日記のお引越し

October 01 [Mon], 2012, 20:10
どうもどうも。

随分と報告が遅くなってしまいましたが、現在アメブロさんで日記を書いております。

名前も変わってしまいましたが(笑)、中身はあんまり変わってないと思います。

宜しければ、こちらを気にしてみてくださいませ★


★権中納言の歴史語り★
http://ameblo.jp/gonchunagon/

★おしらせ★

December 31 [Fri], 2010, 23:45
このたび、下記のURLのブログへ、引っ越すことにしました。


いいかんじにうそをつき
http://baron-baron.cocolog-nifty.com/blog/


引越しの理由は、カテゴリー整理です。

ヤプログは1つの記事に、1つのカテゴリーしか選べないんです。

それが、ワタクシにとっては、ものすごく都合が悪くて。

後から検索するのにも不便を感じたので、引っ越しすることとしました。


こちらは、過去ログのために残しますし、トラックバックの承認のためにも、たまに覗きます。

引っ越しと言っても、タイトルもオーナー名も変わりませんし、内容も変わり映えしません(笑)

あっ、mixiの方にもまだおりますので、アクセスはそちらでも歓迎です(サイドバーにリンクがあります)


というわけで、コチラもソチラもアチラも、どうぞ宜しくお願いします。


―― マーガリン男爵拝

最後の忠臣蔵

December 28 [Tue], 2010, 22:37
今日は、今年最後の映画を見てまいりました。

タイトル通り「最後の忠臣蔵」です。


ワタクシ、忠臣蔵が好きなので、元から観に行くつもりでいたんです。

ただ、周囲ではいい評価をほぼ聞かなかったので、観に行く気が萎えかけておりました。

でも、友人に後押ししてもらって、行くこととなった・・・・という裏事情があります。

感想は、うん。観に行って良かったw

ワタクシは好きな映画でした。

ただ、見る人を選ぶ映画かなーという気はしました。


例によって、ネタバレ上等ですので、それを拒否したい方はここで回れ右で、お願いしますw


正気と乱心の風刺事件

December 27 [Mon], 2010, 23:35
忠臣蔵の元ネタとなった「赤穂浪士討ち入り事件」は、江戸時代に起こった出来事。
元禄15年12月14日(1702年)のことでした。

その遠因というか、事の始まりとなったのは「浅野内匠頭刃傷沙汰事件」
元禄14年3月14日(1701年)の午前中、ご存知のように江戸城松の廊下で起こりました。

浅野内匠頭は、その日のうちに切腹。
討ち入りが決行されたのは、主君の沙汰から1年9ヶ月後のことだったんですね。


この一連の出来事で、ワタクシの考える「最大の謎」といえば、


「何故、大石以下四十七士は、吉良上野介を討ち取ったのか?」


「そりゃあ、主君の仇だったからでしょ・・・・」と思われたアナタ。まだまだ甘いw(多分)

これが結構、奥が深い謎だったりするんです。


この謎は、「何故、浅野は松の廊下で抜刀し、吉良に切りかかったのか?」から明かして行かないと、何が謎なのかさえ分からなかったりします。

そこで、こちらの謎をつっつく所からはじめてみます。

しかし、この「刃傷沙汰の動機」について明記された資料は存在しないため、明白な答えを得るのは絶望的。

・・・・ってことになっていますが、これ本当なんでしょうかね?


この謎を考えるにあたって、前提の仮説が、大きく2つに割れています。

(1)浅野内匠頭は、正気だった。
(2)浅野内匠頭は、乱心だった(正気じゃなかった)

さぁ、どっちが正しいんでしょう?


(1)の仮説を裏付けるのが、いわゆる「怨恨説」

吉良上野介からあらゆる意地悪と侮辱を受け、それを恨んで切りつけたんだ、という話。

何せ、浅野サンが切りつけた時のセリフが、

「この間の遺恨覚えたか(こないだ、お前がオレにやったこと、覚えてるよな!?)」

松の廊下で吉良サンが、梶川与惣兵衛と「今日の儀式、予定よりちょこっと遅れてるんだよねー」などと話し合ってる時、こう叫びながら切りかかって来た・・・・と、その話し合っていた梶川与惣兵衛の日記に書かれている証言です(ただし写本)

じゃあ、実際「こないだ、お前がオレにやったこと」とは何か?というと、そこが全く分からなかったりします。

忠臣蔵の劇やドラマでは、

「畳を全部替えなきゃいけなかったのに教えなかった」とか、
「会席料理を出すべきところに精進料理を出させた」とか、
「金屏風を出さなきゃいけないところに墨絵の屏風を出させた」とか、
「大紋(最上の礼服)でなければいけなかったところに、長裃(略礼装)で出席させられた」とか、

よくもまぁ思いつくわなと言う大恥体験がゴロゴロ出てきますが、ぜんぶ事実無根の作り話。

というのも、浅野サンが勅使接待役を仰せつかったのは、これで2度目(刃傷事件の18年前にやってる)

全部経験済みなので、「知らないことを肴にイジられイジメられる」なんてことはないのです。

だいたい、「直前で気づいたから大恥で済んだ」わけで、冷静に考えればこれは作り話だから出来ること。

万が一にも彼が直前で気が付かなかったら、指南役の吉良サンにも切腹が待ってます。そんな命がけのイジメ、普通やりませんよね・・・・。


もうひとつ、イジメがなかった裏付けとしては、大石ら四十七士が討ち入る際に掲げた口上(犯行声明文)にもあります。

 去年三月 内匠儀 伝奏御馳走の儀に付 吉良上野介殿ヘ意趣を含み罷在り候処
 殿中に於て当座遁れ難き儀ご座候か 刃傷に及び候
 時節場所を弁えざるざる働 無調法至極に付切腹仰せつけられ
 領地赤穂城召し上げられ候儀 家来共畏入存じ奉り候
 (以下略)

「殿中で何か事情があったのでしょうか?刃傷に及んでしまいました(殿中に於て当座遁れ難き儀ご座候か 刃傷に及び候)」

と書いてあるところから、主君が殿中で刃傷沙汰に及んだの動機については、彼らも知らなかったのが分かります(分かっていたら、口上に書くべきですから。畳とか、屏風とか、長裃とか)


そして、「何故、浅野は松の廊下で抜刀し、吉良に切りかかったのか?」という謎は、もうひとつ「どうして松の廊下で狙ったのか?」という疑問も投げかけています。

何故なら、松の廊下というのは、邪魔者(止めに入る人)がたくさんいるから、遺恨を果たす(吉良をぶっ殺す)にかなり不利だからです。

吉良を討ち果たしたいと正気で思ったとしたら、絶対に選ばない場所。

なんでそこを選んだんだろう・・・・?と考えると、そんなの考えてなかったという説が手っ取り早く、また自然な流れ。

そこで、謎の答えは、やっぱり「正気じゃなかった」が正しいのではなかろうかと、そんな結論に達してしまうのです。


こうした事情を考慮して、浅野内匠頭が正気じゃない=乱心で吉良に斬りかかった、という仮説を前提とするならば、ワタクシが挙げた最大の謎が浮上します。

「何故、大石以下四十七士は、吉良上野介を討ち取ったのか?」

より具体的に言えば、

「大石以下は、なんの落ち度もない吉良上野介を、何故討ち取りに行ったのか?」

だって、浅野内匠頭が乱心して斬りつけただけということは、吉良サンは何もしてない=仇でも何でもないわけですからね。


でも、この謎は、浅野家は許されることなく改易されてしまっていることから、ある程度の察しが着いたりします。

メリークリスマス♪(現在進行形で)

December 26 [Sun], 2010, 22:31
今日は、なんだか具合が悪いです。


風邪かな・・・・?

昨日は横殴りの吹雪が舞い、気温もメチャクチャ寒い、ひどい天気だったからなぁ。


でも、風邪にしては咳も鼻水も鼻詰まりもありません。

じゃあ、なんだろう?


そういえば、具合が悪いと言うより、胸焼けという感じ。

というわけで、ここ数日の食生活を振り返ってみると。


○23日

キャラメルミルフィーユ

○24日

レアチーズケーキ(1/6)
焼き肉

○25日

ショコラ(1/8)
ストロベリータルト?(4号の1/6)
バターケーキ(1/8)
バターケーキ(1/8)
生クリームケーキ(4号の1/4)

○26日

ショコラケーキ(4号の1/4)
ホイッププリン


ああ・・・・ケーキの食べ過ぎだ(笑?)


というわけで、今日は夕食に出たキャベツをモリモリ食いました。

キャベジン(ビタミンU)で、胃酸を抑えようかと。

ビタミンB1も、摂った方がいいかな・・・・?


ちなみに我が家には、(家族全員出かけたために)昨晩食べられなかった手付かずのケーキが、もう1個残ってます。

きゃっほい。

明日だけじゃ、食べきれないだろうな・・・・。


「ケーキを食べる日」なクリスマスは、まだまだ続く。

マイナスとマイナスをかけると

December 24 [Fri], 2010, 22:28
学生時代、数学で習って、

「なんで、マイナスにマイナスをかけると、プラスになるんだろう?」

と思ったことありませんか。


ワタクシはそう疑問に思いましたし、今でもあまりピンと来ないんですが。


ワタクシの中で「もしかして、こういうことかな・・・・」って思った出来事が、起こりました。



麻生元首相派遣を決定=ブラジル新大統領就任式−政府 ⇒

------以下引用-----------------------------------------------------
政府は24日午前の閣議で、来年1月のブラジル大統領就任式典に参列する特使として、
麻生太郎元首相を派遣することを決めた。
仙谷由人官房長官は閣議後の記者会見で
「ブラジルから首相もしくは首相クラスが来てほしいとの要望があり、
外交儀礼上もそうすべきなので、元首相にお願いした」と述べた。(2010/12/24-12:08)
--------------------------------------------引用以上---------------


元首相は、民主党では鳩山由紀夫サンしかおりません。

しかし、彼は小沢寄りの人。

仙谷・菅の派閥は、小沢派とは対立しているので、鳩山サンに頼むのは無理(マイナス)

だからって、野党の自民党に頼むのはどうだろう(マイナス)

と葛藤して・・・・・・・・選ばれたのが、元首相で、外相経験もあって、海外には(そしてブラジルにも)何かと評判のいい、麻生太郎氏。


負の要素と負の要素とを掛け合わせて答えを出したら、結果的にまともな人選になっている不思議。

マイナスにマイナスをかけたらプラスになるって、こういうことかと、はたと膝を叩きました(笑)


ともあれ、ブラジルは「ブリックス(BRICs=ブラジル・ロシア・インド・中国)」の1つで、日本が経済交流を待望できそうな1国。

鳩山政権の時代に、ポーランド大統領の国葬で踏みそうになった。
そしてサウジアラビア外交で踏んだ。

「なんでその人選なんだYO!」というヘタな轍は、今回は踏まずに済みそうです。

民主党政権になって珍しく、褒めてあげたい気分になりましたよw


■・・・・プライド?(関連記事につき再掲)
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1463980662&owner_id=377893

↑この件は、アイスランドの火山が噴火したおかげで、難を逃れたんでしたっけ。



以下、余談。



マイナスにマイナスをかけると、なぜプラスになるのか?


ワタクシなりの理解は、次の通り。


例えば、

2×3=6

これは「2を3回足している」という式。

つまり、

2+2+2=6

というわけです。


−2×3=−6

これは「−2を3回足している」から、

0−2−2−2=−6

こういうこと。


では、

−2×−3=6

これは「−2を−3回足している(=引いている)」から、

0−(−2)−(−2)−(−2)=6

となるのでは・・・・と、頑張って解釈しています。


伝わるかな・・・・行ってる自分がよく分かってないから、伝わるわけないわな・・・・(苦笑)

2012年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像ホヨヨ
» ポーランド素描 (2015年06月18日)
アイコン画像ティノりん
» 月刊少年ジャンプ 終了 (2014年06月11日)
アイコン画像山本太郎
» 榎本武揚@草g (2014年02月26日)
アイコン画像Ouroboros
» 「大人の遠足」 (2011年10月14日)
アイコン画像マーガリン男爵
» 礼楽男女・・・・友情の距離感 (2009年03月23日)
アイコン画像ヘッポコまちゃこ
» 礼楽男女・・・・友情の距離感 (2009年03月23日)
アイコン画像チェシャ
» タマネギ戦士の闘技場? (2008年09月19日)
アイコン画像通りすがり
» 不定な終戦63年・不当な終戦139年 (2008年08月18日)
アイコン画像あい+
» 不定な終戦63年・不当な終戦139年 (2008年08月15日)
アイコン画像マーガリン男爵
» 毒餃子とラブコール (2008年04月18日)
MyblogList

紅蓮ノ月
(玉兎サン)

手記
(よじサン)

とは?である辞典

地図記号

UGOKY

Yapme!一覧
読者になる
ポスト

TITLE


MESSAGE

yaplog!PR
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:マーガリン男爵
  • アイコン画像 誕生日:6月14日
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 現住所:新潟県
  • アイコン画像 趣味:
    ・ゲーム-RPG・SLG
    ・読書-歴史・文化・人間考察
    ・インターネット-ニュースや時事について、あれこれ。
読者になる
性格は頑固わがまま系。
好奇心は旺盛。根性はちょっぴり。
体力はないけど気力はある。
頭良くないけど学ぶことは好き。
気は長いけど気性は荒い。
寂しがり屋の一人好き。

そんなニンゲンですが、どうぞ宜しくー。

あまり交流が盛んではないイメージが感じられるかもしれませんが、どうぞ気楽に付き合ってやってください。
噛み付かないよ、大丈夫。

■詳しい自己紹介はこちらをドウゾ。⇒

■コメントはmixiの方でお願いします。⇒(mixiにログインしてクダサイ)

■トラックバックは、ご随意にどうぞ☆

■ツィッター・・・・気が向いたらさえずります⇒

■話題では、スポーツ・ファッション・流行の歌謡には全くついて行ってませんので、話を振るだけ無駄です。
オタクですが、アニメ・特撮はあまり見てません。ゲームも偏ってます。アイドル・鉄道・ミリタリーの知識は皆無です。
歴史なら少しはお付き合いできるかと思います。三国志・戦国時代・江戸幕末時代・アメリカ南北戦争を、一般の人よりは知っているつもりです。

■最近はSNSなる個室文化(なのかな?)が流行っているようですが、こちらは公道文化圏(というべきか?)です。あしあと、コメント、トラックバック、どうぞ残していってくださいませ☆
※ただし、単なる業者モノや、理解不能で礼を欠くようなものなど、はた迷惑なものは削除します・・・・軽々しくやるのでご注意ください(笑)
★バトンについて★
昨今Blogやmixiで流行っているバトンですが、基本的に指名して下されば喜んでやせらて頂きます。
ただ、家訓(俺ルール)がいくつかありますので、予めご了承ください。なぁに、大したもんじゃないですよ(笑)


■基本スタイル

*自分で拾ったバトンは、特に理由がなければ回さずに植えます。気が向かれたら抜いていってくださいね。そして、宜しければトラックバックか、コメントで一報ください。オイラはバトンの回答を見るのが好きです。

*アンカーはイヤなので、特に理由がなければ頂いたバトンは回します。ただし、あまりに膨大な人数への指名を課せられたり、「お題」を決められなかったりすると、こっそり人数を削減しますので注意。

なお、アンカーをされる方には「チェインメールと同じだから」との理由を唱える方がおられますが、オイラはそう思いません。「チェインメール」は騙されることで、本当の意思とは違う意思が働いて回されていくものですが、バトンは本人が考え、本人の意思で回っていくものだからです(もちろん、そうおっしゃりたくなる気持ちというか、見た目のことは理解できます)。

*オイラのBlogには大原則が3つあります。 「日記の更新は1日1記事まで」 「バトンは、ネタや書きたいことがない日にやる」 「ちゃんとやりたいので、気が乗らない日は回答を避ける」 以上から、頂いても回答が延び延びにされがち・・・・かもしれません。

*異なるバトンでも、そこに過去にやった設問があれば、できるだけ同じ返答をします。

*以前やったバトンは、気が向いたら改めてやるかもしれません。

*エンドレスバトンのラリーは積極的に参戦します。宣戦布告上等です(でも、楽しくやろうぜ。ね?)。

*エロいバトンはできません。道徳とか倫理ではなく、恥ずかしいので(笑) まぁ、大した経験してませんし、気の利いたことを言えるわけでもないので・・・・。あと、嗜好がアブノ(略)

*オイラの分からない「ジャンル」や「お題」のバトンは、できないと思います。男性は、自分の知っていることしか喋らないのです。興味がない「ジャンル」や「お題」も、やはり知らないと思うのでできないかもしれないですね。

*恋人・恋愛に関するバトンは、できるだけ伏せます。相手にもプライバシーがあるのでネ。もしくは、勘違いされるのを覚悟の上で、オイラが愛用してる他の何か(携帯電話とか本とか)で代用するかもしれません(笑)

*【地雷】は大体やります。しかし「あしあと」機能は見てないので、ウチで踏んでも無理矢理やらなくて大丈夫ですよ。逆に、こちらが踏んでもやらない場合もあります。つーか、「あしあと」機能って都会伝説でしょ?(ぇ

*【シークレットバトン】は・・・・告白します。シャイなので「内容教えて」と言えません(爆) しかし、回されたらやります。

(2007/10/10 更新)

http://yaplog.jp/baron_baron/index1_0.rdf