なんでこの病院を選んだか。 

August 21 [Tue], 2012, 20:35
就職活動時、どうしていろいろ他の施設も「採用」の返事もらえたのに、この病院にしたのか。

それはね、やっぱり、“働くならココ!”って思えた理由があったから。


1.介護職初めての私に、面接担当の人がどのように仕事を紹介するか。
2.働いてる人が楽しそうか。
3.自分がやりたいと思えるか。


これが私の選ぶポイントだった。



面接行った施設(訪問も含む)のうち、履歴書見た後、ほとんどがこう言ってきた。
「キツイ仕事だけど覚悟ある?」
「体力的に大丈夫?」
「人の入れ替わり激しい業界」

私が事務職上がりだから、心配なのはわかるんだ。
だけど、そういう事言ってきたところは、“仕事キツイ”アピールしかしてこなかった。
だから、私も、「正直、その部分は初めてなので不安です」と伝えたよ。


今いる病院の面接では、体力的な事と、勤務時間帯の説明(どの時間帯で仕事できるか)は有ったけど“仕事キツイ”アピールはなかったんだ。

履歴書見て、私が初めてだとわかると、
「最初は大変だけど、慣れれば楽しいわよ」
という返事が返ってきたのだよ。

それが、かなり響いた。


だって他の面接では「仕事が楽しい」だなんて一切言われてないんだもん。
楽しく仕事をしている人がいるってことが、この一言でわかったよ。


それが、私がこの職場を選んだ理由。

忙しく楽しい日々 

August 21 [Tue], 2012, 20:23
7月1日に、女性のケアワーカーが1人、私たちの病棟から新しくできた病棟へ異動した。
その後、8月1日に、男性のケアワーカー1人が、私たちの病棟から他の病棟へ異動になってしまった。
だから、2人減ってしまった。

そして、8月中頃になって、ある1人の女性ケアワーカー(20代後半)が、妊娠したという事で今月末で辞めることが決まったの。
だけどね、その女性、体調悪いっていう連絡が毎日あって、来なくなってしまったの。
これから来るのかもしれないけど。

今は、その女性の勤務予定部分が他のケアワーカーに影響が出てきている。
病棟の定員数は、7月1日の段階でちょうど定数ぴったりだったけど、今は−2人。
そうなると、休日のまわし方がとても響いてくるみたい。

おかげで今は、正直忙しい。
今まで2人でやってた仕事が1人になったところもある。
だけど、その分ナースが手伝ってくれるから、そこはすごく感謝。
ナースの方が大変なのに。

9月に人が入ってくれたらいいなー。
というか、異動した二人戻ってこないだろうか・・・(切実)。


そんなこんなで忙しい日々が続いているのだけど、それでも仕事が嫌になっていません。
患者さん達は愉快だしw
同じ病棟の人たちも良い人ばかりで、正直私は恵まれている。
だから、この仕事は楽しいです。

今月から夜勤が月3回 

August 09 [Thu], 2012, 21:04
しばらくパソコンを家でいじることがなくって、更新自体すっかり忘れていました。

7月にボーナスが出ました。
この仕事に就いて初めてのボーナスです。
入社した3月から4カ月と10日後に頂くことだ出来ました。
半年経ってないので、通常頂くボーナスよりも少ないらしいが、それでも思ったより頂けました。
やっぱり、ボーナスってやる気湧くな。

っていうか、やる気下がってもいないけどね。

今はこの仕事に就いて、後悔はまだありません。
仕事自体、結構楽しいです。
そりゃあ、大変なこともありますが、それより患者さんと接する時間は楽しいです。

ずーっと事務職をやってた私が、すんなりこの仕事に就けたのも、続いているのも、環境に恵まれたからだと思います。
職場環境、人間関係、仕事内容、勤務時間などなど、いまのとこる、ほぼ満足しています。
今はまだ半年だから、不満はこれからでてくるのかもしれないけど。


そして、8月から夜勤が月3回になりました。
ちょっとだけ慣れてきて、夜勤入りの時も気分的にも楽になりましたが、いまのところまだ夜勤帯に何も起きてないのです。
実際何かあった時の事を考えると結構不安になってしまいます。
だから、できるだけ、何かあったらどうしよう・・・みたいなことは考えずにいます。
冷静に動けるよう、先輩から助言を聞いたりしています。



来月は敬老の日がある9月です。
私の誕生日月でもあります。
いろいろ催し(職員の出し物も・・・)をするようで、気の小さい私は、ちょっとそれが心配です。

三回目のお給料 

June 04 [Mon], 2012, 21:09
入社してから、三ヶ月が過ぎた。

夜勤も始まり、三ヶ月目からお給料が安定期に入ったよ。
一ヶ月目は、日割り。
二ヶ月目は夜勤ないので夜勤手当なし。
そんな感じだったからね。

正直、事務職をしていた時より、お給料良いです。
まぁ、私がいたところが高くなかっただけかもしれないけどね。

明細みて、なんか頑張る気がわくよ。

職場の人との飲み行った 

May 25 [Fri], 2012, 0:21
もうすぐ、入社して三ヶ月たつ。

暑くなってきたので、仕事帰りにビールが飲みたくなり、初めて職場の人と飲みに行った。
BARで1〜2杯のつもりが、結局二時間半、居酒屋でのんだけどね。

不規則な勤務だから、職場の人と飲むことなんてそうそうない事だと思うから、貴重な経験だ。
まだ一度だけど、飲みに行けるくらいの関係になれて、正直嬉しい。

だけど、明日は夜勤入り。
ちょっと気が滅入る。
夜勤明けたら、ほぼ2日仕事ないのは嬉しいけど、まだ夜勤慣れないから、夜中働く事が心配。

連休 

May 16 [Wed], 2012, 1:13
15日から3日間、連休で、館山に来た。

なかなか連休なんてとりにくい仕事だから、たまにはゆっくりしようと、館山の里見の湯に行こうと思います。


きっと連休明けは、浦島太郎のように周りがたくさん変化してるんだろうな。
だって、病院だから、入退院が早いんだもん。
あと、病状によっては部屋が変化することも結構あるんだよね。

いまは、患者一人一人の病状もきちんと理解できてないので、その辺が心配。
病気を理解しないといけないのも大変だなーって最近とっても思う。

2度目の夜勤 

May 11 [Fri], 2012, 20:14
5月8日の夜から、9日の朝にかけ、2度目の夜勤があった。

1回目にすごく緊張したのが嘘みたいなくらい、落ち着いていたよ。
今回も先輩がついててくれたけど。


夜勤というものがどんなものなのか、さっぱりわからなかった1回目。

今回は、夜勤も、夜勤明けも、流れがなんとなく理解できている。
だから、比較的落ち着いて夜勤に入れたし、前回とは打って変わって、これからも夜勤を続けることができそうと思えた。


夜勤明けの日は、朝帰り。
夜勤明けの翌日はシフトがお休み。
(これは、わたしの務める職場以外でも、ほとんどの病院や介護施設はそうしてるみたい。)

要するに、夜勤後の時間は、2連休な感覚で過ごせるということがわかって、今回の2回目に関しては、
「夜勤終われば、ほぼ2日休みだ」って思って、夜勤入りから頑張れた。

しかも、夜勤は手当がつくしね。


そう。
だから、あんなに夜勤に怯えていたけど、なかなか連休というのが取りにくい状態(希望出せば別)では、夜勤はありがたいってことが、わかった。


ただ心配なのは、前回も書いたけど、独り立ち。
今は先輩がつくけど、実際の夜勤は、ケアワーカー1人とナースが1人。
正直、わからないことがあったら聞ける人がいない。
そういうプレッシャーは、まだ1人で夜勤をしていないから、消えていない。

初めての夜勤 

May 01 [Tue], 2012, 21:41
4月29日
初めての夜勤入り。


もともと、「日勤のみでも可」と応募要項に書いてあった職場。
昼間の仕事ばっかだったし、夜勤みたいに長時間働いたこともない私。
だから、実は面接時に日勤のみって言おうかなって思っていた。
でも、介護職未経験、夜勤未経験、子供がいるわけでもないから夜勤できない明確な理由が出てこない。
面接時に「夜勤帯は出勤できる?」に「多分できる」と答えていたのだ。


本来、私の職場は、ナース1人、ケアワーカー1人で夜勤をする。
だけど、まだ初めての介護職だし、夜勤も初だから、この日は先輩が1人ついてくれた。
私はもう、緊張と不安でいっぱいだった。


ほとんど先輩の金魚のフン状態だったけど、30分おきの巡回、朝方のおむつ交換・・・。
日勤みたいに、ずーっと立ちっぱなしじゃなくって、ナースステーションに座って、書類読んだり軽食を取ったり。
だけど、身体も緊張してるようで、おなかがすいてるのかどうかさえ、わからない。

ここの職場は、休憩も三時間ほどあって、仮眠ができる。
でも、おむつ交換も、ケアワーカー1人で全患者分対応するし、トイレ誘導もしなくちゃいけないし結構ハード。

病院なので亡くなる方もいるから、もしそういう方がいたら、さらに忙しいらしい。
というか、多くが夜勤帯に亡くなってしまうらしい。
でも、もしそういうことがあっても、おむつ交換、トイレ誘導、巡回は必ず必要。

因みに巡回時、大人しく寝てる患者さんには、口元に手をかざして、生きてるかの確認をする。
これが結構怖すぎて、今回わたしは出来なかった。


今回は先輩が一緒についてくれたし、何も起きなかったからよかった。
だけど朝方、日勤の人に「大丈夫?」「疲れたでしょ?」とか声をかけてもらったとき、どこかで無事初夜勤を終えれたことにホッとして、鼻の奥がツンときたよ。
涙こらえるのが必死だったんだ。


初心者の、まだ介護職初めて2カ月の私に、ちゃんと務まるのだろうか。。。。
今後、不安で不安でたまらない。

ホントのこと言うと、夜勤やってみてから、介護職続けられるか真剣に考えてるし、「まだ夜勤は早い」とか「夜勤は向いてない」とか申告してしまおうかとかも考える。
だけど、それが果たして自分にとって良いのか、ただの逃げではないかとか、いろいろ思っているところ。



因みに、身体のリズムは、今回すぐ直ったみたい。

夜勤明けの30日は、帰宅後4時間くらい寝て、しばらく起きてまた夜寝た。
そしたら、翌日の休みの日は、昼間から映画観にいけるくらい普通に休みを満喫できた。
休みも長く感じれたし。

ただ、やっぱり、今後の夜勤を考えると不安。
夜勤明けの日、初めて、事務職に戻ろうかと考えた。

変な焦りと不安 

April 20 [Fri], 2012, 17:37
もうすぐ二ヶ月かあ。

だいたい日勤の時間は、戦力扱いされることが多くなり、やることに対し、焦りがでている。

この時間にこれやらなくちゃっていうのが多くて、いろんなことが中途半端になっていて、他のケアワーカーに、謝る日々。

一個やり終えてからやればいいのはわかっていても、途中で他の事に呼ばれたりしてしまって。
小さく空く時間が多いからかなあ。

とにかく今日はそんな感じで、周りに迷惑かけたかもしれないので、反省。。。

送りだし 

April 07 [Sat], 2012, 20:33
もう日勤時間帯は、一人でも動けるようになってきた今日この頃。
沢山動くから、肉体的にちょっと疲れる。
事務職上がりの自分には、やっぱりその辺は大変かもしれないな。


そして、今日は初めての体験をした。
患者さまが一人、天に召されたのだよ。

病院だから、いままでの1か月でもそういう患者さまはいたけど、自分の勤務中にっていうのは今日が初めて。
結構病院はこなれてるからか、あっという間に処置が終わっちゃう。
だけど、その中で、身体を清めたりなんかするんだ。

今日おむつ交換もさせてもらった患者さま。
いつも、おむつ交換の時は、弱い力だけど、手を掴んできたりしていたよ。

とうとう、逝かれてしまったね。


でも、まだ経験が必要な私に、介護方法について身をもって教えてくれ、今日私がいる時間帯にこういう処置を体験させてくれた患者さま。
初体験は、最初で最後だから、この仕事するうえで、決してこの患者さまを忘れないだろうと思った。

だから私は、感謝の気持ちで送りました。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まおg
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1980年
  • アイコン画像 血液型:O型
読者になる
おっとりしていると言われます。読書が好きです。比較的おとなしい性格です。
事務職から介護職に転身を決意し、ヘルパー2級を取得、事務職を退職しました。その後の日々をつづります。
2012年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる