますが、実際には色々と注意すべきポイントがあります。

・バットをスイングしている時に軸がぶれていないか

・ボールを捉えに行く時に体が前に突っ込み過ぎていないか

・バットの軌道は最短でスムーズに行えているか

・バット始動時にバットのヘッドが下がっていないか

・バットを振る軌道がドアスイングになっていないか

・ボールを打つ時に体が早く開いていないか


など、色々とバッティングのチェック項目はたくさんあるんですね。

でも、一体どこから順番にチェックすれば良いの?

そして、バッティングの悪い点を知り、そこをなおしたい時にはどうやってバッティングの強制をすれば良いの?

と野球に関する知識がない時にはそうなりますよね。

ですので、まずは打撃理論を知って、正しいバッティングフォームを知り、それを身に着けバッティング練習をしたり、素振りをして自分の体に覚えさせることが重要なんですね。

それはhttp://base-ball.net/のホームページに詳しく載っていますよ。


野球のバッティング上達の方法!ヒットを量産する最短の方法

May 28 [Wed], 2014, 16:39
野球のバッテイングで3割打者を目指したいと思いませんか?

もちろん、少年野球などでは4割以上いく選手もいます。

野球の打撃の秘訣は正しいスイングを日々の練習で身に付けることにあります。

間違ったバッティングスイングをいくら何万回とバットを振ったところで、バッティングは上達しないんですね。

ドアスイングになっていたり、体の開きが早く壁が作れていない様な間違ったバッティングファームや適当にバットを振っているだけの素振りを繰り返しても、無駄な努力となっていまいます。

野球でのバッティングでつまづく多くは、結構共通点は多いです。

すでに上記で説明した様に、ドアスイングになっていて、上手く腕をたためない。

体の開きが早くで、内角に来たボールがファールになってしまう。

正しい野球のバッティング技術を知らないために、ボールをしっかりとミートできなので三振ばかりしている。

その様に、野球のバッティングの悩みがあるのではないでしょうか?

そんな打撃が上達向上するには、これもまたプロ野球選手に、正しい野球のバッティング理論、バッティング技術、バッティングファーム、バッティングの練習方法を教えてもらう事で最短で打撃が上達するんですね。

それがhttp://base-ball.net/aiko-143.htmlで紹介してありましたので、掲載しておきますね。

あなたのバッティングが最短で一気に上達する方法を教えてくれますよ!

夢のホームランも夢ではなくなるかもしれませんね。

野球の内野守備の上達方法とは?

May 28 [Wed], 2014, 16:28
野球では守備って大事ですよね。

もちろん、守備は相手チームに点ンをやらない事も大事ですが、バッティングにもつながってきます。

リズムが良く締まったエラーのない守備から、良い打撃に結び付きます。

チームの流れや雰囲気も良くなり相乗効果があるんですね。

逆に守備にエラーやミスばかりであれば悪循環になりますね。

点に追いつくことに焦りが出たり、ピッチャーのリズムが完全に狂ったりと本当にメリットは0なんですね。

ファインプレーもチームを鼓舞することになります。

チームの攻撃にも勢いをもたらすことが出来ます。

特に内野守備は、効率よく正しい練習をしなければ強くなれません。

捕球はできるけど、スムーズなスローイングが出来ていなければ、内野安打やゲッツー崩れになります。

二遊間のベースカバーがお粗末ならば、ダブルプレーが取れるはずのタイミングでアウトが取れなかったりします。

当たり前の様でも難しいのが内野のシートノックですね。

きちんとしたベースカバーという、ベースの入り方、ゴロのさばき方、スローイング、逆シングルをしっかりと身に着け、エラーをしない様に毎日の練習でノックを受けることが守備の強化へとつながります。

上手な選手の守備プレーを見ても、なかなか守備が上達しないのは、何度も繰り返して見れない事や、具体的に教えてくれる指導者がいないからなんですね。

その様な野球での内野守備の上達方法をプロ野球選手から教えてもらえば、守備って簡単に上達するとは思いませんか?

おすすめサイト http://base-ball.net/syubi-173.html

野球の打撃は水物で不安定ですが、守備がしっかりとしていれば崩れないゲームが予想できますよね。

守備が上達する事が、まず野球を好きになる秘訣なんですよ。

野球の盗塁が成功する上達方法

May 28 [Wed], 2014, 16:15
野球での盗塁は安打(ヒット)1本に値しますね。

一塁から二塁への二盗が主となるのが盗塁ですね。

野球の盗塁の魅力は、やはりいつでもスタートが切れてリードオフが自由という点でしょう。

ソフトボールでは、ピッチャーが投げるまで一塁上にいないといけませんからね。

投手のクイックやけん制の精度、キャッチャーの肩などで判断する事も多いですが、やっぱり盗塁が成功するには、ピッチャーのクセを見抜く力が必要ですね。

プロ野球選手で盗塁王になる選手は、必ずそういったクセを見抜く力に長けています。

また、足が速くないのに、盗塁を成功させる選手もピッチャーの牽制をする?しない?の癖を見抜けるんですね。

楽天のアンドリュージョーンズなどもたまに走ります(笑)

野球の盗塁は足の速さだけではありません。

一塁からランナーが二塁に進めれば得点チャンスにも直結します。

ようは、スコアリングポジションにランナーが進む。というものですね。

また、バントで送って、相手チームにアウトを1つ献上する必要もありませんからね。

盗塁が出来る選手は重宝されますし、トップバッターにもなれますからね。

また、野球には機動力は欠かせません。

その基本的な事が野球の走塁技術ですね。

もし、野球の走塁技術を上げたかったり、その練習方法や盗塁のやり方をしたい時には、元プロ野球の盗塁王が教えてくれるDVDが良いですよ。

野球の走塁や盗塁についての全てが学べます。

盗塁が出来る選手や、走塁が上手で1つでも多い進塁が出来る選手、ホームへ帰還できる選手は得点に直結するために、他の選手を1歩リードできるスキルなんですよ。

今回の盗塁や走塁に関する参考サイト 野球の盗塁方法

これで、チームへ機動力を生む原動になれるんです!