気象予報士の資格

November 17 [Thu], 2011, 1:32


気象予報士の資格。
◎仕事について。
民間の気象会社の許可を受けた【予報業務許可事業者】の職員として働くことができる。
・数値予報結果。
・気象衛星。
・レーダー。
判断して,予報を行う業務となる。
今後も,地域を限定した天気予報や,生活に密着した天気予報はニーズが上がっていくと思われる。
更にCATVなど地域メディアによる,天気予報はニーズが期待できる。


社会保険労務士の資格。
◎仕事の内容。
健康保険,雇用保険,労災保険,厚生年金等の制度は,会社に勤める人には不可欠なものです。
社会保険労務士は,これらの労働・社会保険関係の手続き事務,書類の作成などの代行作業を行う。
基本的には,中小企業などの事業主から依頼を受けることが多い専門家となる。
他にも,就業規則や給与規定の作成や,労務管理や年金などのコンサル業務も行う。
◎活躍の場所について。
労働・社会保険関係の事務手続きは,複雑で高度な知識を必要とする。
ほとんどの中小企業では,開業社会保険労務士に任せきりであるのが現状。
企業内社会保険労務士として,自己の所属する企業の労働・社会保険関係の書類作成,提出の事務を行う。
◎受験のコツ。
試験は出題範囲が広いのが特徴。
【デザイン関連】 ブライダルコーディネーター、屋外広告士の資格

簿記検定の資格

November 17 [Thu], 2011, 1:32


簿記検定の資格。
◎仕事の内容について。
生産や販売や人事管理など等の企業内での経営活動を数値化・データ化する仕事となる。
初歩的な商業簿記4級から会計指導者暮らすの1級までの段階がある。
企業内で管理職を目指したり就職・転職を考えるなら1級を取得,経理担当者など一般にビジネスの中で簿記を使っていくなら2 級まで,という目安である。
◎適正について。
同時に経理はコンピュータ処理を多く行うところなので,コンビュータの知識を持ち合わせていることも条件となる。
◎活躍の場について。
簿記は企業能営の成績表といわれるため,それを読めえることは企業では重宝される。
資格取得者はビジネス全般において活躍の場がある。
営業の場合,取引先の経営状態がわかるようになれば,リスク回避をすることができる。
簿記を使う仕事は,常に必要とされている手堅いものと言える。
昇進・昇給の条件とする会社も多く,簿記検定合絡はビジネスチャンスを拡大したり,専門性を高めることになる。
◎受験勉強のコツについて。
過去の試験問題などの問題演習も積極的に行う。
ジュエリーコーディネーターの資格 & 転職は二回まで



資格はこう活かす。
資格を選ぶには,社会のニーズや状況を判断することが大切。
実際,その資格を取得することで一歩,二歩と目標に近づいているといえる。
もしめでたく資格を取ることができても,資格を取ることが目標とならずに,気を抜かずに次のステップに進むことが大切。
あまり安心しない方がよい理由の一つとしては,【今,もっとも注目されている】といわれている資格でも,1年後,2年後は同じ社会的評価を得ているとは限らないからである。
つまり資格にも,はやりすたりがある。
資格を上手に活かすためのコツは,まずは【私はこの資格を持っている】とアピールすることである。

司法試験の情報

November 17 [Thu], 2011, 1:29


司法試験の情報。
司法試験は,資格試験の中でも最難関といわれる狭き門で,裁判官,弁護士,検察官等の司法に関係する仕事に必要な国家試験となる。
裁判官,弁護士,検察官,いずれも人を相手にした仕事である。
司法試験はただ知識を習得するだけでは合格できない。
◎取得までの方法。
一般教養に関する1次試験と,法律知識に閲する2次試験を受験する従来の方法に加えて,2004 年度から法科大学院(ロースクール) 制度が開始された。
2〜3年間の法科大学院を修了後,新制度の司法試験を受けることになる。
新司法試験の合格率は約40 %となっている。
◎受験勉強のコツ。
◎将来性について。
裁判官,検察官の年収は50歳前後でおよそ2,000万円,弁護士の平均年収は約1,500万円といわれる。


賃貸物件の契約にて,あと5000円をマケさせる方法。
悪徳な資格商法のトラブルに巻き込まれないために。
そのような資格ほど高額な被害にあうことが多い。
特に興味のある分野の内容であればあるほど,周りが見えずにその気になってしまう傾向が高い。
逆に,そのような自信がある人ほど,または気をつけていると思っている人ほど,トラブルに巻きこまれたと気がつくのが遅い傾向にある。
また宣伝文句にて合格率の高さだけを記載する倍(内容についての説明がない)等のケースは,普段から疑うという心構えが必要。
資格をもって有利な転職:求められる人材もク口ーパル化

行政書士の資格

November 17 [Thu], 2011, 1:28


行政書士の資格。
行政書士とは,官公署に提出する書類などを作成する仕事。
官公署に提出する書類の他に,権利義務や事実証明に関する書類の作成も含む。
更に,提出の手続きの代理や,手続きの相談に応じることもある。
年円,手続きがより複雑になってきているため,書類作成,手続きのプロである行政書士の存在感が大きくなっている。
更に扱う分野も広く多方面にわたっているため,業務に必要な法律知識や,きめ細かい対応能力が必要。
基本的にはすぐに開業というのは難しい,また企業内では行政書士としての仕事はできない。
行政書士事務所や法律事務所に数年勤めながら基盤固めをするのが一般的。
行政書士試験の合絡率はかなり低い。
試験内容も,行政書士の業務に関する必要な法令および一般知識などと幅広いため苦労する。
・費用:30000〜200000 円


税理士の資格。
◎仕事の内容。
それ以外にも,税務を通して企業の経営のコンサルテイングも行っている。
特に税務代理については,税理士の独占業務となっている。
◎適正について。
経理関係の仕事はデスクワークが主な仕事となるので,堅実な性格の人が求められる。
女性でも,生涯を通じた職業につきたいと考えている人には適切な職業と言える。
企業にては社内制度にて,5科目ある試験のうち1科目でも合格することで,報奨金が出る場合もある。
更に,取得後に経理でも重要なポストに付ける可能性も高い。
◎受験勉強のコツについて。
合格実績の高い学校や,よい講師を選ぶことが,合格の秘訣かもしれない。
転職先を決める:株価200円以下の企業に近づくな & 資格

秘書技能検定の資格

November 17 [Thu], 2011, 1:26


秘書技能検定の資格。
◎仕事の内容について。
他にも文書の作成・管理・情報処理等の作業も含まれる。
女性ならではのきめの細かさが必要とされる仕事である。
秘書技能検定の資格には,3級,2級,準1級,1級の4段階がある。
主に活用されているのは,2級以上となる。
◎活躍の場について。
社会人に一般的に求められるのは,以下の内容となる。
これらの内容は,秘書に限らず,全ての業務で必要なスキルとなるので,この資格にての応用範囲は広い。
秘書課に限らず,保険会社や証券会社なのでファイナンシャルプランナーとして,活躍する人も多い。
秘書は,来客の対応をすることが多い,そのために必要な正しい接客マナーを身につけていることが必要。
更に秘書という職業上,重要書類を扱うことが多い。
昇格や収入アップも見込める資格と言える。
◎取得までの方法について。
基本的には,3級と2級に関しては,独学でも可能である。
また,準1級や1級の試験は,かなり難関になる。
資格を持っての転職:効率の良い企業の受け方の戦術としては、まず早い段階で2〜3社受けて経験を積む



司法書士の仕事について。
◎仕事について。
司法書士は,裁判所や検察庁に提出する書類を,企業に代わって作成するのが主な仕事となる。
司法書士の試験はかなりの難関で,大学の法学部卒業レベルの法律知識や手続きに関する実務知識が必要となる。
司法書士の事務所に所属して,実践経験を積んだ後に独立することが可能となる。
基本的には年齢,学歴を問わず受験可能,しかし司法書士の仕事は法律であるため相当な努力が必要となる。
仕事は書式の作成が中心であるため,ねばり強さと細かい注意カも必要となる。
◎受験勉強のコツ。
専門のスクールのノウハウをベースに,これらの複数の実施するくらいの意気込みが欲しい。
試験範囲が広いために,過去の問題集を繰り返しやりつつも,範囲をしぼって合理的に勉強することがポイントとなる。
不動産や会社の登記業務は安定したニーズがある。
更に,もうひとつの仕事である訴訟業務もこれから増加すると予想される。

弁理士の資格

November 17 [Thu], 2011, 1:17


弁理士の資格。
◎仕事の内容について。
発案者から依頼を受けての仕事となる。
その後必要な書類を作成して特許庁に出願するまで行う。
◎活躍の場について。
新製品の開発や新技術革新は,ますます活発になっている。
弁理士の活躍の場は,国際的にも今後広がっていくと思われる。
資格取得後は,企業の知的財産部での勤務や独立開業等の道がある。
更に,海外との調整も必要な仕事が多く,語学を習得しておいた方が好ましい。
そのような,しっかりした土台が無いと,細かい知識があっても合格するような論文はかけないと思った方がよい。
学習に際しては,特許事務所や企業の勤務と並行して勉強するケースが多い。
その場合には,どのような状況でも,最後まで続ける根気の強さが大切となる。
資格を取ってよりよい転職:職安に行く暇があったら自分で会社を探せ



取得した資格を活かす方法。
資格を上手に活かすためのコツは,まずは【私はこの資格を持っている】とアピールすることである。
◎自分で売りこむ。
特に,会社でのステップアップを目的に資格を取った人の場合には,取得したことを周囲の人に知らせることで,接触的に売りこむことが大切。
いくら資格を取っても,それを周囲の人に認めさせなければ,取っていないのと同じ。
資格取得に専門学校やセミナーを利用した人なら,学校で就職先を紹介してくれることもある。
スペシャリストの資格を取得した場合には,人材派遣に登録するのもよい方法と言える。
一般的に人材派遣は所有資格や経験がシビアに時給に表れる。
資格取得を転職や就職の手段とするだけでなく,セカンドビジネスをしたい人の場合は,知人に自分の資格を強力にプッシュしておくなどの手っ取り早い【コネ】も利用する。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:100の資格を持つ女
読者になる
2011年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる