ちょっとずつ 

2005年07月28日(木) 22時59分
鬱が治ってきました。はひ。
オンでもオフでも何か嫌な事があったけど、でもそんな大した事じゃないんだなぁと自分で区切ってみたら、とっても楽になれた。
来週の土曜日にお祭に行って綿飴を鱈腹食います。きっと幸せ。
その後花火。
出来ればお泊りしたいなぁ。出来ないかなぁ。

大丈夫大丈夫ー。
頑張れ自分。
生きていける。

なんだかかんだか 

2005年07月12日(火) 0時38分
もう色々疲れました。
才能も何もないのって、ホント苦しい。
人生何もないよー。
ネガティブ。
ボロクソだぜ。

 

2005年07月01日(金) 21時41分
もーすげー鬱。もー頑張るのイヤだ。
親友は冷たいし。男出来りゃ、結局こーかよ。何で女って恋愛と友情両立できないんだよ。
イライラするし、腹立つし。
毎日泣いてるし、すげぇ不眠症だし、鬱だし。
リスカも止まんないし。
全然何も上手くない、上手く行かない、クソだ。
マジ、滅べよ。人類。

あたしだけを愛さないなら、もう何もいらないよ。
くたばれ。

ちょっと安心 

2005年05月20日(金) 22時20分
親友と元カレがくっつきました。
結構前に。
やっと吹っ切れましたよ。
今日三人で遊びました。
楽しかった。
自分をやっとこ確立できました。
良かった。
これからも、三人で集まったりしたいなぁと思った。
大好きな二人ですし。大切な友人たち。うん。本心からいえる。
新しい一歩ってやつです。
成長成長。

今日はオタクで 

2005年05月01日(日) 22時21分
はい。
日曜って最高ですよね。日曜アニメって最高ですよね。
何かもう、涎もんですよ。
今日は初めてエウレカセブンを観ました。
ロボ!美少女!ムチムチお姉さん!ヒゲワイルドな渋い殿方!メカ!軍事物!!
とは言え、ロボのセンスはちょっと・・・みたいな感じです。ストーリーや世界観はまぁまぁ。
スタッフはかなり気合入ってるだけ有って、むちゃくちゃ絵は綺麗ですね。
結構良い感じなので、毎週観てみます。イエア。

日曜アニメの醍醐味といえば、そうですよね。
プリティでキュアキュアのプリキュアですよね。
あーほのかー。ホワイトー。
ラブいです。

さて、こっからが本題ですよね。ええ本題です。
ヘルシング原作がOVA化って。マジ。ホント。 悶 え る ほ ど 嬉 し い 。 
うおおお隊長リップちゃん大尉シュレニャンおおおおおおげふげふ。
ビックリしすぎて鼻から蕎麦が出てくるかと思いましたよ(今日の夕飯は蕎麦)
よっほい。買うぜOVA。買わねばならぬ。放映アニメの方はいっくらヘルシングとは言え、
なんとまぁこりゃびみょーな感じだったから手が出なかったけど。
少佐が出るなら買わなきゃね。なんでアワーズはあんなに少佐をプッシュしてるのか
良く分からんです。
まぁ、好きですよ、少佐。ええ。大好き。
本誌もドキドキワクワクしない展開になってきてて、もうこれ反則ですよマスタ〜みたいな。
ボロ勝ちですよね。これ。みたいな。

くひょー、これだからオタクはやめられねぇ。
日本に生まれてよかったのって、この点だけではないかと思う。
アニメに困る事無い生活。幸せ幸せ。

おいせー 

2005年04月30日(土) 22時54分
自らの成長の兆しが無い事に今頃気付く。
諦めようと本人に宣言したものの、心の中では未だぐちゃらぐちゃらです。
あー恋って切ない(棒読み)
やってらんねーやってらんねー。
あーくそ。
報われないのも想われないのも慣れたはずだったんだけど、全然でした。
男としても恋人としても人間としても、あいつはホント最高なのになー。
ホント、失恋の実感が湧かない。頭で判っているので尚更葛藤。
こりゃいかん。
さっさと新しい男でも捜そうかと思うんだが、
何か、あいつほどいい奴はいない気がしてきた。
未練タラタラの格好悪い女でがす。ぺっぺっ。(汚い)
こんな入れ込む予定じゃなかったんだけども。ホント予想外。かー。
まだ愛してるなぁ。
どうしましょ。
ぷう。

気分転換にマンガの話を。
好きな漫画はヘルシングって吸血鬼マンガです。ご存知の方はご存知でしょう。そらそうだ。
ちょこっと軽く概要を説明しますと。
英国がメインの舞台。その英国に国家直属の化け物退治専門の機関があります。その機関の名前が、王立国教騎士団。別名HELLSING機関。
HELLSINGにはアーカードという超ベラボーゴイスーでデンジャーな吸血鬼様がいらっしゃいます。この人が主人公・・・?
そのHELLSINGと対立する組織が二つ。
一つはバチカンのHELLSINGと似たようなお仕事をなさっている、第13課。イスカリオテ。狂信者たちの集まりです。カソリックです。神父やシスターが銃器持ってます。
もう一つがナチです。あのナチです。ハイルヒットラーの。この人たちは全員化け物です。量産性の吸血鬼さんたちの集まりです。魔術使ったり、瞬間移動したりします。
この三つの組織の三つ巴です。ロンドン舞台に血みどろのドンパチをかましているマンガなのです。
とにかく、全てが見せ場の様な絵柄。カッコイイ。痺れる。イカす。萌える。オタクの魂を満足させてくれるマンガです。少なくとも私は満足です。合否の分かれる作品だとは思いますが。

こんにゃらー 

2005年04月21日(木) 21時58分
振られたぜ振られたぜ。
あーこんちくしょう。
自傷がライフワークになりそうだぜ。

あたしの全ての行動の根本には淋しいって感情があります。
淋しい。
淋しいから、他人を求めるのですが。
求めるに値する(と書くと偉そうだけど)他人が、あたしを拒否するこの現状。
どうしたらいいんだろう。
結局問題はあたしにあるようで。
依存しすぎるのは、あたしの中では当たり前であるので、
ぶっちゃけどうしようもありません。
正直に言えば。
淋しいって理由で恋愛をしてはいけないのでしょうか?
淋しいから、感情を恋愛に発展させることはいけないことでしょうか?

とにかく、物凄く、淋しい。
叶うならば、あたしのために存在し、あたしだけを見て、あたしだけが存在意義の他者が、いてくれたらなぁとすら、思う。

むりだ。 

色々な捌け口として 

2005年04月18日(月) 14時41分
日記っぽいのを作ってみます。

自己紹介をすこし。
十代末期の浪人生。
好きなものは本と甘いもの(チョコ)
嫌いなものは辛いものと虫。
基本的にオタク。ひきこもり。金欠。
漫画ではHELLSING、ガールフレンド、永井豪、文では谷崎潤一郎、太宰治が好き。
映画鑑賞も趣味。主に家でDVDですが。
好きな映画はレオン、エクソシスト、エルム街の悪夢、ザ・セル。オカルトとホラーとスプラッターが大好き。
可愛い女の子を目で追ってしまう変な人です。
ていうか、バイ。


早速日頃考えている事をば。
好きな人のことを、まぁ、それなりに考えてみたりしてる毎日。
でも、恋愛している自分にものすごく違和感を感じる。
今付き合っている人は男ですが、その前は女の子と付き合ってました。
どうも、好きになると、全体重かけてよっかかってしまいがちになるうようです。
女の子には母性を求めてしまいます。男には(不本意ながら)父性を求めてしまうようです。
母性を求める理由はわかるけど、父性に関してはさっぱり。
エディプスコンプレックスなど、まぁ、誰にでもあるでしょうが、でもやっぱり認めるのが辛いですね。
同人的に言うなら、私は女の子と付き合う場合、攻めだったわけですが、男と付き合う場合は何が何でも受けになってしまうっていうのも、何だか辛い。
愛される事にすら違和感。ていうか、本当に愛されているのか?と、常日頃から思う。
それほど自分に魅力があるとは思えないし。
男だろうが、女だろうが、愛しまくり尽くしまくりますが、それでも、頭のどっかで冷め切って、「あんたコレでいいんですか?」と言っている自分が常に存在します。
これは、普通?異常?これでいいのって、何が「これでいいの?」なんでしょうか。
愛し方なのか、愛してる人のことなのか、それすらも判らない。
経験不足です。
2005年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:barrett92f
読者になる
Yapme!一覧
読者になる