Webクリエイター能力認定試験について

November 23 [Wed], 2011, 22:33

Webクリエイター能力認定試験について。

◆検定について。
インターネットにおけるWebページを製作するクリエイターのスキルを認定する資格となる。
Webページを制作するためのHTMLファイルのコーデイング能力の試験が基本となる。
他にも基本的なデザイン能力や、W ebサイトを構築するためのクリエイター能力も含まれる。
資格は初級と上級の2つがあるが、どちらからも受検できる。

◆活躍の場について。
Web製作会社やデザイン事務所以外にも、スクールのインストラクターやSOHOとして活躍することも可能。
資格を取得することで、フリーとして働くことへの自信にもつながる。

◆収入と将来性について。
情報技術は日進月歩で発展するもの、その中で即戦力になるクリエイターは多くの企業が必要としており、引っ張りだこである。
Webクリエイター能力認定試験は即戦力養成の資格であるので、取得後は転職や就職に有利となる。

◆取得の方法について。
効率のよい学習方法は、スクールや講習会に通う形となる。
独学としては、試験内容にそったテキストや販売されている過去問題集にて、学習するのがおススメである。
資格をもって有利な転職:求められる人材もク口ーパル化



CGクリエイター検定・Webデザイナー検定の資格について。
2006年までにCGクリエイター検定/デジタル映像部門・Webデザイン部門と呼ばれていた資格のデジタル映像部門を指す検定となる。
CG映像制作における映像表現技術とCG理論の知識,CGソフトウェアを効果の能力検定となる。
CGクリエイターもWebデザイナーも活躍の場は広い。
Webデザイナー検定合格者は,Web制作やWeb運用などの分野となる。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:資格ごわさん
読者になる
2011年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる